LINEモバイルとDMMモバイルを比較!どっちが良い

   

linembdmmb

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

格安SIMは様々なサービス提供会社が参入しており、どこが良いか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

様々検討した上で、LINEモバイルかDMMモバイルどっちが良いかなと迷われている方も多いと思います。というのも、両サービスとも特徴があり知名度の高いサービスですからね。

今まで様々なサービスの比較記事を書いてきましたが、今回はLINEモバイルかDMMモバイルかで選ぶならどちらが良いかという記事を書きたいと思います。

LINEモバイルとは

linemobile

LINEモバイルは株式会社LINEの提供する格安SIMサービスです。

サービス開始は2016年9月からと比較的最近ではあるものの・・・

・コミュニケーションアプリLINEやNEVERまとめで有名なLINE様のサービスであること。
・SNS(LINE、ツイッター、Facebook、インスタグラム)などが使い放題なこと。

からサービス開始から間もないものの注目度で言うとここ1番のサービスです。

サービス登場から今まで評判もすこぶる高いので、他のサービスからしても脅威の存在であると言えます。

DMMモバイル

dmm-mobile
DMMモバイルは動画コンテンツやパソコンゲームの提供はたまたネット証券サービス、FXなどのサービスを提供する株式会社DMM.comのサービスです。

DMMどっとコム♪というCMでおなじみですよね。

通信サービスの会社ではありませんが、今までの他の事業での実績を見ても分かる通り目の付け所にセンスのある会社で、DMMモバイルも数あるサービスの中で知名度の高いサービスです。

特徴はプランの数が多いこと、業界最安値!を売りにしていることです。

格安スマホは基本的にスマホ代を節約したい人のサービスですから・・・
DMMモバイルの業界最安値!は、スマホ代を安くしたいというニーズにかなり響いています。

共にドコモ系のサービス

docomo

格安SIMには大きく分けて、ドコモ系のサービスとau系のサービスがありますが・・・

LINEモバイル、DMMモバイル共にドコモの回線を利用したいわゆるドコモ系の格安SIMです。

ドコモ系のサービスですから、ドコモで契約したスマホやタブレットなど、もしくはSIMフリーのスマホやタブレットがそのまま利用可能です。

ソフトバンク、auの機種であっても2015年5月以降に発売された機種(iPhoneであれば6s以降)であればショップにてSIMフリー解除を行いSIMフリー機として利用することも可能です。

2015年5月以前のauの機種を使っているのであれば、au回線を利用したau系のSIMを利用することも可能です。

MVNOとMVNE

LINEモバイル、DMMモバイル共にドコモ系のサービスですが共にMVNEになります。

MVNEというのは、ドコモ→A社→B社というように、ドコモの回線をA社が借り、それをさらにB社が借りるというものです。

LINEモバイルの場合、NTTコミュニケーションズがドコモに回線を借りてそれを利用してて提供されるサービスになります。

NTTコミュニケーションズのの回線を利用しているサービスは、OCNモバイルONE、ぷらら、Nifmoなどです。

対してDMMモバイルはドコモからIIJという会社が回線を借りており、その回線をIIJに借りているのでMVNEとなります。

IIJの回線を借りているサービスはDMMモバイル以外にも存在し、エキサイトモバイル、Hi-Ho LTEなどがそれに該当します。

MVNOとMVNEどちらが優れているかと断定するのは難しいですが、クッションを挟まないでドコモに回線を借りている事業者の方が自由度が高いのではないかと思われます。

逆に、LINEモバイルや、DMMモバイルはIIJやNTTコミュニケーションズに回線をワンクッション挟むような形になるので格安SIMのサービスは、はじめやすいもののドコモではなくIIJとの交渉になるので自由度は低いのかもしれません。

MVNO、MVNE速度は関係ないのかもしれない

一時期MVNO(ドコモに直接回線を借りる)だと速い、MVNE(中間会社を挟んで借りる)と遅い。

IIJから、OCNから借りているサービスはIIJ系、OCN系と呼ばれ速いと噂され・・・

管理人も関連性はあると思っていましたが、最近ではあまり関係ないという考え方が一般的です。

要するに高い金額を支払って、広い回線の枠を借りているサービスはMVNO、MVNE関係なく回線に余裕があって速い。
狭い枠しか借りていないサービスはユーザー数が増えると遅い。
それだけの話なのでしょう。

回線の品質について

LINEモバイル、DMMモバイルともに大きく分けるとドコモ系のサービスですが、回線の借り方やユーザー数が異なるため回線速度が異なります。

DMMモバイルは一昔前はIIJ系であり、回線の品質が高い!と言われていましたが、最近では他のサービスの品質が向上したりと最近では並みの格安SIMと言われています。

対してLINEモバイルに関してはサービス参入が最近ということもあるかもしれませんが、au回線を利用したUQモバイル、ソフトバンクの関連会社のYモバイルと並び3強と言っても過言ではない回線速度と言われています。

今後どうなるか断定はできませんが、LINEモバイルはコミュニケーションアプリLINEやNAVERまとめなど、スマホに密接に関連したサービスも提供しており、資金も十分にあるため比較的高い品質のサービスを継続できるのではないでしょうか。

DMMモバイルに関しても、自社のサービスとの提携等ありDMMモバイルユーザーが増えれば他のコンテンツサービスのユーザーを多少増やせるでしょうから多角経営の強みはあるものの、LINEモバイルの方が、コミュニケーションアプリLINEなど格安スマホ、格安SIMのユーザーのほとんどが利用しそうなサービスを持っているので有利であると感じます。

極端な話LINEモバイルで赤字、ちょっとしか利益がないにしてもLINE株式会社の他のサービスをみんなが利用してくれれば合計でプラスにもなりますからね。

速い遅いの基準

今までのスマホから格安SIMにすると遅くなったとおっしゃる方もいますし、今までと変わらないとおっしゃる方もいらっしゃいます。

遅い速いの基準として、速度計測アプリなどで計測し数値で遅い、速いという話をされる方もいますが、実際には使用してみて体感的に快適かそうじゃないかが重要ですよね。

一応速い遅いのボーダーラインとしては2Mbps、3Mbps常時出るかどうかが問題になってきます。

DMMモバイル、LINEモバイルどちらにしても速い時間帯はドコモと同等くらい速度が出る時間帯もありますが、格安SIMの弱点としてはモバイル回線を利用する人が多いお昼や夜9時ごろが鬼門となります。

DMMモバイルの場合は、お昼や9時頃になると2Mbps、3Mbps切ってしまうことが割とあるんです。
対してLINEモバイルの場合は2Mbps、3Mbpsを切りません。

そのため、LINEモバイルは体感的にドコモ、ソフトバンク、auと体感的に変わらず速いと思われる方が多いです。
LINEモバイルと同じように、au回線を利用したUQモバイルやソフトバンクの子会社であるYモバイルも体感的にドコモ、ソフトバンク、auなどと体感的に変わらないと言われています。

ただUqモバイルはちょっとプランが複雑だったり、Yモバイルは基本2年縛りプランがありますから一番LINEモバイルがとっつき易いと言えます。

DMMモバイルにしても混雑時間を避ければなかなかに速いため、仕事の休憩時間が12時台ではない方なんかは一番速度が遅くなりやすい時間帯も気にならない場合もございます。

両社のプラン

LINEモバイルのプラン

・LINEフリープラン

キャリア 回線 プラン 1GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSなし 500円
SMSあり 620円
音声 1,200円

・コミュニケーションフリープラン

キャリア 回線 プラン 3GB 5GB 7GB 10GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSあり 1,100円 1,640円 2,300円 2,640円
音声 1,680円 2,220円 2,880円 3,220円

LINEモバイルはSNSのカウントフリー機能のあるSIMです1GBプランですと、コミュニケーションアプリLINEが使い放題。
3GB~のプランですと、LINE以外にも、Facebook、ツイッター、インスタグラムなどが使い放題となります。

カウントフリー機能のあるSIMは他社でもありますが、LINE、Facebook、ツイッター、インスタなどSNSのカウントフリーは格安SIM業界初の試みですね。

LINEモバイルはLINEの年齢認証が可能

格安SIMの宿命として、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホだとできるLINEアプリの年齢認証ができないという弱点があります。
なぜ、年齢認証ができないかというと、番号のデータ管理の大元はドコモ、au、ソフトバンクが行っており、格安SIMサービスの提供会社には行えません。

そのため格安SIMで年齢認証を行おうとしても、年齢認証をクリアすることができないということになります。

しかしLINEモバイルの場合はLINEアプリの大元であるため、LINEモバイルユーザーの年齢認証を行うことができます。
年齢認証なしでも、LINEを使うことができますが・・・
・ID検索が利用できない
・LINE@が使えない
等の機能制限がかかるので不便と感じる方も多いでしょう。

LINEモバイルは格安SIMとしては反則的?に年齢認証が可能なんです。

カウントフリー機能は高くない

キャリア 回線 プラン 3GB 5GB 7GB 10GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSあり 1,100円 1,640円 2,300円 2,640円
音声 1,680円 2,220円 2,880円 3,220円
DMMモバイル SMSあり 1,000円 1,360円 2,010円 2,340円
音声 1,500円 1,910円 2,560円 2,890円

カウントフリー機能がついているとその分月額に上乗せされているんじゃ?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、カウントフリーだからといってLINEモバイルの月額は他社と比較しても大して高くないです。

SNS使い放題がついて・・・最安値級のDMMモバイルと比較しても差額は100円~300円くらいですからね。
SNSの利用頻度によりますがズバリお得になる方が多いと言えます!

DMMモバイルのプラン

・シングルコース

プラン SMSなし SMSあり 音声
ライト 440円 590円 1,140円
1GB 480円 630円 1,260円
2GB 770円 920円 1,380円
3GB 850円 1,000円 1,500円
5GB 1,210円 1,360円 1,910円
7GB 1,860円 2,010円 2,560円
8GB 1,980円 2,130円 2,680円
10GB 2,190円 2,340円 2,890円
15GB 3,600円 3,750円 1,300円
20GB 4,980円 5,130円 5,980円

・シェアコース

SIM 容量 月額
データSIMのみ最大3枚 8GB 1,980円
10GB 2,190円
15GB 3,600円
20GB 4,980円
通話SIM1枚+データSIM最大2枚 8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 4,300円
20GB 5,980円
通話SIM2枚+データSIM最大1枚 8GB 3,380円
10GB 3,590円
15GB 5,000円
20GB 6,680円
通話SIM3枚 8GB 4,080円
10GB 4,290円
15GB 5,700円
20GB 7,380円

DMMモバイルは他社と比較して月額が安い!ことを売りにしています。

またプランの種類がハンパなく多い点も目を引きますね。

ネットのヘビーユーザーさんは安いが正義!という風潮が強いので、個人的にブロガーさんなんかに人気のあるイメージです。
またDMMモバイルはDMMポイントを貯めて、DMMのむふふかもしれない動画コンテンツなどに利用することが可能ですから、そちらの隠れ需要もあるのかもしれませんね。

家族や友人と1つの契約をシェアできるシェアコースというプランもあります。

スマホもタブレットも両方使うよという人にはうれしいプランですし、個人で使っていて家族も一緒に使ったらお得になる!と思った場合はシェアコースのプランに変更しても良いかもしれませんね。

まとめ

DMMモバイル、LINEモバイル共に人気の高いサービスですが、これから格安SIMを利用していくのであればLINEモバイルの方がオススメです。

ただし、昼間などの混雑する時間にインターネットをしない。SNSをあまり使わないという場合は、昼間通信速度が遅いにこまることもなく、DMMモバイルの方が安いのでDMMモバイルがおすすめです。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,