LINEモバイルかYモバイルどっちが良い?

      2017/06/19

lineymobile

こんにちは管理人です。

LINEモバイルとYモバイル共に知名度の高いサービスですね。

それで、LINEモバイルにするべきなのか、Yモバイルにするべきなのか悩んでいる方も多いようです。

というわけで、LINEモバイルとYモバイルの違いどっちが良いのか等まとめたいと思います。

LINEモバイル

linemobile

LINEモバイルはNAVERまとめや、コミュニケーションアプリLINEのサービスを提供するLINE株式会社の提供する格安SIMサービスです。

サービス開始は2016年9月からと比較的最近スタートしたばかりのサービスですが、天下のLINE様?の提供するサービスということで注度もかなり高いです。

LINEモバイルはドコモのMVNO

格安SIMサービスを提供する事業者はMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれます。

仮想移動体通信事業者とは、自社で設備を持っていないもののお客さんに通信サービスを提供できる会社のことです。

格安SIMはドコモ系サービス、au系サービスが主流でありLINEモバイルの場合はドコモの回線を借りてサービスを提供しているのでドコモのMVNOです。

ドコモの回線を利用しているため、ドコモのスマホやSIMフリースマホがあればLINEモバイルのサービスを利用することが可能です。

auの回線を利用したau系のサービスを利用すればauのスマホがそのまま利用できます。

ソフトバンク回線のサービスは今のところ厳密にはないです。

ソフトバンク回線を使った格安SIM

Yモバイル

ymobile

Yモバイルはソフトバンクの関連会社Yモバイルの提供するサービスです。

元々、100円パソコン、ポケットWi-Fiなんかで一世を風靡したイーモバイルや通話料が安いPHSウィルコムの経営が上手く行っていなかったことに目をつけてソフトバンクが吸収して、ソフトバンクの子会社としてスタートしました。

イーモバイルの名残りから、Yモバイルのサービスがスタートしたての頃はポケットWi-Fiなどモバイルルーターの販売にも力を入れていいましたが、auの関連会社UQコミュニケーションズのWiMAXサービスの方が勢いがあったため今は月額の安いスマホのサービスに力を入れています。

Yモバイルは格安スマホではない

Yモバイルは月々の料金がドコモやau、ソフトバンクと比較して安くなるスマホとして考えればYモバイルも格安スマホと言えないこともありませんが、LINEモバイルのようにドコモに回線を借りて・・・というようなMVNO方式でサービスを提供しておりません。

Yモバイルは、親会社のソフトバンクの回線や旧イーモバイル、ウィルコムの回線を利用したサービスになります。

そのため、Yモバイルは一般的に格安スマホ、格安SIMというカテゴリーからは除外されます。

なぜYモバイルが独自路線かと言うと、ソフトバンク社が格安SIMのサービスに反対だからでしょう。

ソフトバンクとしては、ソフトバンクとYモバイルの2段構えで十分だという方針です。

ソフトバンクを1軍だとすると、Yモバイルは2軍的な存在で、例えるならばユ〇クロとジー〇ーみたいな関係です。

対して格安SIM、格安スマホはOEM製品に近い所があります。

例えばカ〇ビー社がポテトチップスをカ〇ビーの商品として製造販売しつつも、セ〇ンイレブンやファ〇リーマートのオリジナルポテトチップス商品を作っているような感覚ですね。

あくまでもたとえ話です。

総務省的としては、ドコモ、au、ソフトバンクがインフラ(公共性のある電波)を独占して利益をあげるのは民間企業なのに不公平だ!という考え方の元格安SIMサービスがはじまったので、ソフトバンクも格安SIMをやってほしいというプレッシャーはあり、最近ソフトバンクの格安スマホも開始しました。

ただソフトバンクは基本賛成ではないので、ソフトバンクの回線ではなくソフトバンクの子会社であるYモバイルの回線を提供する形を取っています。

格安SIMの魅力の1つは今までのスマホが使えることだが・・・

LINEモバイルに関してはドコモの回線を利用していますからドコモで購入したスマホが使えます。
またmineoなどau系のサービスを申込めばauのスマホがそのまま使えます。

しかし、Yモバイルを申込んでもソフトバンクのスマホは使えません。

ソフトバンクユーザーとしてはYモバイルでソフトバンク使いたい。

もしくはソフトバンクスマホがそのまま使えるソフトバンク回線を利用した格安SIMが出てほしいという声が多いですが、先ほど書いたようにソフトバンクは格安SIM反対。

2年縛りがあった方が利益があがるし、お客さんに端末をお安く還元できるという考え方なので各方面から強い圧力がかからないとソフトバンクの格安SIMは出ないと考えられます。

もしくは出たとしても条件付きであると考えられます。

確かにYモバイルは端末セットだと安いです。2年縛りはありますが。

前置き?サービスの方針?の解説が長くなりましたがLINEモバイル、Yモバイルのプラン等解説したいと思います。

LINEモバイル、Yモバイルのプラン

LINEモバイルのプラン

・LINEフリープラン

キャリア 回線 プラン 1GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSなし 500円
SMSあり 620円
音声 1200円

※LINE使い放題

・コミュニケーションフリープラン

キャリア 回線 プラン 3GB 5GB 7GB 10GB
LINEモバイル ドコモ回線 SMSあり 1,100円 1,640円 2,300円 2,640円
音声 1,680円 2,220円 2,880円 3,220円

※LINE、ツイッター、Facebook、Instagram使い放題

LINEモバイルには、LINEフリープラン(1GB)とコミュニケーションフリープラン(3GB~7GB)がございます。

LINEフリープランはLINEのパケット通信がカウントされませんし、コミュニケーションフリープランはLINE,ツイッター、Facebook、インスタグラムのパケット通信がカウントされないというカウントフリー機能が付いております。

LINEモバイルに限らず格安SIMは通話料が20円/30秒と若干割高なのがデメリットですが、楽天の通話アプリ楽天でんわを利用することにより通話料を10円/30秒に節約することは可能です。

格安スマホは通話料が高い?通話料を安くする方法もあるヨ!

端末セットが安い

LINEモバイルでは端末セットでの申し込みが可能です。

他社でも同じように端末セットで申し込みできるサービスは多いですが、LINEモバイルは気合が入っているためか端末の割引が多く最安級です。

Yモバイルのプラン

・通常プラン

キャリア プラン名 月額 プラン内容
Yモバイル スマホプランS 2,980円 10分間の無料通話(300回)+1GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 3,980円 10分間の無料通話(300回)3GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 5,980円 10分間の無料通話(300回)+7GBのデータ通信(2年)


・iPhone5sプラン

キャリア 条件 プラン名 月額 プラン内容
Yモバイル 新規・MNP スマホプランS 2,138 10分間の無料通話(300回)+2GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 3,218 10分間の無料通話(300回)6GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 5,378 10分間の無料通話(300回)+14GBのデータ通信(2年)
ソフトバンクからMNP スマホプランS 3,218 10分間の無料通話(300回)+1GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 4,298 10分間の無料通話(300回)3GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 6,458 10分間の無料通話(300回)+7GBのデータ通信(2年)

※2年目~+1,080円

Yモバイルは基本のプランがありますが、端末セットだとお得です。

新規、ドコモ回線、au回線からのMNPはお得で、ソフトバンクからのMNPは少し条件が悪いですね。
ソフトバンクの関連会社だからというのが理由でしょう。

iphone5pic

ちなみにau系のサービスUQモバイルもiPhone5sの販売を行っていますので5sをお得に使いたいソフトバンクユーザーさんはUQモバイルの5sが条件が良いですね。

Yモバイルは通話料が安い

Yモバイルは、格安SIM勢と違い、通話料が安いことを売りにしています。10分以内の通話であれば300回まで無料で利用可能です。(2017年2月から回数無制限になる。)
また、+1000円/月額のスーパー誰とでも定額を適応することにより時間回数無制限でかけ放題になります。

2年縛りがある

YモバイルはLINEモバイルと違い2年縛りがあります。
長く使うから安くできるという方針なので格安SIMと比べると自由度は少し低いですね。

通信品質について

格安SIMはドコモやau、ソフトバンクと比較して回線速度が遅いと言われています。

管理人はmineo(マイネオ)使っていますがお昼ちょっと遅いです。
※あんまりネットを使わないライトユーザーなら気にならないと思いますが。

これは、ドコモやauの回線の一部を、格安SIMの提供会社が借りているので多少しょうがない部分ではあります。

それで、LINEモバイル、Yモバイルの回線はどうかというと格安SIMサービスが様々ある中でも比較的優秀な回線であり、遅いと感じる人が少ないです。

LINEモバイルに関しては、予算があるので回線の枠に余裕を持たせて借りていると考えられます。また、Yモバイルはソフトバンクの関連会社なので融通が利くため高速なサービスを提供できています。

厳密に言うとLINEモバイル、Yモバイル共にドコモ、ソフトバンク、auよりも遅いですが、一定以上のスピードが常時出ていれば、普通に使う分には体感的に速度は変わらないんです。

例えば5Mbpsだろうが、80Mbpsだろうが使う人的にはほぼ同じです。

データの大きいアプリや動画をダウンロードする時に早いか遅いか変わってくるだけですね。

ただ、0.3Mbpsとかになってくると遅いと感じます。1Mbps~3Mbps出ていればそこまでストレスは感じません。

話しが長くなりましたが、LINEモバイルもYモバイルも普通に速いという話でした。

どっちが良いのか

ドコモで使っていた端末をそのまま使いたいのであればLINEモバイルがオススメです。

また、ソフトバンクからMNP(番号そのまま乗り換え)する場合も、Yモバイルの条件はあまり良くないのでLINEモバイルが良いと思います。

ドコモ、auを使っておりもう端末も古いし、新しい端末が使いたいとお考えの方でしたらYモバイルはなかなか条件が良いのではないでしょうか。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,