DTI SIMの半額or0円キャンペーンで格安SIMをお試し!

   

dtisim

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

この記事では、新しく登場したDTI SIMとDTI SIMのキャンペーンについてご紹介いたします。月額が半額になる&月額が0円で格安SIMがご利用できるキャンペーンなので、格安SIMってなんなの?通信品質が悪かったら嫌だな・・・という人のお試しにもぴったりな内容かなと思います。

DTI SIMはスマホセットをやっていない

DTI SIMはスマホセットをやっていません。格安スマホ、格安SIM提供会社でも、規模が大きい会社は、ASUS社のZenfoneシリーズや、富士通のARROWS M02の販売を一緒に行っているのですが、DTI SIMは、記事作成日現在、格安スマホセットでのサービス提供を行っておりませんから、端末はご自身で用意する必要があります。

格安スマホ(SIMフリースマホ)でも良いですし、ドコモで契約したスマホでも良いです。その点に関しては以下の項目でも触れさせていただきました。↓

DTI SIMはドコモ系

格安SIMはドコモ回線を利用するドコモ系、au回線を利用するau系に大きく分かれます。
それでドコモ系であればドコモのスマホ、タブレット、ルーターが利用可能です。
au系であれば、auで契約したスマホ、ルーター、タブレットが利用可能です。
勿論SIMフリー機であれば利用可能ですが。

ドコモ、もしくはSIMフリー機を持っていないのであれば中古で用意して利用することももちろんオッケーです◎

ほとんどの格安SIMサービスがドコモ系で、au系を提供しているのは、ケイ・オプティコム社の提供するmineo(マイネオ)。UQコミュニケーションズが提供するUQモバイルの2社だけです。

mineo(マイネオ)のご紹介
UQ mobileのご紹介

DTIの格安SIMはドコモ系です。

DTI SIMを提供するDTIって?

DTIは株式会社ドリームトレインインターネットの愛称です。
夢の電車インターネットなので、なんだか夢のある名前ですね。ドリームだけに。

DTIでは、格安SIMのDTI SIM以外に、光回線のDTI 光や、モバイルインターネットサービスである、DTI WiMAX2+のサービスを提供しています。
元々は三菱電機や、東京電力の子会社でしたが、今はIT系ベンチャー企業のフリービット社の子会社です。

IT系ベンチャーでかつ、比較的格安なサービスを提供しているので、同じように格安SIMサービスや、ワイマックスサービスを提供する、GMOとくとくBBに近い所はあるかもしれません。

DTIはつぶやいている

DTIはツイッターを利用しています。
呟きの内容がちょっとかわいいのでなんだかほっこりしますね♪

DTI SIMの料金

キャンペーン情報は後程記載するとして、DTI SIMの基本プランをご紹介いたします。

容量 SMSなし SMSあり 音声
1GB 600円 750円 1,200円
3GB 840円 990円 1,490円
5GB 1,220円 1,370円 1,920円
10GB 2,200円 2,350円 2,900円

DTI SIMはけっこう安いです。DMMモバイル、GMOとくとくBBなんかが、最安級の料金で格安SIMサービスの提供を行っているのですが、DTIのSIMもそれクラスの安さですね。

DMMモバイルのご紹介

3GBで比較するとDMMモバイルは850円ですから、10円安いです。
また、当サイトおすすめのmineo(マイネオ)の5GBは1,580円/月額、10GBは2,520円/月額(SMSあり)なので210円、170円月額が安いことになります。

DTI SIMは安いのです◎

DTI SIMのキャンペーンがすごい

ただでさえ、最安クラスのDTI SIMですが、2種類のキャンペーンを行っています。

・3GBプランの月額が、どのプランでも半年間0円!
・10GBプランの月額が、5GBの月額で利用可能です。

3GBのプランが半年0円だとどの位お得なの?

SMSなし:840円×6か月=5,040円
SMSあり:990円×6か月=5,940円
音声:1,490円×6か月=8,940円

SMSなしプランで5,040円もお得!
SMSなしプランで5,940円もお得!
SMSなしプランで8,940円もお得!

10GBプランの月額が5GBプランの金額だといくらお得?

SMSなし:(2200円-1220円)×6か月=5,880円
SMSあり:(2350円-1370円)×6か月=5,880円
音声:(2900円-1920円)×6か月=5,880円
※10GB-5GB×半年で計算

どのプランも5,880円お得!

DTIの0円or半額かGMOとくとくBBの事務手数料無料とどちらがお得か?

GMOとくとくBBも期間限定で事務手数料0円のキャンペーンを行っております。

GMOとくとくBBの格安SIMなら事務手数料無料!お試しのチャンスかも

最安クラス!IT系ベンチャー企業!という点で比較的似ている2社ですが、どちらのキャンペーンがお得かと言うと一長一短だと思います。

DMMモバイルのキャンペーンは、事務手数料がかかります。その上で、月額が半年間0円or半額のキャンペーンを行っていますからね。
ちょっと使って解約するかもしれないならGMOとくとくBBの方が良いかもしれません。

対してDTIのキャンペーンは事務手数料3,000円支払えば3GBプランが半年無料です。

3000円÷840円(3GBプランの月額)=約3.5ヶ月ですから3.5ヶ月以上使ってみるならDTIの方がお得かもしれません!

格安SIMジャンキーの方は何かしら使い勝手が良いのでDTIのキャンペーンの半額の方が良いかもしれませんが。
そういう方はGMOもDTIも両方申し込みそうです。

まとめ

DTI SIMの半年間0円、半額キャンペーンはかなりお得!約5,000円~9,000円得します☆

最安クラスの月額で利用できるので、使って気に入ったら継続して利用するのも良いでしょう。

回線の安定感は未知数な所がありますが、公式のツイッターいわくがんばっていそうな雰囲気はあります◎

DTI SIMキャンペーンの内容を公式サイトから確認しYO!↓

DTI SIM 半年間無料キャンペーン

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - キャンペーン, 格安スマホ(MVNO)