Fiimo(フィーモ)とmineo(マイネオ)のサービス内容を比較しました

   

fiimomineo

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

当サイトでは、auの回線を利用した格安SIMは、mineo(マイネオ)とUQモバイルの2種類ですとご案内していましたが、すみません!間違いでした。

ケイ・オプティコム社のmineo(マイネオ)、とUQコミュニケーションズのUQモバイル以外に、STNet社のFiimo(フィーモ)というサービスが存在しました。

というわけで、2016年7月現在、au回線を利用した格安SIM、格安スマホのサービスは3社ということになります。

Fiimo(フィーモ)とは

Fiimo(フィーモ)は、四国電力の関連会社であるSTNet社の提供する、格安SIM、格安スマホサービスです。

電力会社の関連会社の提供する格安SIM、格安スマホと言えば関西電力の関連会社ケイ・オプティコム社のmineo(マイネオ)が有名ですよね。

かなりざっくり言ってしまうと、このFiimo(フィーモ)というサービスは、mineo(マイネオ)の四国Verと言っても過言ではないでしょう。

au by KDDIと関西電力がつながりがあっての、mineo(マイネオ)のサービス。
au by KDDIと四国電力がつながりがあっての、Fiimo(フィーモ)のサービス。

だと考えられます。

ですから、兄弟サービスとは言いませんが、mineo(マイネオ)とfiimo(フィーモ)はいとこみたいなもんです。fiimo(フィーモ)にとってmineo(マイネオ)は親戚のお兄ちゃんって感じですね。

mineo(マイネオ)のサービスが誕生したのは2014年6月3日で。

fiimo(フィーモ)のサービスの登場は2016年2月からですので、mineoが年上のお兄ちゃんですね(笑)

Fiimo(フィーモ)とmineo(マイネオ)の料金プラン

Fiimo(フィーモ)の料金プランをまとめようとしたところ、mineo(マイネオ)のプランと似ているのでは?と思い調べた所やはり、mineo(マイネオ)のプランとかなりそっくりだったので一緒にまとめたいと思います。

mineo(マイネオ)の方が若干安い、プラン数が多い、SMS機能が無料でつくと言ったメリットはあるもののほぼほぼ似たり寄ったりな料金設定ですね。

回線 プラン 500GB 1GB 3GB 5GB 10GB
mineo auプラン データ(SMSあり) 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
音声 1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円
mineo ドコモプラン データ(SMSあり) 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
音声 1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円
Fiimo au、ドコモプラン データ(SMSなし) × × 900円 1,600円 2,650円
データ(SMSあり) × × 1,050円 1,750円 2,800円
音声 × × 1,600円 2,300円 3,350円

取扱い機種について

2016年7月現在・・・・

mineo
・ARROWS M02
・LUCE
・SILA
・MR04LN

fiimo
・ARROWS M02 32400
・Blade V6
・AXON mini
・Liquid Z530
・Aterm MR04

このようなラインナップになっています。

管理人たつのすけ(仮)は気づいたんですが、mineo限定として発売されたはずの、ARROWS M02 ピンクがfiimo(フィーモ)だとなぜか売っています??

UQモバイル、楽天モバイル、ビッグローブなどもARROWS M02の販売はしていますが、ピンクは売っていません。

ARROWS M02のゴールドとピンクはどこで買える?

でもfiimo(フィーモ)ではなぜか売っているということは、やっぱり関西電力も四国電力も繋がりがあり、mineo(マイネオ)とfiimo(フィーモ)は親戚同士であることがなんとなくわかっちゃう感じになっちゃってますね。

mineo(マイネオ)とFiimo(フィーモ)のオプション等の違い

mineo(マイネオ)とFiimo(フィーモ)は先ほど書いたように親戚同士的な立ち位置ではありますが、大きく違う点がございます。
それは項目にあるようにオプションの充実具合です。

Fiimo(フィーモ)は、さすが四国電力の関連会社が提供するサービスだけあって・・・
SMSが利用できる、留守番電話、割り込み通話等の一般的なスマホで利用できるようなオプションサービスはございます。

対して、mineo(マイネオ)はまず、Fiimo(フィーモ)よりもサービス開始が早かったこともありますが、格安SIM、格安スマホサービス全体の中でもオプションサービスが1、2を争うほど充実していることで人気があります。

Fiimo(フィーモ)ユーザーが利用できるような、留守電、割り込み通話等のオプションサービスは勿論のこと

パケット通信関係のオプションだと格安SIM、格安スマホサービスの中でmineo(マイネオ)が1番です。

また自社でコミュニティサイトの運営をしており、それがお客さんの信頼感&サービス内容の向上につながっています。

mineo(マイネオ)は、お客さん目線に1番近いサービスと言えるのではないでしょうか。

通話料金が安くなるといったオプションですと、楽天モバイル、ビッグローブあたりが強いですが、ほどほどに電話するのであれば、どこのキャリアでも使える以下の記事で紹介しているサービスがあります。

格安スマホは通話料が高い?通話料を安くする方法もあるヨ!

通常30秒20円の070、080、090の電話番号を利用した音声通話の通話料を30秒10円に抑えることができます。
1時間の通話に換算すると2,400円が1,200円になるサービスです。
(ラインなどのアプリを用いた通話は、通話料はかかりません。)

またフリーテルという会社のサービスもお客さん目線という意味では、悪くないんですが機種や、わかりやすさを考えると通好みというかマニア向け感は否めませんね。

Fiimoはmineoに回線を借りていた

よくよく調べると、Fiimoを申し込んだユーザーさんの記事の中にFiimoの回線はmineoです。という記載がありました。
要するにこれはMVNEという方式でして・・・・

ドコモ、au→mineo→Fiimo

ドコモが持っている、auが持っている回線をmineoが借りて、直接お客さんにサービスを提供しつつもFiimoにも貸しているという流れです。

mineo限定であるはずの、ARROWS M02の限定カラーピンクがFiimoでも販売されているのは、これは何かあるなーと思いましたが結局そういうことだったんですね。

MVNOって何?意味は?

mineoかFiimoどっちが通信速度が速いのか

管理人はmineoユーザーであり、Fiimoは使っておりませんが、ツイッタラー(ツイッターのへーびーユーザーさん)やブロガーさんの中には格安SIM、格安スマホの速度をはかったりするのが好きな方がいらっしゃるようでツイッターで調べてみると・・・
Fiimoの方が遅いと言われております。

そんな観点からもmineoの方が優秀だと言えるでしょう。

まとめ

auの回線が利用できる格安SIM、格安スマホサービスはUQモバイル、mineo、Fiimoの3つです。

その中でもau、ドコモ両方の回線が利用できるのはmineo、fiimoの2つのサービスのみです。

mineo、Fiimo共に電力会社の関連会社提供のサービスなので信頼感や安定性は良いと思います。

というわけで共に良いサービスではありますが、mineoのサービスの充実具合、知名度、わかりやすさを考えると明らかにmineoの方が良いじゃないという話になってしまうのが現状です。

それで今後もよっぽどのことがない限りFiimoがmineoに追いつくことは難しいのではないでしょうか。
いろんなサービスを比較してもmineoが飛びぬけてしまっている感がありますからね。

Fiimoはそもそもあまり闘う気がない?

格安SIM、格安スマホのサービスってなかなか差別化が難しいんですよね。
それで他社と差別化を図るかと言うと・・・

・知名度
・通信速度
・プランの充実
・通話オプション
・パケットオプション
・とっつきやすさ

こんな感じかと思います。

それで、インターネットからお客さんを増やそうと考えると、当然比較されますし・・・

とっつきやすさ親切そうなのはmineo。
知名度通話が強いのは楽天モバイル。

・・・のように既にある程度キャラが確立されてしまっているのが現状です。

そこでFiimoがぶつかっても正直厳しいですし、あんまりユーザー数は増やせないだろうと感じます。

それはSTnetさんもある程度自覚していて、おそらく会社の知名度や安定感といった部分で、他社と真っ向勝負せずに地元のお客さんメインでお客さんを増やす手行くのかなぁという印象を持ちました。

フィーモ公式サイト

マイネオ公式サイト

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,