ビッグローブスマホのご紹介

      2016/02/07

biglobesim

こんにちは。管理人のたつのすけ(仮)です。
管理人はガラケーも保有していますので、60分話し放題オプションの選べるビッグローブスマホ、ビッグローブSIMのサービスは利用していませんが、こちらもまた魅力的なサービスで感じていますので、ご紹介したいと思います。

ビッグローブスマホ、ビッグローブSIMとは

元NECの関連会社で、大手インターネットプロバイダである、ビッグローブの運営する格安スマホ、格安SIMサービスがビッグローブSIMです。

ちなみに、ビッグ+グローブ=ビッグローブ(大きな地球です。)

大手インターネットプロバイダの格安スマホ、格安SIMサービスには、ニフティの運営するNifmo(ニフモ)や、So-netの運営するソネットモバイルLTEなどもございますが、あまり評判は良くないようですね。今後サービスが改善する可能性もありますが。

しかし、ビッグローブの格安スマホ、格安SIMサービスは、格安スマホ、格安SIMに精通したユーザーから、初心者の方まで比較的評判が良いんです。

ビッグローブスマホの料金プラン

ビッグローブの料金プランは、1GBプラン、3GBプラン、6GBプラン、12GBプランの4種類です。

1GBプランを選択できるのは、音声通話SIM(通話ありプラン)を選ばれた方のみです。

一番人気があるのは、6GBプラン(ライトSプラン)です。ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアのスマホが7GBプラン前後での契約を行うことが多いことから、それに近いのが6GBプランですからね。

12GBプランもございますが、こちらはスマホだけでなくパソコンやタブレットなどでもインターネット接続を行いたい方に主に人気があるプランです。

ビッグローブスマホは制限なし

格安スマホ、格安SIMのデメリットとして3日間のパケット通信料が多いと通信速度が200Kbps(とても遅い)に抑えられてしまう、帯域制限がかかるサービス提供会社が多いんです。

当サイトオススメの楽天モバイルなんかも、その点がすごくネックですね。
ビッグローブの3GBプランでも、3日間で600MB以上通信を行うと翌日に速度制限がかかってしまうんです。

しかし、ビッグローブの6GBのライトSプラン、12ギガプランを申し込んだ場合は速度制限がかからないんです。
日によっては動画サイトをたくさん見るという方にとってはかなりのメリットですね。

通常格安スマホ、格安SIMと言えば3GBプランが人気の会社が多いですが、ビッグローブは6GBが人気な理由として、この制限がかからないという点が大きいです。

ビッグローブスマホのメリット

ビッグローブスマホ、ビッグローブSIMには他社にはないメリットがございます。

・無料通話プランがある
・家族でパケットを分け合えるシェアSIM
・速度制限がかからない

無料通話プランがある

ビッグローブスマホ、ビッグローブSIMならではの特典として、月額650円で60分の無料通話をつけられるオプションがございます。

一般的なスマホ、ケータイの通話料は30秒20円です。

ビッグローブの無料アプリビッグローブ電話を利用すれば、30秒10円になります。

ビッグローブならではの無料通話オプション通話パック60の申し込みをすれば、650円で60分の話放題をつけることができるんです。

60分の通話は実質いくらかと言うと・・・

一般的なスマホの通話量で換算して、1時間2,400円。
ビッグローブでんわの通話料で換算して、1時間1,200円。
ですので、60分(1時間)分の通話が650円で利用できるということは、ビッグローブでんわの通話料で考えて、32.5分の料金で1時間の無料通話をつけれるということですね。

月におおよそ30分以上通話する!という方は是非とも利用したいサービスです。

ちなみに・・・
格安スマホ、格安SIMを導入したいものの、恋人、ご夫婦、友人と通話はかなりたくさんする!という方は、インターネットは格安スマホで、通話はガラケーでという風に使い分けた方が良いですね。
ガラケーの場合は2,000円/月で話し放題のプランに入れますので。
目安としては2時間以上通話をするのであればガラケーも持っておいた方が良さそうです。

家族でパケットを分け合えるシェアSIM

ビッグローブスマホ、ビッグローブSIMでは家族でパケットをシェアできるオプションが無料で利用できます。

お子さんは基本1GBプランで契約しているが、どうしてもパケットが必要なんです!ママ!みたいな時に、しょうがないわね~とパケットを分け合えることもできるんです。

速度制限がかからない

先ほど詳しく解説しましたが、ビッグローブスマホ、ビッグローブSIMは6GB以上のプランを契約していれば3日間〇GB制限と言う、パケット通信がとてつもなく遅くなる速度制限がかからないのが魅力です。

ご主人さんは、出先でよく使うので6GBプラン、家のWi-Fiを使う奥さんは3GBプラン、お子さんは1GBプランだけど、ご主人さんは6GBも利用しないから、容量の少ないお子様に毎月パケットを分けてあげるみたいな使い方も悪くないと思います。

ビッグローブスマホのデメリット

6GB以上のプランであれば3日間200kbpsに抑えられてしまう速度制限なし、60分の通話が650円/月で話し放題の通話パック60がご利用できるビッグローブスマホ、ビッグローブSIMにも弱点はございます。

それは・・・お昼の回線速度が遅いことです。格安スマホ、格安SIMにはお昼回線速度が遅くなる弱点がございます。
管理人の利用しているmineoなんかも、お昼は速度がなかなか出ないんですが、ビッグローブも同じようにお昼(特に平日)は速度が出ないというデメリットがあるんです。

お昼快適に使いたいなら楽天モバイル?

格安スマホ、格安SIMを提供する業者は何十社もございますが、ほとんどの提供業者のサービスでお昼遅い現象が起こります。
まぁ、ドコモ、au、ソフトバンクと比べるとすごく安くなるので、目をつぶれるという人も多いと思いますが・・・

それで、楽天モバイルであれば多くの格安スマホ、格安SIMサービスが抱えているこのデメリットがないんです。
ですからお昼は快適な速度で通信できないとマズイ!と言う方には楽天モバイルがおすすめですね。

まとめ

ビッグローブスマホ、ビッグローブSIMは、6GB以上のプランを選べば、たくさん通信して速度制限がかかるということがない珍しいサービスです。

家のWi-Fiでなく出先で動画サイトを頻繁に見たりされる方には、ビッグローブスマホ、ビッグローブSIMがおすすめです。

また、650円で1時間分の無料通話が利用できる通話パック60といったオプションもありますので、電話をそれなりにされる方にもオススメです。

↓ビッグローブスマホ公式サイトをチェックする

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,