DMMモバイルには注意が必要?実はこんなデメリットが・・・

      2017/01/15

dmm-mobile

こんにちは、格安スマホドラゴンにようこそ!

mineo(マイネオ)と、楽天モバイルユーザーの管理人たつのすけ(仮)です。

DMMモバイルは人気があるサービスですね。
DMMモバイルと言えば・・・

・プランが豊富
・月額が最安級
・IIJ系の回線で安定
・ポイントが貰える
・会社が大きいので安心

等様々なメリットがあります。

このように、他社と比較しても優れている点が多く・・・・ぐんぐんユーザー数を伸ばしています。そして今後より一層人気の出そうなサービスではあると思います。

ただですね・・・管理人的にDMMモバイルは危険なサービスなので、注意が必要だと感じます。

というわけで、DMMモバイルのデメリットをご紹介いたします。

DMMモバイルのデメリット

DMMモバイルのデメリットはいくつかございます。

・端末代がちょっと割高
・お昼の時間帯遅い
・3日間366Kbps制限
・闇のDMMポイント

管理人が思い当たるのは以上4つです。

端末代がちょっと割高

DMMモバイルは楽天モバイルなどと並び端末の取り扱いが多いというメリットがあります。
端末の種類が多いことは魅力ではあります。

しかし、少し注意していただきたい点がございます。

それは・・・

分割払いだと一括払いよりも高い

分割払いの金額だと乗せられると、ふーんそうなんだ。と思うかもしれませんが、実は分割払いの端末代が一括払いよりも高いのです。端末代は2年間で支払うので×24ヶ月すると実は高いということがわかります。

DMMモバイルを使いたい方でも、端末はよそで購入した方が良いかもしれません。

DMMモバイルのように取扱い端末が多く、かつ安い、そして分割払いが可能なのは楽天モバイルですね。

DMMモバイルがどうしても良い!でも分割払いが良い!という方は楽天モバイルにて端末を調達して、DMMモバイルで申し込むのが良いかと思います。(ただし分割払いする場合は楽天カードが必要ではあります。)
※楽天モバイルも良いサービスなので、結局楽天モバイルを使い続けるという場合もあるかもしれませんが。

お昼の時間帯遅い

他の格安SIM、格安スマホのサービスも割と共通することであり、DMMモバイルだけがそうというわけではございませんが、DMMモバイルはお昼の時間帯、通信速度が遅いというデメリットがございます。

管理人の使っているmineo(マイネオ)なんかも他の時間帯はそうでもないですが、やっぱりお昼ちょっと遅いです。
(今後プレミアムオプションというオプションが出るようですが)

またIIJ、OCNモバイルONEといった人気サービスなんかでもおんなじようにお昼遅いと言う傾向はございます。

お昼も速いサービスでないと無理!という方は、管理人の使っている楽天モバイルやUQモバイルなんかが、お昼の速度も安定しているサービスとして評判が高いですね。

昼間は個人的に楽天モバイルの方がDMMモバイルやmineo(マイネオ)よりダンゼン早いですね。

しかしYoutubeの動画にあるようにモバイル回線の使用ユーザーがそこまで多くない17時台なんかはドコモ、au、ソフトバンクと変わりなく利用できます。

高速通信オフ時の3日間366MB制限

DMMモバイルはIIJの回線を利用しており、IIJ系の回線では低速通信オフの時に3日間366MB制限がございます。

これは3日間の間に366MBの通信を行うと4日目から速度が30Kbps程度に抑えられてしまう制限です。

ただし、3日間366Kbpsが発動されるのは、申し込みした容量(〇GBプラン)のパケットを使い切ってしまい、200Kbpsでの通信モードになった時に3日間で366Kbpsの通信を行った際であり通常時(申し込んだパケットが残っている場合)は発動されません。

あらかじめ余裕のあるプランに申し込むか、パケットを節約して使うこと、もしくはパケットを追加購入することで、対処は可能でございます。

ちなみに200Kbpsの低速時にはバースト機能が使えます。バースト機能に関してはこちらの記事でまとめました。

 

闇のDMMポイント

分割払いでの端末を購入する際、端末代が割高であることは、他で端末を購入する。持っているスマホを利用することなどで対処可能です。

お昼通信速度が遅いのは、DMMモバイル限定ではなく、比較的他のサービスにも共通して言えることであります。

3日間366MB制限も、まずかからない制限ですし、パケットの購入などで簡単に対処可能です。またIIJ系のSIMには共通していることでもあります。

なので、それらは格安SIM、格安スマホでは割と一般的なことなんです。

しかしDMMモバイルには、注意したいDMMポイントというものがございます。

これは、DMMモバイルの支払いの10%がDMMポイントとして還元されます。クレジット払いであればさらに1%ポイントがプラスされるので実質11パーセントですね。

このポイントは、DMMモバイルの料金支払いに利用することはできませんが、DMMの提供する他のコンテンツの利用に使えます。

DMMと言えばご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、元々アダルト動画コンテンツの提供などで、知名度を伸ばしてきたサービスです。

最近では、オンライン英会話、FX口座、ネットゲームなど、アダルトコンテンツ的ではない健全?なサービス提供も行っておりますが、アダルトコンテンツがDMMの主力サービスであることには変わらないわけです。

・アダルト動画
・ライブチャット
・アダルトグッズ(大人のおもちゃ)
・はたまた出会い系サイト

これらは、DMMモバイルの主力サービスなんです。

DMMモバイルは、山下智久(山P)がCMに出演したこと、格安SIM、格安スマホのサービスの中でも料金が安い、プランが多いことで一般的な格安SIM、格安スマホのサービスとして知名度があるので・・・

DMMモバイルを使っている=DMMポイント目的?と疑われることはありませんが・・・・

実はDMMのアダルトコンテンツ、ライブチャット、アダルトグッズの購入、出会い系サイトなどで使うことができてしまうDMMポイントがもらえてしまうんですね。

しかも支払料金の11パーセントも。。。

俺は、私は悪くないという言い訳に繋がる

訪問者様はアダルトコンテンツ、ライブチャット、出会い系サイト、大人のおもちゃの購入はしたことはあるでしょうか?ちなみに管理人はございません!

アダルトコンテンツに課金するのはなんとなく、一歩踏み出してしまった気がするからです。

それで、DMMモバイルユーザーは、DMMモバイルを利用することでDMMポイントが貯まるんですね。

そのためまるまるすべてとは言いませんが、アダルト動画、ライブチャット、アダルトグッズの購入、有料の出会い系サイトがある程度無料で利用できてしまうんです。

もしですね、DMMモバイルユーザーでなく、DMMが主力としているコンテンツを利用していたとしたら・・・

あーゆうときのあれはどうしてるの?という話になったり、こんなもん買ったのって話になったり?彼女との出会いはって話になった時に?

もしそれが、DMMの提供する有料コンテンツだった場合、友達に話して「えっ・・・」とそんなもんに課金してるの??となりかねません、、、

しかしDMMポイントが勝手に貯まっていて、上記のコンテンツを利用した際は

「いや~。なんかポイントが貯まってたから、他に使う宛がないから使っただけなんだよね。」

・・・と恥ずかしげもなく、普段なら気が引いて利用できない?使うにはちょっと勇気の必要な?サービスが利用できてしまうというわけです。

というわけで、DMMモバイルユーザーは悪気がなく、いわゆるいかがわしいコンテンツを利用できてしまうというデメリットがあるんです。


確かにDMMは大人のコンテンツのみ提供している会社ではなく、英会話や、ゲームにもDMMポイントは使えるかも知れませんが、、、

英会話で利用できることをDMMモバイルは推してないので、「もうなんかDMMポイントはそういうのにしか使えないと思ったからさ~。」とか平気で言えちゃうんです。

要するにDMMモバイルユーザーであれば、大人向けのコンテンツが、しれっと使えてしまうのでこれは危険ですね。

たくさんのブロガーさんがDMMモバイルはオススメ!と言っていますが、おそらくほとんどのブロガーさんはしれっとそれらのコンテンツを利用し下半身の山をPしてると思いますので注意が必要です。

まとめ

DMMモバイルはプランが豊富で、月額が最安クラスです。そのため特に通信専用のデータプランは非常に人気が高いんです。

ただし、端末が分割であると高い、お昼の通信速度が遅いといったデメリットがあります。

また、サポート体制はそれなりなので、通話SIMの人気はそこまでないかもしれませんね。

ということで、ビギナーにはあんまり向かないのかな?といった印象はあります。

DMM自体の主力コンテンツが格安SIM、格安スマホでなく、アダルト関連のサービスであるため、DMMモバイルユーザーのうちで、DMMの他のサービスを利用するかたが増えれば、今後より安くなる可能性は高いでしょう。

有料動画とか、出会い系サイトに興味ない!といいつつも、内心はちょっと興味あるという人は、DMMポイントで試せるのでお得かもしれません。

これはデメリットなのか、メリットなのか謎ですが・・・

普通のスマホからDMMモバイルを利用してスマホが安くなるので、DMMモバイルポイント+ちょっと課金してDMMのサービスをあれこれ利用しても、今までよりも月額の料金は多分安く収まりますね!

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO)