LINEモバイル ニフモ(NifMo) どっちが良いか比較しました

   

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

2016年9月に登場したばかりのLINEの手がける格安SIM、LINEモバイルか富士通関連の大手インターネットプロバイダのニフモ(NifMo)か、共に知名度のあるサービスですので迷っている人も多いのではないでしょうか。

というわけでLINEモバイル、ニフモ、両サービスを比較しどっちが良いかまとめたいと思います。

LINEモバイルとは


LINEモバイルはNAVERまとめや、コミュニケーションアプリLINEでおなじみのLINE株式会社の子会社、LINEモバイル株式会社のサービスです。

サービス開始は2016年9月と比較的最近ながら、LINE絡みのサービスであること、後程解説しますがSNSがカウントフリーであることなどから知名度もぐんぐんとあがってきているサービスです。

今年一番契約者数の伸びる格安SIMであるという呼び声も高いですね。

ニフモ(NifMo)とは


ニフモ(NifMo)は富士通の子会社であり大手老舗インターネットプロバイダのニフティの手がける格安SIM、格安スマホサービスです。

個人的に多くある他サービスに埋もれて地味な印象でしたが、通話無料オプション(話し放題)があるのがこちらのサービスの特徴であり通話が多いユーザーさんにはかなりオススメできると思いまとめることにしました。

サービスの開始は2014年11月からですが、それ以前にYモバイル回線を利用したサービスやドコモ回線を利用したサービスを展開しているのでMVNO事業自体は長くから続けています。

LINEモバイルも、ニフモ(NifMo)もドコモ回線を利用


格安SIMはドコモ回線を利用したドコモ系、au回線を利用したau系に分かれますが、LINEモバイル、ニフモ(NifMo)ともに、ドコモ回線を利用した格安SIM、格安スマホサービスです。

そのためドコモで契約したスマホ、タブレット、モバイルルーターがそのまま利用できます。(中古で購入した物も可能)

auの端末を利用したい場合はau系のサービスを申し込むことで利用可能です。

ソフトバンク系の格安SIMはないですが、全キャリア2015年4月以降に発売された機種(iPhone であればiPhone6s以降)がSIMロック解除対象機種になるのでSIMロックを解除すれば利用することも可能です。

LINEモバイルもNifMo(ニフモ)もOCN系

ドコモ系の格安SIMと言っても、ドコモに回線を直接借りているサービスもあれば、MVNEと言われるドコモと格安SIM、格安スマホの提供会社を一社挟んで提供されるサービスがございます。

LINEモバイル、NifMo(ニフモ)ともに、OCNモバイルONEでおなじみの、NTTコミュニケーションズにドコモ回線を提供してもらっているので、いわゆるOCN系と呼ばれています。

OCN系の他にインターネットイニシアチブ経由のサービスが有名で、それらはIIJ系と呼ばれIIJmio、DMMモバイル、ビックSIMあたりが有名ですね。

IIJ系、OCN系は回線品質の一定の目安になる

インターネットイニシアチブ(IIJ系)、NTTコミュニケーションズ(OCN系)共に信頼度の高いブランドですので、一定の基準以上の回線品質は保てているとされIIJ系、OCN系は安心とされています。ブランド品みたいなものですね。

ちなみにLINEモバイル、NifMo(ニフモ)ともに、OCN系であり形上はOCNの下請けみたいにはなるものの、OCNモバイルONEの方がLINEモバイルやNifMo(ニフモ)よりも優れているかというとそうではありません。

LINEモバイルの場合はOCNモバイルONEよりも回線速度が速いことで有名ですし、NifMo(ニフモ)に関しても、OCNモバイルONEと同等、もしくはそれ以上の回線速度であると言われているサービスです。

要するにドコモ直接であろうと、MVNE経由であろうと申し込みユーザー数に対して、十分な回線の枠を借りていると品質の高い回線を提供できると言えます。

OCN系同士のMNPが出来ない

LINEモバイル、NifMo(ニフモ)共にNTTコミュニケーションズの回線を利用したOCN系のサービスです。

2017年1月現在OCN系のサービスの弱点としてOCN系同士のMNP(番号そのまま乗り換え)が出来ないという難点があります。

これはNTTコミュニケーションズのシステム上の問題であり、LINEモバイルやNifMo(ニフモ)のせいではありませんが、OCNモバイルONE、LINEモバイル、NifMo、ぷららモバイルLTEなどOCN系でのMNPはできませんので注意しましょう。

ちなみにIIJ系のサービスも以前は、IIJ系同士のMNPが出来ませんでしたが、途中から改善され今はIIJ系間のMNPが出来るようになっています。

LINEモバイルとNifMo(ニフモ)の回線速度

LINEモバイル、NifMo(ニフモ)共に回線速度の速いサービスとして有名ですが、2017年1月現在、評判が良いのがLINEモバイルのサービスです。

一部ではLINEモバイルはサービスを開始したばかりだから速いなどと言われており、確かに一理ある部分もありますがLINEモバイルはLINEの関連会社であることなどから、資金などに余裕があり今後も品質の優れたサービスをお客さんに提供していくと管理人はにらんでおります。

対してNifMo(ニフモ)ですが、LINEモバイルには劣るものの、格安SIMサービス全体では比較的回線速度に満足しているユーザーさんが多いサービスであると言えます。

またツイッターなどで、NifMo(ニフモ)の中の人が回線の状況などを報告していることからも、誠実なサービスであることがわかります。

ちなみにLINEモバイルに関してもツイッターアカウントで随時状況の報告、お客さんからの質問への回答など行っているのでこちらもアフターフォローがしっかりしていると言えますね。

LINEモバイル、NifMo(ニフモ)のプラン

LINEモバイルのプラン

・ラインフリープラン

キャリア 回線 プラン 1GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSなし 500円
SMSあり 620円
音声 1,200円

・SNSフリープラン

キャリア 回線 プラン 3GB 5GB 7GB 10GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSあり 1,100円 1,640円 2,300円 2,640円
音声 1,680円 2,220円 2,880円 3,220円

NifMo(ニフモ)のプラン

・SIMプラン

キャリア 回線 プラン 1.1GB 3GB 5GB 10GB
ニフモ ドコモ回線 SMSなし 640円 900円 1,600円 2,800円
SMSあり 790円 1,050円 1,750円 2,950円
音声 1,340円 1,600円 2,300円 3,500円

・機器セット割プラン

キャリア 回線 プラン 1.1GB 3GB 5GB 10GB
ニフモ ドコモ回線 SMSなし 440円 700円 1,400円 2,600円
SMSあり 590円 850円 1,550円 2,750円
音声 1,140円 1,400円 2,100円 3,300円

※端末同時購入の場合2年間(3年目~+200円/月額)、+機器代

格安SIMサービスによってはテザリングやモバイルルーターで大容量通信を行いたい方向けに大容量プランを多数展開するMVNOもございますが、LINEモバイル、NifMo共にそっち方面のアピールはあまり行う気がないのかプランがすごくシンプルです。

違いは・・・

・NifMoには端末セット
・LINEモバイルは7GBプランの有る
・SNSフリーがLINEモバイルには付く

 

・NifMoの端末セット

NifMoは端末セットを売りにしており、端末セットが月額200円安くなります。
対してLINEモバイルも端末セットに手を抜いているわけではなくLINEモバイルで端末を買うと安かったりします。

・LINEモバイルには7GBプランがある。

またLINEモバイルには7GBプランがあるものの、NifMoにはないです。

・LINEモバイルにはSNSのカウントフリー機能が付いている

LINEモバイルはSNSのカウントフリー機能がつきます。(1GBプランはLINEのみ。3GBプラン~はツイッター、インスタ、Facebookなどもフリー)

LINEモバイルのカウントフリー機能はお得なのか?

LINEモバイルにはSNSが無料になるSNSのカウントフリー機能が付きます。

1GBの場合LINEアプリのみ、3GB~でLINE、ツイッター、Facebook、インスタグラムがパケット通信量なしで利用できるようになるのです。

うーんこれは、いわゆる抱き合わせ販売みたいなもので、余計な機能をつけて金額をごまかしてぼったくろうとしているのでは?怪しいと言う人のために・・・

ニフモのプランと比べてみました。

キャリア 回線 プラン 3GB 5GB 10GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSあり 1,100円 1,640円 2,640円
音声 1,680円 2,220円 3,220円
ニフモ SMSあり 1,050円 1,750円 2,950円
音声 1,600円 2,300円 3,500円

すると・・・ニフモの方が3GBプラン以外若干高いということがわかります。

というと逆にニフモがぼったくりなのか?と思われるかも思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、オプション含む全体を見て適正であるか判断するのはお客さんですし、事業者も好きに値段は決めて良いのでそういう話でもないと言えます。

NifMo(ニフモ)には通話料無料オプションがあってLINEモバイルにはない

LINEモバイルの大きな特徴は上記のようにSNSが無料で利用できるカウントフリー機能が搭載されていることですが対してNifMo(ニフモ)の大きな特徴というか売りにしているオプションが月額1,300円で利用できるNifMoでんわですね。

NifMoでんわに申し込めば1,300円の定額で話放題となります。(90分連続通話)

楽天でんわなどの通話アプリを申込めば1時間2400円の通話料を1時間1200円の半額で利用できますが、毎月1時間以上090、080、070番号を使った通話はする人にとってはNifMoでんわに加入できるNifMo(ニフモ)に申し込んだ方が安心ですね。
※楽天でんわは楽天モバイルのアプリであるが、楽天ユーザー以外も利用可能。

特に090、080、070番号にこだわらないのであれば、もちろんLINEなどの無料通話でも構わないとは思いますが、ビジネス用途ですと090、080、070番を使った発信が主流ですからね。

LINEモバイルはLINEアプリの年齢認証が可能

一般的に格安SIMではLINEの年齢認証が不可となります。

なぜかというと、電話番号と年齢の紐付というのが格安SIMの提供会社ではなくドコモ、auなどの大元になるからです。

そして、おそらく個人情報の兼ね合いで格安SIMのキャリアがドコモにこの電話番号のユーザーは18歳以上かという確認が取れないため、LINEの年齢認証が行えません。

しかしLINEモバイルの場合はLINE株式会社の子会社、LINEモバイル株式会社のサービスであるため、他の格安SIM会社とは別のルートで年齢認証ができるんです。

LINEアプリ自体は年齢認証を行わずに利用できますが、LINEの年齢認証ができないとID検索ができないというデメリットがあります。

ふるふるやQRコードを使えば、連絡先交換は可能ですが、なんとなく機能が制限されるのが嫌だという人も多いのでLINEモバイルがLINEの年齢認証ができるのは大きなメリットとなっています。

Nifmo(ニフモ)にはバースト転送機能があるがLINEモバイルにはない


バースト機能とは、高速通信モードOFF時(200Kbps)の低速通信時に発揮される機能です。

LINEモバイルにはそもそも高速通信モードのオンオフがなく常時高速通信になるわけですが、NifMoは高速通信のオンオフがございます。

バースト機能が搭載されているSIMは、高速通信モードのOFF時にバースト機能を利用することができます。

これはどんな機能かと言うと、高速モード通信時は200Kbpsのすごくおそい規格になりますが、ネットにつながる一瞬だけ通常のLTE規格の高速通信でつながるので、規格の200Kbpsよりも速い通信が行えるんです。

特にネットサーフィンや、SNSなどのテキストの読み込みが速いです。
画像データは遅れてきますが、テキストの表示は速いので主に画像よりもテキスト中心でコンテンツを楽しみたいかつ、節約したい方にはオススメの機能となっております。

ちなみに200Kbpsの規格だと遅すぎて何もできないと思われる方も多いかと思いますが
、音楽やネットラジオのストリーミング再生、ラインの無料通話(テレビ電話も可)などが利用できます。

格安SIMはキャリアスマホに比べてパケット通信量が安いですが、それでもパケット代を払うのが馬鹿らしい!という方は最低の料金プラン+バースト機能という組み合わせもアリかもしれません。

NifMo(ニフモ)もLINEモバイルもクレジットカードなしの申し込みが可能


格安SIMサービスの多くは申し込みにクレジットカードが必要だったりしますが、NifMo、LINEモバイル共にクレカなしで申し込み可能です。

NifMoの場合は、口座振替での支払いが選択可能です。

対して、LINEモバイルは口座振替という選択肢はないのですが、一度ラインペイというプリペイドカードを発行し、ラインペイのチャージを銀行口座、もしくはコンビニ決済にすれば、銀行口座、コンビニ支払→ラインペイ→LINEモバイルのようにラインペイ経由になりますがクレジットカードなしでも料金の支払いを行うことができます。

まとめ

LINEモバイル、NifMo共に安心して申し込めるサービスです。
回線速度を求める方、SNSを良く使う方はLINEモバイルがオススメです。

通話料の安いサービスが良い方、パケット代をとにかく節約したい方は(バースト機能があるので)NifMo(ニフモ)がオススメです。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,