LINEモバイル、OCNモバイルONE どっちが良い

   

lineocn

こんにちは管理人です。

LINEモバイルは2016年9月からスタートした新しい格安SIMのサービスです。
対してOCNモバイルONEは格安SIMサービスの中でも老舗中の老舗。

勢いがあるLINEモバイルが良いのか?安定感のあるOCNモバイルONEが良いのか迷われている方も多いようです。

というわけで、LINEモバイル、OCNモバイルONEのサービスを比較して行きたいと思います。

共にドコモ系サービス

docomo

格安SIMには大きく分けてドコモ回線を利用したドコモ系のサービス、au回線を利用したau系のサービスとありますが、LINEモバイル、OCNモバイルONE共にドコモ系のサービスです。

ドコモ系のサービスですのでドコモで購入した端末、もしくはSIMフリーの端末が利用可能。

auの端末を利用したい方はau系のサービスを利用しましょう。ソフトバンク系のサービスは今のところないので今後に期待ですね。

また、2015年5月以降に販売された機種(iPhoneだと6s以降)でしたらSIMロック解除が義務付けられています。

SIMロックを解除すれば、SIMフリー機になるのでドコモ系のサービス、au系のサービス共に利用することが可能です。

LINEモバイルとOCNモバイルONEの関係

LINEモバイル、OCNモバイルONEはユーザーさん目線だと、他社の格安SIMサービス同士なので、単にライバルだと思われるかもしれませんが・・・

回線の提供元と提供先というビジネスパートナーでもあるんです。

というのもLINEモバイルで採用している回線はドコモの回線を利用した物ですが、ドコモから直接借りているというわけではなく、OCNモバイルONE経由で借りているんです。

LINEモバイルの商流
ドコモ→OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)→LINEモバイル→お客さん

OCNモバイルONEの商流
ドコモ→OCNモバイルONE→お客さん

上記のような流れがあります。

ドコモからLINEモバイルが直接設備を借りるということもLINE株式会社の規模からして決して不可能なことではないと思いますが、OCN(NTTコミュニケーションズ)経由の方が最適化や設備の面で都合が良いため、経由してサービスを借りているのだと思います。

大元がプロバイダであるビッグローブや、auの子会社であるUQコミュニケーションズなどは大元の回線を借りてそれを、直接お客さんにサービス提供します。

しかし元々通信回線のサービスをメインで行っていたわけではない企業なんかはLINEモバイルのように、OCNモバイルONEやIIJなどネットワーク関連に強い会社(ドコモとのつながりが強い会社である場合が多い)経由で格安SIMサービスを提供することは割と普通ですね。

LINEモバイルの方が実は有利?

LINEモバイルはOCNモバイルONEの下請けになるので・・・

OCNモバイルONEに直接申し込んだ方が品質の良いサービスを利用できそうな気もしますよね?

一時期は、OCNモバイルONEや、IIJなどはドコモとつながりが強い会社のサービスだから有利と称されましたが、現実問題単純にそーいうわけでもないようです。

おそらくOCNモバイルONEにしてもIIJにしても、法人部門(LINEモバイルやDMMモバイルに回線を貸す)と一般のお客さん部門を分けています。

そのため、OCNモバイルONEよりも、LINEモバイルの方が速いということが全然あり得るわけです。

回線が速いか遅いかは枠の借り方とお客さんの量のバランス

回線の借り方はいろんなパターンがありますが、ざっくり書くと高い金を払って太い回線を借りているサービスはなんだかんだ高速のサービスを提供できると言えるでしょう。

ただ太い回線を借りていてもユーザー数が多すぎると遅くなる傾向にあると思います。

サービスの売り方はいろいろあると思いますが・・・
これもざっくり書くと・・・

・へなへなの回線を借りて、それっぽく見繕って売る!

・逆に、めちゃくちゃ図太い高額な回線を借りて、売りまくる!

前者だと利益は多いものの長くは続きません。
後者だといっぱい売れても利益は少ない。

となるので、両方のバランスだったりします。
(金額設定ですとか、独自のオプションとかいろいろありますが割愛)

最終どういう会社が有利かというと、別に格安SIMで儲からなくても他で儲かる会社ではないでしょうか?

オプションやら、金額設定をがんばっても回線品質の良いサービスかどうかがキモになりますからね。

金があまりない会社はやっぱりキツイでしょう。

LINEモバイルなんかはLINEアプリ他のサービスがモバイルと密接に関連していて他のサービスも強いので LINEモバイルで利益を確保できなくても良い?=最強?という説があります。

楽天モバイルなんかも同じニオイがしますが、LINEモバイルの方がスマホと密着したサービスを手掛けていますから個人的には最終LINEモバイルの方が強そうかな?と感じます。
(ただし端末の販売なんかも絡むとショッピングサイトが強い楽天が有利かな?と感じますが。)

対してOCNモバイルONEなど格安SIMサービスを手掛ける法人に回線を貸している業者は、部門が分かれているにしろほどほどの品質でないと、取引先からそれだったらうちが売りづらいという話も出かねないので、個人向けのサービスで飛び抜けるのはちょっと難しい気もします。

しかし一般ユーザーさん向けにもサービスを提供していますから、あんまり品質を下げれないので、一般ユーザーさんから見ても、回線を借りる法人から見てもブランドイメージが崩れないほどほどな路線で勝負していきそうですね。

LINEモバイルかOCNモバイルONEどちらが速い?

LINEモバイル、OCNモバイルONEどっちが回線速度が速いかというと、2017年1月現在LINEモバイルの方が速いとされています。

理由としてサービスが始まったばっかりでお客さんが少ないから速い。どーせ遅くなるというネガティブな意見もありますが、管理人個人としては高品質で粘ると思います。

というのも・・・
なんとなく格安SIM儲かりそうだからやってみるべ!他に儲かるサービスがないからやるか・・・みたいなその辺のベンチャー企業とはわけが違うからですね。

LINEの格安SIMですからもちろん注目をされる。さらに他社とも比較される。のはわかっていたでしょうし、でも他社よりも後発でサービスを開始したのには勝算があるからでしょう。

ですから・・・「いや~ユーザー増えたらダメになるっしょ。」といった考え方は安直すぎるかな?と思います。

LINEモバイルにはあんまりがんばって欲しくない

LINEモバイルは他社と比較してめっちゃ強そうなサービスです。

今後1人勝ちってことももしかしたらあるかもしれません。

でもそーなってしまったら、そーなってしまったで格安SIM業界がつまらなくなってしまうと思うんですよね。

格安SIMの速度計測が趣味の人や新しいサービスが出たら喜んじゃう人も、LINEモバイルが最強!って決まっちゃうと書くことなくなっちゃいますからね。

このブログもそうですね(笑)

というわけでLINEモバイル最強?かもしれません。

カウントフリー機能

LINEモバイル、OCNモバイルONE共にカウントフリー機能が付いています。

こちらの記事で詳しく解説しましたが・・・

カウントフリー機能とは特定のアプリやWebサイトの閲覧を行ってもパケット通信量をカウントしない機能です。機能限定の使い放題と言っても良いでしょう。

LINEモバイルの場合は、1GBのプランでLINEアプリが。3GB以上のプランでLINE以外にも、Facebook、ツイッター、インスタグラムがカウントフリーになります。

対してOCNモバイルONEは、050番号を使ったIP電話、自社のクラウドサービスマイポケット、モバONEアプリ(利用量参照)がカウントフリーとなります。

LINEモバイルのカウントフリー機能はかなり実用的だと思います。
対してOCNモバイルONEの機能はちょっと弱いかな。付いていないよりはマシ程度ですかね。

LINEモバイル、OCNモバイルONEのプラン

LINEモバイル

・LINEフリープラン

キャリア 回線 プラン 1GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSなし 500円
SMSあり 620円
音声 1,200円

・コミュニケーションフリープラン

キャリア 回線 プラン 3GB 5GB 7GB 10GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSあり 1,100円 1,640円 2,300円 2,640円
音声 1,680円 2,220円 2,880円 3,220円

LINEモバイルは1GBプランでLINE使い放題のカウントフリーが付きます。
3GB以上でLINE以外にもFacebook、ツイッター、インスタなどの使い放題機能が付きます。

カウントフリーでも無駄に高くない

キャリア 回線 プラン 3GB 5GB 10GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSあり 1,100 1,640 2,640
音声 1,680 2,220 3,220
OCNモバイルONE SMSあり 1,100 1,450 2,300
音声 1,800 2,150 3,000

こういった機能が付くと割高になるのでは?と思われるかたもいらっしゃるかもしれませんが、3GBで比較するとOCNと月額一緒ですし10GBで比較しても300円ほどしか変わりませんので、機能の割にお得だと言えるでしょう。

OCNモバイルONE

プラン SMSなし SMSあり 音声
110MB/日 1,020 900 1,600
170MB/日 1,500 1,380 2,080
3GB 1,220 1,100 1,800
5GB 1,570 1,450 2,150
10GB 2,420 2,300 3,000
500Kbps(15GBまで) 1,920 1,800 2,500

OCNモバイルONEのプランは、3GB~5GBのプランが一般的なものですが、110MB/日プラン、170MB/日プランといった1日〇MB使えるプラン。

500Kbpsと速度の制限がかかるものの15GBもの大量パケットを安く使えるプランがあります。

ちなみに110/日×30日=3.3GB、170/日×30日=5.1GBです。

3GBプラン、5GBプランとの差額を考えると3GBプランよりも110/日プランは200円安く、5GBプランよりも170/日プランは70円安いですね。う~ん・・・。ただスマホを使い過ぎちゃう自分が憎い!月末の制限に毎月泣かされる!が節約したいという人には良いかもしれません。

まとめ

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズの手がける安定感のあるサービス。

LINEモバイルは提供会社がLINE株式会社ということもあり注目度が高いサービス。

両社は、協力会社の関係にあるものの、OCNモバイルONEに回線を借りているLINEモバイルの方が個人ユーザーから見ると有利だと思います。

なぜならLINEモバイルはモバイルサービスに密接に関係しており、資金もあるからです。

OCNモバイルONEはビッグカンパニーですが法人向けサービスもしておりウエイトが法人メインになる可能性もありますしね。

LINEモバイルは未知数という評価もあるものの、個人的には今年1番売れる格安SIMなのでは?と思っております。
もうちょっとオプションなど夢のあることを書けば良かったかもしれませんが・・・

おまけ

2016年11月現在・・・大人の事情?システムの都合?でOCNモバイルONE→LINEモバイルはMNPできないようです。OCNモバイルONEのように法人向けに回線を貸しているIIJからは可能。ドコモ、ソフトバンク、au、Yモバイル、その他のサービスからも可能。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,