auからYモバイルに乗り換え(MNP)はお得?比較してみました。

   

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

今auのスマホを利用しているものの、月々の料金が高い!Yモバイルが安いらしいけど実際はどうなの?

auからYモバイルにMNP(番号そのまま乗り換え)するとお得なの?違約金(解除料)はかかるの?

はたまた新規で申し込む場合どのくらい料金が違うの?比較してみたい!と気になっている方がいらっしゃるようです。

というわけで当記事ではauからYモバイルに乗り換えする場合のこと、新規で申し込む際の比較などまとめたいと思います。

Yモバイルとは


Yモバイルはソフトバンクの子会社Yモバイルの提供するスマホ、モバイルインターネットサービスです。

YモバイルのYはロゴからもわかる通りソフトバンクの関連会社ヤフーの頭文字Yから来ています。

Yモバイルは元々モバイルインターネットで有名だったイーモバイル(旧イーアクセス)と、通話料の安いPHSウィルコムをソフトバンクが吸収する形で誕生しました。

ソフトバンク1軍、Yモバイル2軍という位置づけです。

2軍と言っても、ドコモ、au、ソフトバンクといった3大キャリアのサービスが優秀すぎて、ある意味高級路線なので、庶民の味方的な立ち位置で誕生したブランドです。

3大キャリアで申し込むメリットは最新の高級機種が利用できる、通信品質がかなり良いことですが対してYモバイルはスマホのラインナップは3大キャリアよりも劣る、通信品質(通信速度など)は若干下がるが月々の料金はかなり安いといったサービスです。

通信品質が下がると書きましたが、3大キャリアの通信速度が必要以上に速いのであってYモバイルの品質は悪くありません。
Youtubeなんかも快適に利用できます。

Yモバイルは格安スマホ、格安SIMではない

Yモバイルは通信量の安くなるスマホ、通信量の安くなるSIMという意味では格安スマホ、格安SIMと呼んでも間違いではありませんが、YモバイルはYモバイルと定義される場合が多いです。

というのも基本的に格安SIM、格安スマホサービスというのはMVNO方式を取っています。

MVNO方式と言うのは・・・

ドコモやauの回線をドコモやauと関連していない会社が借りてサービスを提供する方式です。

また格安SIM、格安スマホサービス全般は端末は端末、SIMカードはSIMカードと別々に考える場合が多く端末の値引きが少ないです。

対してYモバイルは3大キャリアのように端末セットでの販売に力を入れており2年契約にはなるものの端末代がかなり安くなるというメリットがあります。

ソフトバンクは格安スマホ、格安SIM的なことはやりたくない

ちなみに総務省(政府)の方針でドコモ、au、ソフトバンクは公共性のある電波を独占している。

通信料も横並びにして公平性に欠けるため、他の会社にも電波を貸すべきだという流れになっています。

ドコモは元々国営企業であったため、他社に電波を貸す(格安SIMや格安スマホサービスに参入する)ことを率先して行わなければいけなくなりました。

auも半国営なので、ドコモに続いて電波を貸さなければいけなくなってしまいました。

ソフトバンクの場合は民間企業が電波の権利を勝ち取ったため総務省からの指摘がドコモやauに比べて弱かったですし、ドコモのようにやりたくないという意思表示をすることもできました。

しかしそんな流れからソフトバンク回線を利用した格安SIMサービスも日本通信より登場しましたが、ソフトバンクは格安SIMはやりたくないという意思が残った中途半端なサービスとなってしまっております。※通話ができないSIM

ソフトバンクの言い分も割と全うで・・・
・端末代が高くなってしまう。
・格安SIMサービスが乱立すると通信品質が下がる。

と主張しているのですが、実際に格安SIMに力を入れているドコモの端末代は高くなっていますし、格安SIM(MVNO)の中には時間帯などによってまともに使えない劣悪なサービスがあるのも確かです。

要するにYモバイルのサービスは3大キャリアのスマホのように快適に使えつつ、月々の料金も安いサービスとなっております。

UQモバイルはYモバイルと似ている

auの関連会社にUQコミュニケーションズというWiMAXというモバイルインターネットで有名な会社があります。
こちらも、ソフトバンクに対してYモバイルがあるように、auに対してUQモバイルというサービスを提供しています。

UQモバイルのサービス開始当初は、2年契約のないプラン、2年契約のあるプラン半々の割合でプロモーションを行っていましたが、Yモバイル方式の2年契約はあるが端末は安く購入できるという方向性でサービスの提供をおこなっております。

au回線を利用したサービスなので、auで購入した端末がそのまま利用できるというメリットがありますがYモバイル同様端末の値引きが大きいので新たに端末を購入した方がお得感があると言えます。

 

auのプランと、Yモバイルのプランについて

auのプラン

概要 プラン 月額
パケットプラン データ定額1 2,900円
データ定額3 4,200円
データ定額5 5,000円
データ定額20 6,000円
データ定額30 8,000円
通話プラン スーパーカケホ 1,700円
カケホ 2,700円
その他 LTE NET 300円
オプション テザリング使用量 0円

※20GBプラン、30GBプランの場合テザリング使用量が必要

auのプランは・・・

通話プラン、スーパーカケホ(1,700円)orカケホ(2,700円)

データ定額1GB~30GB(2,900円~8,000円)

LTE NET(300円)

3つのプランの組み合わせ=4,900円~11,000円/月額となります。

概要 プラン 月額
パケットプラン データ定額7GB 5,700円
通話プラン LTEプラン 934円
その他 LTE NET 300円

もしくはLTEプラン(934円) +データ定額7GB(5,700円) +LTE NET(300円)=6,934円/月額が月々の最低料金となります。

更に端末を購入する場合は端末代がプラスされます。

2017年4月現在auもYモバイルもiPhoneSEを販売しているので後程比較したいと思います。

Yモバイルのプラン

回線 プラン 3GB 6GB 14GB
Yモバイル スマホプラン(2年) 2,980 3,980 5,980

2年目~各プラン+1,000円

対してYモバイルのプランは1,980円~4,980円/月額(2GB~14GB)です。
※2年目~は2,980円~5,980円となるので、2年で考えると2480円~5,480円と考えた方が良いかもしれません。
10分以内の無料通話がかけ放題となっています。+1000円/月額で24時間無制限の無料通話とすることも可能です。

無料通話

auの無料通話

auの通話プランはスーパーカケホ、カケホ、LTEプランの3種類です。

スーパーカケホは月額1700円で、5分間の無料通話が何度でもできるプランです。

カケホは月額2700円で24時間の無料通話ができるプランです。

LTEプランは月額934円で、1時~21時auのみに無料で通話できるプランです。

Yモバイルの無料通話

YモバイルはS~Lのプランすべてに10分間の無料通話がついてきます。

+1000円/月額支払いスーパー誰とでも定額のオプションに加入すれば24時間無料通話を行えます。

auとYモバイルのプランを比較

auのプランは1GB、3GB、5GB、8GB、10GB、13GB、20GB、30GBという刻みになっており(8GB~13GBプランは受付終了)、対してYモバイルは2GB、6GB、14GBという刻みなので比較しづらいのですが・・・

auの1GBプラン、3GBプランとYモバイルの2GBプランを比較

auの1GBプラン、3GBプランとYモバイルの2GBプランを比較すると・・・

スーパーカケホ(1,700円)+1GB(2,900円)+LTE NET(300円)=4,900円/月額
スーパーカケホ(1,700円)+3GB(4,200円)+LTE NET(300円)=6,200円/月額
となります。
※スーパーカケホなので5分以内のかけ放題がつく。

対してYモバイルのスマホプランS (2GBプラン)は・・・
1年目1,980円、2年目2,980円ですので2年間使ったとすると平均2,480円/月額となります。

auの1GBプランよりも2,420円月額が安い計算となります。
auの3GBプランよりも3,720円安い計算となります。

2年で考えるとYモバイルの2GBプランの方がauの1GBプランよりも58,080円安く、auの3GBプランよりも89,280円も安い計算となります。

auの5GBプラン、7GBプランとYモバイルの6GBプランを比較

auの5GBプラン、7GBプランとYモバイルの6GBプランを比較すると・・・
スーパーカケホ(1,700円)+5GB(5,000円)+LTE NET(300円)=7,000円/月額
※スーパーカケホなので5分以内のかけ放題がつく。

LTEプラン(934円)+データ定額7GB(5700円)+LTE NET(300円)=6,934円/月額
※LTEプランはかけ放題はなし、auへの1時~21時の通話が無料。

対してYモバイルのスマホプランM(6GBプラン)は・・・・
1年目2,980円、2年目3,980円ですので2年間使ったとすると平均3,480円/月額となります。

auの5GBプランよりも3,520円月額が安い計算となります。
auの7GBプランよりも3,454円月額が安い計算となります。

2年で考えるとYモバイルの6GBプランの方がauの5GBプランよりも84,480円安く、auの3GBプランよりも82,896円も安い計算となります。

※2年という計算は差額×24ヶ月で計算。

auとYモバイルのiPhone SEの販売価格とauがオンラインショップでSEを売らない理由

auの店頭ではiPhone SEの32GBと128GBの販売をしています。

しかしauのオンラインショップではiPhone SEの32GBと128GBの取り扱いがございません。

同じプランがないので厳密に比べることはできませんが、近いプランで比較すると先ほど書いたようにYモバイルよりもauの方が6万円~8.5万円2年間で支払金額が高くなる計算になります。

参考までにau公式サイトいわく、機種変更、MNP、新規の場合iPhone SE 32GBは実質負担額10,800円で、128GBは22,680円とされていますが、実際はキャンペーンやオプション加入などで安くなると考えられます。

ちなみにYモバイルはiPhone SE 32GBが頭金の540円だけ。iPhone SE 128GBが実質1,3500円です。

例えばauがキャンペーンでSEの32GB、128GBを0円で販売したとしても540円、13,500円でiPhone SEが買えるYモバイルと通信量込みで料金を比較してもYモバイルよりも高くなるのは明白です。

というわけでネットでググって比較されるとauに勝ち目はないと言えます。

auの2,980円プランには注意が必要?

auには2,980円プランが存在します。

オプション加入でiPhone SEが2,980円から持てまっせ!と集客しているauショップの存在も確認できました。

それでこの2,980円/月額のプランですが、スーパーカケホ5分間の無料通話(1,700円)+データ定額CP0.8GB(980円)+LTE NET(300円)のプランとなります。

データ定額のパケット通信量が0.8GBしかないプランなんです。

0.8GB(800MB)しかないと、容量がすくなすぎるのでWi-Fi環境がないとかなり厳しいのではないでしょうか。 

おそらくこのプランの狙いは、iPhone SEを安く持ちたい方向けのきっかけづくりだと思います。

auのiPhone SE 2,980円プランに興味を持ったお客さんと店員さんのやり取り

お客さん:「え?auでも2,980円でiPhone SEが持てるんですか?Yモバイルよりも良いかも」

ショップの店員さん:「あ。はい可能でございますよ。説明します・・・」

お客さん:「お願いします。」

ショップの店員さん:「この条件ですね~」

お客さん:「あれYモバイルの方がパケット多くて安いんじゃ?」

ショップの店員さん:「auは回線の品質がでんでん・・・とても素晴らしい!!」

ショップの店員さん:「auはとても素晴らしい!」

ショップの店員さん:「auは神!」

ショップ店員さん:「au!au!au!ふうふうau!」

お客さん:「やっぱりauじゃないとダメなんだ・・・」

というわけでオンラインではiPhone SE64GB、128GBの販売は行わずに店頭にてぜひauの良さを説明させてほしいがゆえに、店頭での販売オンリーなのだと思います。

auにて英才教育を受けた店員さんは「auがいかに素晴らしいサービスかを説明してくれることでしょう。」

管理人は以前家電量販店で販売員をしていた経験があり、auさんではないですが、宗教のごとく自分の勧めるサービスを信じている子がいてあんまり着いて行けませんでした。

狂信的な方が売り子としては優秀だったりするんですけどね。

逆に自分は向いてなかったと思います。

まとめ

高品質の最新機種を、超優秀な回線で利用したいならばauがオススメです。

最近ですとiPhone7のRedが登場しましたね。

対して、そこそこの品質のスマホを快適に使いたいならYモバイルがオススメです。

Youtubeで動画を見る程度であれば、auの電波でも、Yモバイルの電波でも体感速度に変わりはないです。

その他スマホのゲームなどの速度も対して変わりがないので、キャリアスマホの優位性って高速通信が必要な超高画質のコンテンツなどが主流にならない限り難しいような・・・でも小さい画面だと高画質のコンテンツも必要ないですし・・・

お金持ちの人はブランドネームでau、ドコモ、ソフトバンクを選ぶ人も多いかもしれませんが、IT関係に詳しいお金持ちの人なんかはSIMフリーの最新iPhoneを買って自分の用途にあったサービスを選びますからね。

ドコモ、au、ソフトバンクで20GB、30GBが安く使えるプランが開始しましたが個人的には苦肉の策感がある気がしますね。

 

こちらの記事でも書きましたがほとんどの方は更新月まで待たずにキャリアスマホ→格安スマホやYモバイルに変えてしまった方がお得です。(来月更新月、再来月更新月以外の方)

 

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO)