mineo(マイネオ)、Yモバイルどっちが良いのか?

   

こんにちはmineo(マイネオ)ユーザーの管理人たつのすけ(仮)です。

mineo、Yモバイル共に人気のサービスですのでMNP(番号そのまま乗り換え)もしくは、新規で申し込むならどちらが良いのか迷っている方も多いかと思います。

月々のスマホ代がキャリアスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)と比べて安くなることには変わりないものの、サービスの路線がちょっと異なるので一概に比較を行うのが難しいサービス同士ですがいろいろな観点から比較してみたいと思います。

mineo(マイネオ)とは


mineo(マイネオ)は関西電力の関連会社であるケイオプティコム社の提供するサービスです。

ケイオプティコムはeo光というサービスを関西圏で提供しており関西の方には元々比較的知名度のあった会社でしたが、ケイオプティコムを全国的に広めたのはmineo(マイネオ)のサービスがあったからでしょう。

後程詳しく解説しますがmineo(マイネオ)はauの回線を利用したau系のサービス、ドコモの回線を利用したドコモ系のサービスを両方提供しております。

まずは、au回線を利用したサービスからスタートさせ後でドコモ回線を利用したサービスもスタートさせました。なぜau回線のサービスからスタートさせたかと言うと関西電力とauとのつながりが関係しているものと思われます。

メリットはドコモ、au両方対応している珍しいサービス(ドコモのスマホ、auのスマホがそのまま使える)であることと、キャリアスマホのように2年縛りがないこと。

またプランがわかりやすいこと、格安SIMなのでもちろん月額が安いなどがあげられます。その他パケットギフト、パケットシェア、フリータンクと言った機能などもございます。

デメリットは通信品質で勝負させた時時間帯によってYモバイルに劣るという点です。

Yモバイル


Yモバイルはソフトバンクの子会社Yモバイルの提供しているサービスです。

通話料が格安のPHSサービスとして人気があったウィルコムや、モバイルルーター(ポケットWi-Fi)のサービスで人気のあったイーモバイルがソフトバンクに吸収されてYモバイルは誕生しました。

基本的に2年契約のプランを提唱していることや、他社に回線を借りていないソフトバンクの子会社のサービスであり、ドコモやauに回線を借りていないことなどから正式には格安SIMサービスとカテゴリーされませんがスマホ代が格安になることから格安SIMと呼ばれることもございます。

Yモバイルの格安SIM全般と比較してのメリットは通話料が安いということ、回線の品質が3大キャリア並、スマホセットが安いことですね。

デメリットとしてはソフトバンクからの乗り換えはau回線、ドコモ回線からの乗り換え、新規契約と比べて条件が悪いこと。

また、2年契約があったり、ドコモ、au、ソフトバンクの端末が利用できないことです。

mineo(マイネオ)、Yモバイルの使用回線

格安SIMサービスはドコモ回線を利用したドコモ系、au回線を利用したau系に分かれます。

Yモバイルの場合は格安SIMではないのでYモバイル(旧ウィルコム+イーモバイル、更に対応していない場合はソフトバンクの回線で補う)のエリアで利用可能です。

mineo(マイネオ)はドコモ端末、au端末が使える


mineo(マイネオ)はドコモ回線を利用したサービス、au回線を利用したサービスの両方を提供しています。

ドコモ回線を利用したドコモ系のサービスを申込めば、今まで利用していたドコモのスマホ、タブレット、モバイルルーターなどがドコモエリアでそのまま利用可能です。

またau回線を利用したau系のサービスを申込めば、今まで利用していたauのスマホ、タブレット、モバイルルーターなどがauエリアでそのまま利用可能です。

Yモバイルは今までの端末は使えない

yモバイルはソフトバンクの子会社のサービスですが、ソフトバンクとYモバイルのSIMは同じものでなく対応がありませんその為、ドコモ、auの端末はもちろん使えませんし・・・今までソフトバンクで利用していたスマホ、タブレット、モバイルルーターをYモバイルで使うことは基本的にできません。
※SIMロック解除をした端末であればドコモ、ソフトバンク、auの端末も利用可能です。

ソフトバンクが格安SIMに参入しない理由

格安SIMはドコモの回線を利用したサービスが多いです。

これはなぜかというとドコモが比較的格安SIMサービスに前向きだからです。

前向きと言うよりもNTT自体が元々国営企業であったため総務省との絡みで、元々公共の電波だから他の会社にも開放しなさい!という話が出てきましてドコモは参入せざるを得なくなり回線を使ったドコモ系サービスが多く出てきました。

auに関してはそこまで賛成ではないが反対でもないようなソフトバンクとドコモの間くらいのポジションでして、au系の格安SIMサービスは少ないです。

ソフトバンクは、格安SIMに対して前向きではなく・・・ソフトバンクとYモバイルで間に合っているので格安SIMサービスには参入する気はないといった雰囲気ですね。

ソフトバンクは国営でない完全に民間企業であるものの、3大キャリアに成り上がった企業なので総務省的にも説得しづらいですし、2年縛りがあるからこそスマホ本体代が安くなるという言い分ですね。

※確かにiPhone7などの最新機種はドコモよりもたくさん本体を売っているソフトバンクで購入した方が安いです。

ドコモは格安SIMの提供会社に回線を開放したことも関係してか?現状iPhone7の値段がソフトバンクより高いですし、このまま格安SIMが普及すればするほど格安SIMを選択肢に選ぶ方も増えていくことでしょうからドコモのiPhoneがどんどん高くなるということは考えられます。(2年契約はあるので+月々の料金はかかります)

せめてソフトバンク端末をYモバイルで使えるようにしても良いと思うのですがそれを行わないのもソフトバンクの方針ですね。

ソフトバンクの方針はドコモと真逆でアンチ?格安SIMなので、ズルいという声もありますが端末代を安く提供できるのは事実ですし利益を追求するのが民間企業なので何とも言えません。

mineoとYモバイルのプラン

・mineo(マイネオ)のプラン

au回線

キャリア 回線 プラン 500MB 1GB 3GB 6GB 10GB
mineo au SMSなし 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
SMSあり
音声 1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円

ドコモ回線

キャリア 回線 プラン 500MB 1GB 3GB 6GB 10GB
mineo ドコモ SMSなし 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
SMSあり 820円 920円 1,020円 1,700円 2,640円
音声 1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

mineo(マイネオ)はドコモ回線、au回線を利用したプラン両方を提供していますが、申し込みできるプランのバリエーションは同じです。

※ただし通話アリプラン(音声)の場合ドコモプランが90円/月額高くなります。

格安SIMサービスはプラン数が多すぎたり(DMMモバイルなど)、プランが逆に少ない、もしくは変則的なサービス(UQモバイルなど)もありますがmineo(マイネオ)の場合はかなりわかりやすい部類ですし、ドコモ回線、au回線両方とも申し込めるので格安SIMよくわからないと言う人でも非常に申し込みやすい&周りの人に勧めやすいと感じます。


・Yモバイルのプラン

基本

キャリア プラン名 月額 プラン内容
Yモバイル スマホプランS 2,980円 10分間の無料通話(300回)+1GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 3,980円 10分間の無料通話(300回)3GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 5,980円 10分間の無料通話(300回)+7GBのデータ通信(2年)

※2年目~+1,000円

MNP、新規の場合

キャリア プラン名 月額 プラン内容
Yモバイル スマホプランS 1,980円 10分間の無料通話(300回)+2GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 2,980円 10分間の無料通話(300回)6GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 4,980円 10分間の無料通話(300回)+14GBのデータ通信(2年)

※2年目~+1,000円

ソフトバンクからMNP

キャリア プラン名 月額 プラン内容
Yモバイル スマホプランS 3,980円 10分間の無料通話(300回)+1GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 4,980円 10分間の無料通話(300回)3GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 6,980円 10分間の無料通話(300回)+7GBのデータ通信(2年)

Yモバイルのプランも比較的わかりやすい内容となっております。

しかし、今まで使っていた大手キャリアのスマホは使えないので、端末新規購入(Yモバイルの端末)が前提となります。
※Yモバイルの端末はYモバイル専用となりますが2015年5月以降に販売された機種でしたらSIMロック解除でSIMフリー化することも可能ですので、Yモバイルを2年使った後はSIMロックフリーサービスに移行するのも可能。
※SIMカードだけの契約はできるものの、ドコモ、au、ソフトバンクのスマホをそのまま利用することができないのでSIMフリースマホを既に持っているもしくは

そのため、端末同時購入が絡んできて、月々の料金が+端末代と言う形になります。

Yモバイルは端末の割引率が他の格安SIMサービスに比べて高いため、例えば今Yモバイルで人気のiPhone5sですと機種代込であっても1980円~/月額ご利用可能です!

また、Yモバイルはソフトバンクの端末を使うことはできないもののソフトバンクと関連会社であるため、ソフトバンクからの番号そのまま乗り換えはauやドコモ回線からのMNPに比べて条件が悪いですね。

新規、MNPだとかなりお得

ドコモ、au回線のサービスもしくは新規でYモバイルを申し込みされる場合はパケット2倍が適応されます。

そのため・・・

2GBプランを1,980円~/月額
6GBプランを2,980円~/月額
14GBプランを4,980円~/月額
※すべて10分間の無料通話つき。2年目~全プラン+1,000円でご利用可能です。

しかも先ほど書いたように月々の割引適応でiPhone5sなどは頭金108円だけ+プランの料金だけでご利用可能です。

mineoの料金と比較

mineo(マイネオ)には2,190円/月額の6GBプランがあります。

Yモバイルの新規、乗り換えのプランは1年目2,980円/月額で、2年目3,980円/月額です。

平均すると、3,480円/月額です。

Yモバイルの2年間の平均月額3,480円-mineoの月額2,190円=1,290円の差額となります。

1,290円×2年=30,960円ですので2年間でYモバイルが30,960円高い計算になりますが・・・

この30,960円にはiPhone5sの端末代も含まれますし10分間の無料通話/毎月も含まれます。

mineoには850円/月額で5分間の無料通話オプションがあり、2年間使ったと考えると20,400円となります。

これを考えるとYモバイルの新規 or MNPはiPhone5sが約1万円で手に入る計算になりますね!!

回線の速度

回線の速度を比較すると、Yモバイルの回線の方が安定性があるとされております。

管理人はmineo(マイネオ)ユーザーで基本的にmineo(マイネオ)のサービスに満足はしているものの、時間帯によって速度低下が若干あるのは否めません。

これはYモバイルがソフトバンクの関連会社であり2年契約が前提であること。

mineo(マイネオ)は他社に回線を借りており、2年縛りがないことから多少はしょうがない部分であると感じます。

個人的に平日のお昼はmineo(マイネオ)は苦戦するものの、それ以外の時間帯はドコモ、au、ソフトバンクなんかと体感的に変わらない。

Yモバイルは利用していませんが、どの時間帯もドコモ、au、ソフトバンクと体感的に変わらないと言えるのではないでしょうか。

通話オプション等

Yモバイルのメリットはなんと言っても070、080、090番発信による10分間の無料通話が付いている点です。

またプラス1,000円/月額のオプションに加入すれば時間無制限で話し放題になるのもポイントですね。

対してmineo(マイネオ)の場合は、20円/30秒の通話料ですので1時間に換算すると2400円となりちょっと割高です。

楽天でんわ(楽天モバイルの提供する他のサービス利用者でも無料で利用できるアプリ)などの通話アプリを利用すれば10円/30秒の半額になるので1200円/時間でも利用可能です。

またmineo(マイネオ)は2017年3月より月額850円で5分の通話が無料になるサービスが開始しそちらを申し込むことで通話料を安くすることが可能です。

また、友人間の通話でしたらLINEの無料通話などを使うことが割と一般的なので、仕事用などでなければ070、080、090番号を使った通話にこだわる必要はないかもしれませんね。

まとめ

ドコモ、auのスマホをそのまま使いたい方はmineo(マイネオ)がオススメというかYモバイルでは使えません。

ドコモ、auの機種を長く使っていて、機種が傷だらけ、バッテリーがヘタるなどで新しいのに変えたいのであれば2年縛りにはなりますがYモバイルの方が機種代を含めお得です。

ソフトバンクからの乗り換えの場合、Yモバイルはauやドコモからの移行、もしくは新規よりも条件が悪い(ソフトバンクの関連会社からなのであまりソフトバンクから乗り換えてほしくない?)ので、あまりオススメできません。

ソフトバンクからの乗り換えでYモバイル的なサービス(2年縛りがあっても良い。通話も良くする。)のであればUQモバイルの2年プランが比較的Yモバイルに似ているのでオススメです。

 

それらのことを関係なしに比較すると・・・
通話、パケット通信を良くする。新しく機種を新調したい。2年縛りでも良い。という方はYモバイルがオススメです。

対して通話、パケット通信をあまり利用しない。今まで利用していたドコモスマホ、auスマホを活用したい。もしくは2年縛りがわずらわしいという方はmineo(マイネオ)がオススメです。


格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,