DMMモバイルのご紹介

      2017/01/15

dmm-mobileどうもこんにちは。格安スマホドラゴンの、たつのすけ(仮)管理人です。

昔、某家電量販店のCMで安値世界一への挑戦!というフレーズがありましたが、今回紹介するDMMモバイルは、安値格安スマホ、格安SIM業界一への挑戦を行っているサービスです。

というわけで安いには安いですし、回線の品質も評判が良いのですが、ちょっと待った!という点も調べる中で見つかったので、DMMモバイルの良い点、悪い点合わせて紹介し、どのような方におすすめかお伝えしたいと思います。

DMMモバイルとは

DMMモバイルは動画配信や、証券会社を運営するDMM系列の格安スマホ、格安SIMサービスを提供する会社です。

今までインターネットサービスや、電話サービスの運営はしたことがありませんでしたが、動画配信サービスや、ネット証券会社で成功していることから、資本はたくさんあるはずなので、安定的にサービスを続けていってくれるであろうと確信しております。
※格安スマホ、格安SIMサービスは比較的自由にいろんな会社がサービス提供をはじめられるものの、会社に資金力がないとサービスの品質が低下し、お客さんが離れていく可能性がある。そのため、今何十社とあっても、トップ数社しか生き残れないと言われています。

DMMモバイルのプラン

DMMモバイルは、プランが豊富かつ、どこよりもお値打ちな料金プランで提供していることで有名です。

一般的な格安スマホ、格安SIMサービスの提供会社のプランは、せいぜい1GBプラン、3GBプラン、5GBプラン、10GBプランなどのように3、4種類のプランを選択肢としていますが、DMMモバイルの場合は10種類ものプランがございますね。

また、サービス提供会社によってはプラン変更などが行えない場合もございますが、DMMモバイルはプラン変更可能です。逆にこれだけプランが多いのに、変更できなかったらちょっとプランが多い意味がないですもんね。

15GBプランや20GBプランが割高な理由

プランをGB数で割ると、15GBプランや20GBプランが割高な気がしますよね。

これは、DMMのプランの金額が、競合他社に対抗して決定されているからなんです。

あのーヤマダ電機のが安かったんですけどと言うと、じゃあヤマダ電機さんよりも安くします!と言うヨドバシカメラさんみたいな感じなんです。

それで、15GBプランや20GBプランはやっている会社がいないため比較的割高なんですね。

というわけで現状、20GBプランに加入するのであれば、10GBプランを2回線申し込んだ方が安い料金体系になっていると言うわけなんです。

プラン多すぎはあんまり意味ないかも

DMMモバイルは、他社と比較してプランがとにかく多いことで有名ですが、ここまでプラン多くてもあまり意味ないかもしれませんね。というのも、余ったパケットは繰り越しできますから、別にその月に使い切らなくて良いんです。

ですから、1GB、3GB、5GB、7GB、8GBみたいに区切られていなくても、アバウトに多すぎると感じたら違うプランに変更したら良いだけですしね・・・
ただし、他社さんには絶対に負けません!という姿勢は◎ですね!

※今回掲載した料金プランは記事作成時のものですので、多少変更になっている場合があります。

DMMモバイルのメリット

DMMモバイルはとにかく安いに力を入れていますが、これからも永続的にサービスを続ける気満々のなかなかパワフルなサービスですので、様々なメリットがございます!

・とにかく月額が安い!
・高速で安定した速度で利用可能
・複数枚のSIMで利用可能
・取扱い端末が豊富
・パケットのシェアができるシェアコース

とにかく月額が安い!

先ほどのDMMモバイルの速度紹介の項目でも書きましたが、料金プランが他社と比較してとにかく安いです。他社が値下げしたらDMMも安くするという方式を取ってますからね。というわけで使っていてお得感があります。

高速で安定した速度で利用可能

DMMモバイルの回線は、ドコモの回線を利用したもので通称ドコモ系と呼ばれますが、その中でもIIJの回線を利用したものをIIJ系と呼びます。

おじいちゃん→息子→孫
ドコモ→IIJ→DMMモバイル

こんな感じでDMMモバイルの回線は提供されているんです。

IIJ系の特徴は通信速度が高速なことで有名ですが、DMMモバイルもそれを引き継いでいますので、高速なんですね。

IIJ系おなじみのバースト機能

格安SIMは高速通信のオン、オフの切り替えが可能(クーポンオン、オフとも呼ぶ)です。

高速通信オンの時はLTE規格のフルパワーの通信を行えますが、パケット通信量を消耗します。

高速通信をオフにすれば、下り最大規格は200Kbps(0.2Mbps)とかなり低速になりますがパケット通信量を消耗せずに通信を行うことができるんです。

下り最大200Kbpsだと速度的に通信が行いづらいので、それを助ける機能としてバースト機能がございます。

バースト機能は、高速通信オフの200Kbpsの時でも、インターネットにつながる瞬間は高速な通信が行われるようになる機能です。

これがあることによってインターネットサイトを見る、ツイッター、FacebookなどのSNSが比較的スムーズに利用できるようになります。

↑こちらの記事でもまとめました。

複数枚のSIMで利用可能

DMMモバイルは1つの契約で複数枚のSIMカードが利用可能です。
格安スマホでも、タブレットでも格安SIMを利用したい時なんかに便利ですね。

取扱い端末が豊富

格安スマホを販売している格安SIMサービス提供会社の中には、取扱いしている格安スマホが2種類しかない、3種類しかない会社も少なくはありません。Biglobeは3種類のみです。

また、UQ Mobileは2種類のみかつ、これが良いといったスマホが個人的にないので悲しい限りです。

しかしDMMモバイルは10種類以上のスマホの販売を行っているんです。

これは格安スマホ、格安SIM提供会社の中でも一番多い台数だと思います。

ちなみにナンバー2は楽天モバイルでしょうか。

そしてDMMモバイル販売端末の中にはiPhone6の新古品もあります。

端末がお値打ち!でも・・・

DMMモバイルは端末のバリエーションがとても豊富ですし、販売価格を見ると他社格安スマホ、格安SIM提供会社と比べてもかなりお値打ちな金額で販売されていますね。

ただし調べていて販売価格に関してデメリットもありましたので、後程ご紹介します。

パケットのシェアができるシェアコース
DMMモバイルにはシェアコースというものがございます。8GBプラン以上のプランで、最大3枚のSIMカードを利用することが可能です。
ケイ・オプティコム社の運営するmineoにもパケットシェアの機能はありますが、別契約したSIMごとになります。

要するにDMMモバイルの場合1個の契約で3枚のSIMが利用可能であり、事務手数料が3,000円で済みます。対してmineoは3枚の
SIMを使おうと思うと事務手数料が×3で、約9,000円かかるというわけです。

このようにDMMモバイルは良い点がたくさんありますが、悪い点も何点か発見したので、ご報告いたします。

DMMモバイルのデメリット

・端末が分割払いだと実は割高
・3日間366Mbps制限あり
・通話が安くなるオプションがない
・お昼が遅い
・サポートが手厚くはない

端末が分割払いだと実は割高

DMMは端末が豊富、ナンバーワンの取り扱い!しかも安い!と書きましたが安いのは一括支払い時で、分割支払いにするとなにげに割高です。

分割支払いの場合の金額に24かけてやると・・・一括支払いの端末代よりも30パーセントほど上乗せされてしまうことがわかります。
mineoや楽天モバイルでしたら一括で買っても分割で買っても端末代は変わらないのに、DMMモバイルの端末代分割払いは残念ながらけっこう割高ですね。

3日間366Mbps制限あり

3日間〇GB制限は格安SIMにはつきものでして、DMMモバイルの場合は3日間の間に366Mbpsの通信を行うと速度が200Kbpsに抑えられる制限がかかる場合があります。

楽天モバイルの場合は3.1GBプランで、540Mbps/3日利用すると、5GBプランの場合は1GB/3日利用すると制限がかかる場合があります・・・

DMMモバイルは、1GBのプランでも20GBのプランでも366Mbps使うと制限がかかる場合があるので、楽天モバイルよりも制限がかkりやすいというわけ。

思わぬ落とし穴ですね。

ビッグローブスマホなんかは6GB以上のプランであればこういった制限なしで利用できます。

通話が安くなるオプションがない

DMMモバイルには通話に関するオプションがございません。

もちろん、lalaコールなどの050番号で30秒/8円電話できるアプリや、090や080の番号でも30秒/10円で通話ができる楽天でんわを利用することは可能ですが、通話を格安スマホでもけっこうするという方は、楽天モバイルや60分の無料通話オプションがあるビッグローブスマホの方が良いと感じます。

お昼が遅い

これは格安SIM、格安スマホにありがちな弱点ですが、DMMモバイルもお昼の時間回線速度がかなり低下してしまいます。
楽天モバイルならそれがないので、お昼にも通信をがっつり行いたいと言う方にはDMMモバイルは微妙かもしれません。

サポートが手厚くはない

DMMモバイルはサポートセンターがしっかり設けてあるので、これがデメリットになるかというと難しい所ですが、mineoなんかは自社でコミュニケーションサイトの運営を行っていて、初心者に比較的優しいサービスとなっています。

DMMモバイルの場合は、サポートセンターこそあれど、大々的にサポートに力を入れているというわけではないですね。

 

まとめ

月額がとにかく安い!プランの種類がとにかく多い!端末の取り扱い数も業界1位!のナンバーワンずくめで、回線の品質も良好なDMMモバイルですが・・・

・分割払いだと端末が実は高い。
・帯域制限の上限が366Mbpsと、使い方によって制限がかかりやすい。
・電話がお得に使えるサービスがない。
・サポートは手厚くはない。

といったデメリットもありますので、はじめての格安スマホ、格安SIMとしては向かないかなぁと感じました。

ただしシェアオプションで複数枚のカードが使い分けられる点は魅力ですので・・・

・他社で格安SIMの契約をしたが融通が利かなくて困っている。
・端末は一括で購入予定だ。
・格安SIMフリースマホを既に持っていて、タブレットでも使いたい。
・通話はあまりしない。

とお考えのかたにはおすすめです◎

まとめのまとめ

DMMモバイルは他社と比較して1番な点が多いことから、初心者にも良さそう!ですが、実は2台使いや、もう端末を買って違う格安SIMに変えたいと考えている方なんか向けのちょっと玄人向けのサービスであることが判明しました。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,