LINEモバイル UQモバイル どっちが良いか比較

   

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

LINEの格安SIM、LINEモバイル、UQコミュニケーションズのUQモバイル共に知名度の高いサービスですのでどっちが良いのか迷われている方も多いですね。

格安SIMなんてどれも同じなんじゃ?と思われるかたもいらっしゃいますが、両サービス共に方向性が違いますし違った部分も多いので当記事でまとめたいと思います。

UQモバイルのプランがちょっと難しいので、比較となると少しややこしくなってしまったかもしれません・・・汗

LINEモバイルとは


LINEモバイルとは、LINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の関連会社LINEモバイル株式会社の提供する格安SIMサービスです。

LINEモバイルとLINEは一応別会社になります。

サービス開始は2016年9月からとかなり最近ですが、LINEの知名度やLINEの格安SIMという注目度も相まって今では、昔からあるサービスと同じくらいの知名度を誇っていると言えるでしょう。

後程詳しく紹介しますが・・・

・SNSのカウントフリー機能
・プランのシンプルさ
・通信速度が高速
・LINEの年齢認証が可能
・大手のサービスなので安心。

・・・などがLINEモバイルのポイントです。

通信回線はドコモの回線を利用しています。

UQモバイルとは


UQモバイルとは、auの関連会社UQコミュニケーションズの提供する格安SIM、格安スマホサービスです。

UQコミュニケーションズは、格安SIM以外にUQモバイルWiMAXのサービスを提供していますのでごちゃごちゃになりやすいですが、ワイマックスはWiMAX電波を使用したサービスで、UQモバイルはauの回線を利用した格安SIMサービスなので別モノです。

 

回線の品質に定評があること、プランが他の格安SIMと比較して複雑?なため通好みのサービスであると感じます。

また、それと並行してキャリアスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)に似たプランの提供も行っており、数多くある格安SIMサービスよりもソフトバンクの関連会社Yモバイル的な一面もあると言えます。

使用している回線は、auの関連会社のサービスだけあってauのものを使用しています。

UQモバイルのポイントは・・・

・セットプランが人気。
・玄人好みの無制限回線。
・通信速度が安定している。
・珍しいau回線。

などです。

ドコモ回線とau回線

格安SIMサービスのほとんどのサービスではドコモ回線を利用したいわゆるドコモ系のサービスが主流です。

なぜ、ドコモ系の回線が主流かと言うと、ドコモの回線はauの回線よりも借りる料金が安いからという理由と、ドコモ系の回線を法人に貸し出すドコモと格安SIM提供会社の間に入って調整役をするMVNEと呼ばれるサービス事業者が存在するからです。

ドコモやauのスマホをそのまま使いたいなら


ドコモ系のサービスを申込めば、ドコモで使っていたドコモのスマホ、タブレット、モバイルルーターなどがそのまま利用可能です。

またau系のサービスを申込めば、auで使っていたauのスマホ、タブレット、モバイルルーターなどがそのまま利用可能となっています。

ソフトバンク回線を利用したサービスというのは今の所存在しないので、ソフトバンクユーザーの方は格安スマホを使いたい場合は、新しくスマホを用意する必要が出てきます。

ソフトバンク回線の格安SIMサービスは2017年1月現在ありませんが、ソフトバンクでなくYモバイル回線を利用したサービスはあるので、Yモバイルの端末をそのまま格安SIMで使いたい場合はYモバイル回線を利用した格安SIMのサービスを申し込むと利用可能です。

 

SIMロック解除の義務化

2015年5月より、SIMロック解除の義務化が決まりました。

そのため2015年5月以降に販売されたスマホ(iPhoneの場合iPhone 6s以降)はSIMロックの解除が可能となっており、ドコモ、au、ソフトバンク、はたまたYモバイル、格安SIMいろいろキャリア関係なしで利用することができます。

LINEモバイルとUQモバイルの回線

LINEモバイルはいわゆるドコモ系のサービスですが・・・

ドコモに直接回線を借りておらず、MVNEであるOCNモバイルONEのサービスでおなじみのNTTコミュニケーションズ経由でドコモの回線を利用し、ドコモ系格安SIMのサービスを提供しています。

ネットワーク関係の得意な会社の場合はドコモに直接回線を借りることが多いですが、LINEモバイルの親会社LINEはインターネットサービスは手掛けるもののネットワークの専門業者ではないため、NTTコミュニケーションズ経由の方が良いと判断したものと思われます。

対してUQモバイルはUQコミュニケーションズというインターネットサービスを提供する会社でありつつ、auの子会社でもあるためネットワーク関連ではプロであると言えるでしょう。そのためauの回線を直接借りるような形を取っています。

auの関連会社なのでちょっとズルい?と言う意見もないこともないですが、別会社のサービスとなっていますし、auショップなどでUQモバイルの申し込みをすることはできません。

1社挟むと遅い?

一昔前は、1社挟むより直接サービスを提供しているサービスの方が良いですとか、NTTコミュニケーションズ経由のいわゆるOCN系が良いですとか、もしくはインターネットイニシアティブに回線を借りたIIJ系(DMMモバイルなど)が良いとか・・・

MVNEの質の良し悪しの話がよく出ましたが、最近では直接ドコモやauに回線を借りているサービス、1社挟むサービスだから遅いとか速いとかはあまり関係ないと言われています。

厳密に言うと、関係ないこともありませんが簡単に言うと回線にお金をかけている会社は通信が安定しますし、そうでない会社のサービスは通信が不安定になりがちということですね。

LINEモバイルにしても、UQモバイルにしても回線に比較的お金をかけているものと思われ、そのため品質の優れたサービスを提供できていると言えるのではないでしょうか。

LINEモバイルとUQモバイルのプラン

LINEモバイルのプラン

・LINEフリープラン

キャリア 回線 プラン 1GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSなし 500円
SMSあり 620円
音声 1,200円

・コミュニケーションフリープラン

キャリア 回線 プラン 3GB 5GB 7GB 10GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSあり 1,100円 1,640円 2,300円 2,640円
音声 1,680円 2,220円 2,880円 3,220円

LINEモバイルの格安SIMの料金プランの特徴は、SNS使い放題+わかりやすいプランであることです。

格安SIMサービスはプラン数が多いことを特徴にしているサービスがあったりしますが、それが逆に格安SIMをわかりにくくさせる原因でもあるのです。

LINEモバイルの場合は、プランはこんな感じ!SNSが使い放題!(1GBプランはLINEアプリのみ)と格安スマホがよくわからない方にとってすごくわかりやすいのが特徴ですね。

LINEという肩書が、ブランドになっているLINEモバイルだからこそ成せる技だという部分はありますが。。。

UQモバイルのプラン

・SIMのみ

キャリア 回線 プラン名 プラン 月額
UQモバイル au データ高速 SMSあり 980円
音声 1,680円
データ無制限 SMSあり 1,980円
音声 2,680円

・端末セット

キャリア 回線 プラン名 プラン 月額
UQモバイル au ぴったりプラン 2GB 1,980円
たっぷりプラン 6GB 2,980円

※2年契約、3年目2GB→1GB、6GB→3GB 端末の割引アリ

UQモバイルのプランはちょっと複雑です。

これはやみくもにプランを多くしたらそれっぽく見えるとかそーいう部類の物ではないです。

というのもauの関連会社UQコミュニケーションズのサービスなのでLINEモバイルのように直球プランで勝負するとauや、UQコミュニケーションズの別サービスUQ WiMAXと競合しかねないからです。

逆に言うと、サービスが良すぎるのでプランを絞って制限をしているとも言えます。

プランの方向性は3つで・・・

・無制限プラン
低速ながら安定感のあるUQモバイルの回線を利用できるプラン。

低速といいつつもYoutube動画も見れます。

UQモバイルでも人気の高いプランであり個人的にもオススメなので、後程くわしく解説。

・ぴったりプラン、たっぷりプラン

魔の2年契約プラン。格安SIMを求める人の中には2年契約自体が嫌いな人も多いので魔のとさせてもらいました。
内容としては、ドコモ、ソフトバンク、auよりも安い値段でスマホもお得に購入できるよという、完全にYモバイル路線のプランですね。

ちょっと残念なのが、ドコモ、ソフトバンク、Yモバイルなどからの加入では割引が適応されるもののauからの乗り換えは条件が悪いという点ですね。

ソフトバンク→Yモバイルの条件が悪いように、関連会社であるauのユーザーはあんまり歓迎したくないのかな?と思わせます。

・データ高速プラン
2年契約のないデータ高速プランです。

2年契約は嫌い、普通の格安SIMっぽいプランが良いという方はこちらがオススメ。

ただし残念なことに3GBプランしかない・・・

ただこちらの裏ワザ?を使うことによって5GBやら6GBプランを勝手に作ることもできる!?

 

こんな感じでLINEモバイルよりもちょっとわかりにくいですが、端末セットプランなど十分お得ですし、無制限プランもかなり魅力的ですね。

LINEモバイルのSNS使い放題


LINEモバイルはSNSがデフォルトで使い放題になるオプションが付いています。

1GBのLINEフリープランでLINEが使い放題。

3GB以上のコミュニケーションフリープランでLINE以外にもFacebook、ツイッター、インスタグラムと言ったSNS全般が使い放題で利用可能です。

SNSフリーは海外では比較的ポピュラーですが日本ではまだ珍しいですね。

ちなみに特定のアプリやサービスが使い放題になる機能のことをカウントフリー機能と呼び、LINEモバイルの場合はSNSのカウントフリー機能がつきますが、OCNモバイルONEではクラウドサービスやIP電話のカウントフリーがあったり、BiglobeSIMではYoutubeのカウントフリー機能がついていたりします。

 

LINEモバイル、UQモバイル共に通話料は割高

格安SIM全般に言えることですが、LINEモバイルUQモバイル共に通話料は20円/30秒と無料通話などがつくキャリアスマホと比較して若干割高です。1時間に換算すると2,400円ですからね。

UQモバイルの場合はぴったりプラン、たっぷりプランを申し込むことで5分間の通話は通話料無料になりますが。

より安く通話を利用したい場合は通話アプリを使うことによって通話料を安くすることが出来ます。

有名なアプリは楽天モバイルの楽天でんわというアプリで、このアプリを経由することにより通話料が10円/30秒と通常の格安SIMの通話料の半額で利用することが可能です。一時間1,200円ですね。

 

UQモバイルの無制限プラン

UQモバイルには無制限プランが存在します。

無制限プランは他の格安SIMサービスの提供会社(U-mobile、ぷららモバイル)も出していますが、UQモバイルの無制限プランは速度制限(500Kbps)つきで月の無制限なしで使えるというものです。

他社の無制限プランが速度の安定性などの部分で頼りないため、うちは速くないけど無制限と遅くても無制限を売りにしているUQモバイルの無制限プランの方がかえって人気があったりします。

500Kbps(0.5Mbps)で何ができるのか?

500Kbps(0.5Mbps)と速度だけ見ると、光回線でなくモバイルのLTE回線で150Mbpsや500Mbpsと言われている今の時代に500Kbpsなんていつの時代のサービス?と思われる方も多いかもしれませんが500Kbpsでできることって意外と多いんです。

ネットサーフィン、SNS、音楽のストリーミング再生、LINEの無料通話などは特に遅いと感じることなく利用可能です。

はたまた、LINEのテレビ電話を途切れることなく利用できますし、Youtubeの動画も比較的スムーズに見ることが出来ます。

Youtubeの480p、720pなどの高画質はちょっとつらいですが、360p、240p、144pなどノーマル画質以下の画質は比較的スムーズに見ることが出来ます。

ただし容量の重いゲームのダウンロードに時間がかかってしまいます。

また高速通信の必要なオンラインRPGなどのゲームは難しいかもしれません。(ポケモンGoは通信速度が遅くても大丈夫)

というわけで普通にスマホを十分に使う分にはほとんどのことができてしまうのがUQモバイルの500Kbps無制限プランです。

難点としては、他の格安SIMサービスのプランよりも月額が若干割高であることですが、通信速度があまり高速でないながらも安定していることから、他社の大容量プランを選ぶよりも・・・個人的にはこっちの方がオススメですね。

ただちょっと注意したいのは、3日間6GB制限という3日間で6GB以上通信すると速度制限がかかるという制限があるので家族3人で1個の回線をルーターやテザリングで使いまくるみたいな用途には不向きです。

3日間6GBというとだいぶ余裕はあるので一人で利用する分にはよっぽど使わないと制限はまずかかりません。

ちなみにYoutubeの動画(360p)は1時間に換算すると約380MBですので、6GBで何時間Youtubeを見れるか計算すると・・・

6GB(6000MB)÷380MB=15.789おおざっぱに・・・

Youtubeが16時間(3日間)見れる計算ですね。

3日間6GBなので、1日の持ち分は2GBです。

2GB(2000MB)÷380MB=5.26なので5時間15分

毎日5時間Youtubeが見れる計算になります。

UQモバイルはバースト機能搭載で低速モードでも割とサクサク

UQモバイルにはバースト機能という機能がついています。

これは、ターボoff時(高速LTE通信の電源OFFにした時)に発揮する機能で、下り最大300Kbpsの規格になるものの、繋がりたての速度は通常のLTEの速度が出るためインターネットサーフィンやSNSなどが快適に利用できるという機能です。
LINEモバイルは今の所搭載されていませんが今後搭載されるかもしれません。

 

UQモバイル、LINEモバイル共に速度が速い

LINEモバイル、UQモバイル共に格安SIMサービスの中でも速度が速いサービスとして人気があります。

格安SIM全般としてドコモ、au、ソフトバンクから変えて遅くなったという声もたまにあるのですが、その一番の原因が時間帯によって格安SIMは速度が出にくくなることにあります。

それが、使用者が多いお昼や夜の時間帯なのですが、LINEモバイル、UQモバイル共に比較的どの時間帯も速度が安定+他の格安SIMサービスが苦手なお昼や夜の時間帯も速度が比較的安定していいることから評判が良いサービスなんです。

・UQモバイルの評判

・LINEモバイルの評判

 

まとめ

今使っているドコモのスマホを使いたい。
SNSを良く利用するという方はLINEモバイルのサービスがおすすめです。

今使っているauのスマホを利用したい。
Youtubeやネットサーフィンをがっつり利用する、高画質な動画でなくて普通画質の動画でもオッケーという方はUQモバイルの無制限プランがオススメです。

2年縛りでも気にしない。他の格安SIMよりも回線の品質が優れたサービスで、端末も一緒に購入したいという方はUQモバイルのぴったりプランやたっぷりプランがおすすめです。

ちょっと悩ましいのが、UQモバイルはauからの乗り換えだと他社からの乗り換えよりも条件が良くないと言う点ですね・・・。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,