mineo(マイネオ) 楽天モバイルどちらがオススメ?比較してみました

      2017/01/15

uqmineo
こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

管理人は、mineo(マイネオ)の格安SIMをiPhone6(au)で使用し、楽天モバイルで買った格安スマホARROWS M02(RM02)の楽天限定のゴールドカラーを楽天モバイルのSIMで使用しています。

というわけで両方使っている管理人が、mineoか楽天モバイルどちらがオススメなのか比較します!

とその前に・・・

管理人がiPhoneもアンドロイドも使う理由

ちなみになぜ、iPhone6と、ARROWS M02の両方を所有し使っているかをご説明します。

スティーブ・ジョブズが天国に行ってしまった今、アップルはアップルではなくなったから!とは言いませんよ(笑)

iPhoneは慣れていますし、使いやすいので好きなんですが・・・なんだかんだ高価なのでiPhone7、iPhone8と発売されても買い続けられるのか?ずっと使うのかと考えた時に機種代が普通にもったいないと感じました。管理人はHey Siriも使いませんしね。

普通にネットサーフィンと、動画見るのと、音楽聴くのと、メールやライン、たまに電話くらいですからね。

だったら、ほどほどの性能の格安スマホで十分ではないかと思ったわけで、入門用としてアンドロイド機種のARROWS M02を購入してみたというわけです。

電池の持ちは良いし、防水だからお風呂で使えるしとM02は良いですね。
音質は明らかにiPhoneが良いですけどね・・・
また、後日まとめたいと思います。

それでは本題に入ります。

mineoとは

関西電力の関連会社ケイオプティコム社が2014年6月より開始した格安SIM、格安スマホサービスです。

格安SIMサービス以外にはeo光という光インターネットサービスやeo電気といった電力自由化の小売電気事業などを展開しています。

全国的にeo光、ケイオプティコムと言ってもピンとこない方も多いかもしれませんが、関西地区でeo光はかなりのシェアを誇っており、そのためフレッツ光のシェアが関西地区は少ないとかなんとかです。

格安SIM、格安スマホサービスと言えばドコモの回線を借りたいわゆるドコモ系のサービスが多いですがmineoはドコモ回線のサービス、au回線のサービス両方を行っております。

元々関西電力がauと仲が良いためなのか?au回線を使ったサービスとしてスタートしましたが、シェア拡大やユーザーのニーズに合わせて両方の回線が使えるようになりましたね。

今ではIIJmioや四国電力関係のFiimo(フィーモ)のサービスなどもドコモ回線、au回線両方のサービスを提供していますがmineo(マイネオ)が2刀流格安SIMサービスのパイオニアです。

楽天モバイルとは

楽天モバイルは、楽天市場や楽天カードでおなじみの楽天の手がける格安SIM、格安スマホサービスです。

サービス開始時は業界の雰囲気を掴めていなかったためか回線の品質が悪い!等の酷評もあり安かれ悪かれのサービスだとのバッシングもありましたが、今ではお客様満足度の高い優良サービスとして人気が高いです。

プランがわかりやすく、楽天がやっているサービスだからという安心感もありますが物販に強い楽天のサービスなので端末(格安スマホ本体)をお客さんに安く提供できるという強みがあります。しかも取扱い端末の種類も豊富。

auの回線ではなくドコモの回線を利用したサービスですのでドコモで契約したスマホがそのまま利用できます。

auのスマホをそのまま使うことはできません。

ソフトバンクのスマホはどうなるの?

2017年1月現在ソフトバンクの回線を利用した格安SIM、格安スマホサービスはございません。
(ソフトバンクの子会社のYモバイルの回線を利用したサービスはある。)

そのため残念ながらソフトバンクのスマホをmineo(マイネオ)や楽天モバイルで使うことは不可能です。

ただし2015年5月以降の機種(iPhoneの場合iPhone 6s以降)はショップにてSIMロック解除をしてもらうことが可能であり、SIMロックの解除を行えばドコモ、ソフトバンク、au関係なくどのキャリアでも通信を行うことが可能です。

mineo(マイネオ)も楽天モバイルも両方良い

結論から書きますと、mineo(マイネオ)も楽天モバイルも両方良いです。

格安SIM、格安スマホは初めてだという方でしたらどちらを契約してしまっても良いかなと思います。

管理人は、安心感がありそうという理由と、持っていたiPhoneがauのものだったのでau回線で利用できるmineoを契約し、格安スマホARROWS M02(RM02)の限定カラーゴールドが欲しかったので楽天モバイルの契約もしましたからね。

ですが、個別のサービス紹介記事でも書きましたが、両方ともに良い部分悪い部分がありますのである程度慎重に選びたい方のためにもご紹介させていただきたいと思います。

取扱いしている端末の違い

mineo(マイネオ)の取り扱い端末

mineo(マイネオ)では、当サイトオススメのARROWS M02の限定色ピンクの販売が行われております。その他50,400円と高価な端末になりますがアクオスSHL25や、京セラの機種の販売が行われております

・Arrows m02(富士通)
・LUCE(京セラ)
・DIGNO M(京セラ)
・AQUOS SHL25(シャープ)

4機種だけですので、選択肢は少ないですね。

以前は、ARROWSのM02の前身機種M01なんかの取り扱いはありましたが、性能的にあまり良くなく、アクオスは高価、京セラは通好みという感じで、ズバリ買いな端末がなかったわけですが、M02が登場し、しかも限定カラーの取り扱いもあるので親しみやすい端末と親しみやすいサービスの組み合わせということで以前にも増して人気が出てきたように感じられます。

楽天モバイルの取り扱い端末

楽天モバイルの取り扱い端末はかなり豊富です。
また、人気がある格安スマホを国内、海外メーカー問わずしっかり押さえてラインナップしております。

代表的な端末を紹介しますと・・・

・RM02(シャープ)
・RM02(富士通)※M02と同じです。
・zenfone2 laser(ASUS) ※楽天限定の8GBモデルも取扱い
・xperia j1 compact(SONY)

これらは格安スマホ(SIMフリースマホ)ランキングによく上位にランキングされていますね。楽天ではM02がRM02となっていますが、中身は変わりありません。

楽天限定のゴールドカラーが販売されています。

端末セットは楽天の方がお得な場合が多い

楽天モバイルは楽天市場での実績があるため物販の販売を得意としています。

端末メーカーとの仲も比較的親密なためか、取扱い端末も多いですし格安スマホ本体が最安クラスで購入できるサービスであります。

対してケイオプティコムは、今まで商品の販売でなく通信関係の事業で業績をあげてきた企業なので楽天よりも端末の販売価格が不利になるというデメリットはあります。

そのため楽天と比較すると販売端末が少ないですし、割引やキャッシュバックも少し控えめという印象ですね。

mineo、楽天モバイルのプランの違い

回線 プラン 容量     
ベーシックプラン 500MB 1MB 3MB 5GB 10GB
mineo(au)  通話なし × 700円 800円 900円 1580円 2520円
通話あり × 1310円 1410円 1510円 2190円 3130円
mineo(docomo)  通話なし × 700円 800円 900円 1580円 2520円
通話あり × 1400円 1500円 1600円 2280円 3220円
楽天モバイル   通話なし 525円 × × 900円 1450円 2260円
通話なし(SMSつき) 645円 × × 1020円 1570円 2380円
通話あり 1250円 × × 1600円 2150円 2960円

※「×」はプランがない場合に記載。
※SMSつきは、ショートメッセージ機能のことでmineo(マイネオ)は無料。
※楽天モバイルの3GBプランは3.1GBのプランです。

楽天モバイル、mineo(マイネオ)共に一般的な格安SIM、格安スマホのプランを提供しております。格安SIM、格安スマホサービスの提供会社によっては、プランがめちゃくちゃ少ない、自分に合ったプランが選べないといったサービスもございますが、mineo、楽天モバイルともに程よく選択肢があり、ビギナーの方も申し込みやすいのではないでしょうか?

料金も高すぎず、安すぎずで、mineo(マイネオ)、楽天モバイル共にそこまで変わりませんね。

ちなみにmineo(マイネオ)同様au系の回線が利用できるUQモバイルなんかは、プランが2種類しかございませんので選びにくく、ビッグローブなんかも3種類しかないので若干選びにくいと感じます。

表にするとわかりにくいので簡単に補足

表にすると、具体的にどこがどう違うのかわかりづらいですよね。
一言で言うと、mineo(マイネオ)も楽天モバイルもほとんど変わりません。

5GBプラン、10GBプランを選んだ場合mineoのドコモプランが若干割高なのかなといった印象です。

mineo、楽天モバイルの速度と制限

格安SIM、格安スマホは料金が安くなる代わりにキャリアのスマホよりも品質は若干劣ります。(個人的には安くなることを考えると全然目をつむれる範囲内ですが。)

それで、mineo(マイネオ)にも、楽天モバイルにも速度や制限等で、au、ソフトバンク、ドコモと比べて弱点があるのでご紹介します。

両方使っている管理人的に各々ここがネックだなと言うポイントがあるのでご紹介します。

楽天モバイルは○日間〇GB制限が若干きつい

楽天モバイル紹介記事で詳しく書きましたが、3.1GBに申し込んだ場合は540MBを3日間内に利用すると、速度制限がかかる場合があります。

5GBプランの場合は1GB以上を3日以内に使うと速度制限がある場合がございますね。

ただし、その反面なのか、格安SIM、格安スマホでありがちなお昼の速度が遅くなるといったデメリットがないのがポイントです。

それなりに使うのであれば全然問題ない

それなりの価値観は人それぞれですが、Youtube動画や、動画サイトでアニメや映画などをスマホの回線で頻繁に見る習慣がなければ楽天モバイルの規制にはひっかからないと思います。

もしかしたら、今後良く見るかもとお考えでしたら、追加でWiMAXなどのモバイルルーターを持てば対策を行えますね。

また規制の厳しくない会社のSIMに乗り換えるのも良いでしょう。mineo(マイネオ)の場合は3日間で3GB以上使うと制限ですのでかなり緩いですし、ビッグローブスマホは制限なしで利用可能です。

管理人は動画はたまにスマホの回線で観る。アップルの音楽配信サービスアップルミュージックで、音楽のストリーミング再生は頻繁に行いますが、音楽データの容量でしたら問題なく利用できています。

mineo(マイネオ)はお昼に遅くなる

mineo(マイネオ)は基本的に快適に使える格安SIMを提供していますが、格安SIMの宿命なのかお昼の時間帯はインターネットの速度がけっこう遅くなります。

平日の昼間なんかに、Wi-Fiの回線ではなく、格安SIM回線でがっつりインターネットを楽しみたい方には不向きかもしれません。

そうでないのであれば、他の時間は割と満足がいく回線速度でご利用可能ですね。

月額よりも快適に使えるかどうかが問題

いくら毎月100円安くても、全然快適に使えないようでは意味がありませんよね。

mineoにしても、楽天モバイルにしてもドコモ、au、ソフトバンクといった3大キャリアと比較すると、快適度は若干下がってしまいます。月額が安くなるので無理もないところですね。

mineo(マイネオ)、楽天モバイル個々のオプションサービス

mineo(マイネオ)、楽天モバイルにはプランの違い、速度の違い、取扱い端末の違い等ありますが、個々でのキャンペーンや施策、便利機能もございますのでご紹介いたします。

mineo(マイネオ)

・コミュニティサイト
・lalaコールが無料
・パケットを分け合える
・au回線が利用可能

 

コミュニティサイト

mineo(マイネオ)はmineo(マイネオ)ユーザー同士で交流が行えるマイネ王というサイトを運営しています。

ですから、mineo(マイネオ)を使っていてわからないことがあったらすぐに聞けますし、今までの過去の質問や答えを見ることができるので、格安SIM、格安スマホ初心者にはやさしいと感じます。

また、書き込みがオープンなので、ちゃんとしたサービスを提供しているという安心感がありますね。

lalaコールが無料

mineo(マイネオ)のサービスを運営するケイ・オプティコム社は050番号から発信できるlalaコールというサービスを行っております。
mineo(マイネオ)ユーザーであれば、lalaコールのサービスが月額基本料100円が無料でご利用可能です。

通話ありSIMを契約し、090番号、080番号での電話発信を行うとお考えの方には不要かもしれませんが、30秒8円で通話が行える050番から発信が行える、IP電話サービスを利用したい方はmineo(マイネオ)を選ぶとお得ですね。

パケットが分け合える

mineo(マイネオ)にはユーザー同士でパケットが分け合えるパケットギフトと言うサービスがございます。これは家族だけでなくお友達や恋人同士でのパケットも分け合えるんです。通常パケットシェアと言えば同じ契約どうしの家族限定になりがちですが、mineoの場合は幅広くパケットをあげたり。もらったりすることができるんです。

au回線が利用可能

mineo(マイネオ)はドコモ回線を利用したサービスの提供を行っていますが、au回線を利用したサービスの提供も行っています。これは今まで持っていた機種がauのものであれば、mineo(マイネオ)のSIMで使えるということなんです。

また、auの回線を利用した格安SIM、格安スマホサービスは珍しいので、そのおかげで若干他社よりも混みにくくなりやすいと言われております。
mineo(マイネオ)で申し込む場合は、au回線を選ぶことをおすすめします。ちなみに他社(楽天モバイル含む)のサービスはmineoとUQモバ言う以外はドコモの回線を利用したサービスです。

楽天モバイル

・楽天でんわ5分オプション
・楽天会員はポイントが使える&たまる
・端末が安い、そしてポイントももらえる

 

楽天でんわ5分オプション

楽天モバイルでは、楽天でんわのサービスを運営しております。通常通話料20円/30秒が、10円/30秒でご利用できるサービスです。
ケイ・オプティコム社の運営する050番号発信で利用するサービスではなく、080、090の番号を利用しても10円/30秒と通話料が安くなるので、魅力的なサービスですね。

楽天でんわを使うだけでも通話料の節約が行えますが、楽天でんわ5分オプションに加入すると、月額850円で5分以内の通話がオール無料となるサービスが楽天でんわ5分オプションなんです。

楽天でんわ自体は他の格安スマホ、格安SIMサービスの申し込みでもご利用可能ですが、楽天でんわ5分オプションが利用できるのは、楽天モバイルユーザーだけなんです。
※090、080番号が発行される通話ありSIM限定のサービスです。

楽天会員はポイントが使える&たまる

楽天会員であれば今まで獲得した楽天ポイントを端末の購入に充てることができます。

さらに、楽天モバイルユーザーになれば楽天ポイントが、料金の支払い100円につき1ポイントたまります。

また、通話ありSIMの契約ユーザーさん限定ではありますが、楽天市場での買い物時、通常の買い物でつくポイント+1ポイントがゲットできるんです。

端末が安い、そしてポイントももらえる

楽天モバイルは取扱端末が多いことでも人気がありますが、それに加えて端末の料金が他社と比較して、安いのも魅力の1つです。端末代が安いというだけで他社よりも一歩リードしていますが、なんとさらに楽天モバイルで契約を行うと、3000円分~5000円分の大量の楽天ポイントがゲットできちゃうんです。

格安スマホのケースや保護フィルム、モバイルバッテリーの購入なんかに利用するにちょうど良いですね。もちろん、楽天市場のお買いものでご利用可能ですから、他の商品を購入も可能です。

M02の場合・・・
  mineo 楽天モバイル
端末代 32,400円 29,800円
ポイントプレゼント なし 4000ポイント
実質 32,400円 25,800円

mineo(マイネオ)でM02を購入した場合と、楽天モバイルでRM02(M02)を購入した場合の金額を比較すると・・・

端末が安い&ポイントがもらえることで約6600円ほど楽天モバイルが得をします。

しかしmineoもキャンペーンを行っている時もございますので、申し込みたいタイミングで内容をチェックすると良いでしょう。

まとめ

というわけで共に初めての格安SIM、格安スマホとしてはかなりおすすめなmineoと楽天モバイルの比較をさせていただきました。

・初心者にもかなりやさしいのはmineo(マイネオ)。
・動画をよく見るならmineo(マイネオ)。
・今まで使っていたauの端末を利用したいならmineo(マイネオ)。
・お昼快適に使いたいなら楽天モバイル。
・端末がお得にゲットできるのは楽天モバイル。
・通話もするなら楽天モバイル。

あとはその時々のキャンペーンによりますが、これらを基準に選ばれると良いのではないでしょうか。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) , ,