mineoよりもUQモバイルの方が速い?

   

uqmobilewimax

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

以前、mineoかUQモバイルどちらが良いのかという記事で、mineoか、UQモバイルどっちが良いかで言うと・・・総合的に見てmineoがオススメという記事を書きました。

しかし使い方や環境、格安SIMを利用する目的によってどちらが良いかは変わってきますし、速度で考えるとUQモバイルが良いかも!ただしデメリットはあるよということで・・・

速度が速いことでおなじみのUQモバイルはどんな人が選ぶと良いのかまとめたいと思います。

mineoとは

mineo(マイネオ)は、関西電力の子会社ケイオプティコムの提供するサービスです。

UQモバイルのようにau回線を利用したサービスを提供していますし、au回線でなくドコモ回線を使ったサービスの提供も行っております。

au回線、ドコモ回線両方のサービスを提供しているのは格安SIMサービスを提供する会社の中でもmineo(マイネオ)だけです。

また、他社格安SIM、格安スマホと比較し、パケット通信関連のオプションも充実しており、ちょっとした裏技??を使えば、月額最安値級のDMMモバイルよりもお得に使える等パケット通信の節約も行えますし・・・500MB、1GBプラン、3GBプラン、5GBプラン、10GBプランと必要十分なプランを取りそろえております。

その他コミュニティサイトをオープンに公開していることから、信頼できるサービスを提供していることがわかり初心者も安心して申し込めるサービスです。

他社の場合ですと、会社がしっかりしている。料金が安いなど表面的にしっかりしていても、情報の開示がオープンでなかったりするので申し込んだ後サービスが微妙だったという恐れもあるのですが・・・

良い情報、悪い情報も包み隠さず出しているのでmineo(マイネオ)は他社と比較して特に信頼できるサービスであると感じます。

そのため、当サイトでもオススメですし、加入者数が実際問題どんどん増えているんです。

UQモバイルとは

Uqモバイルは、UQワイマックスというモバイルインターネットサービスを主に提供する通信会社が提供している格安SIMサービスです。

実はこのUQモバイルという会社はauの子会社にあたります。

というわけで、UQモバイル=auのサービスではないですが、ほとんどauのサービスと言っても過言ではないでしょう。

後程解説しますが、UQモバイルは他社と比べると変わったプラン、パッケージングされたプランを提供しています。

例えばLTE規格の速度ではない通信容量無制限の500Kbpsプラン(LTEは200Mbpsという規格が一般的ですが、500Kbpsは0.5Mbps規格のプラン)を提供しています。

パッケージングされたプランはぴったりプランと言うプランで、無料通話と2GBのパケットがセットになったプランです。

また、LTE規格のプランも提供していますが、他社にあるような5GB、7GB、10GBのような大容量プランの提供をおこなっていません。

パッケージプランがある、大容量プランがない、無制限低速プランなど癖のあるプランは取扱いつつも普通なプラン(他社格安SIMが提供するようなプラン)がないことから癖のあるサービスなんですね。

UQモバイルの特徴はプランがへんてこりん(他社と比較して)ですが、回線の品質が抜群に良いことがメリットです。

初心者か、上級者というか比較的格安SIMとはなんぞやに精通している人で使い方にマッチする人にはすごく良いサービスと言えます。

UQモバイルのサービスが変わっている理由(多分)

これは、UQモバイルがうたっているわけではなくあくまで管理人の憶測ですが・・・

UQモバイルはauの子会社かつ、UQコミュミュニケ―ションズ自体がモバイルインターネットのサービスを提供しているため、関連のサービス同士で、客の取り合いをしたらマズイということから、auにも、UQワイマックスにも迷惑かけないようなサービスを提供しているからだと思います。

他社格安SIMはとにかくお客さんを獲得したい、利益が出つつ他社に負けないサービスを提供するというスタンスですが、UQモバイルの場合上記のように特殊なプランを提供しており、攻めのサービス(とにかくお客さんを獲得する)というよりも守りのサービス(他社にお客さんを取らせない?)といった方がしっくりくる感じですね。

それゆえに、他社のように大げさな広告は打たないもののサービスを知ってもらって質で勝負する。

口コミで徐々に顧客を増やしていっているイメージです。

ポイントはお昼の速度

jikanbetsu

引用元:ガベージニュース

インターネットの接続自体が多い時間で見ると、お昼休みの12時台、仕事が終わった後の22時くらいです。

それならば、昼も夜も回線が混雑しそうなように思えますが22時くらいのインターネット接続はモバイル回線だけでなく、光インターネットやADSLなどの固定回線の利用者が多いです。

22時台はモバイル回線ユーザー、固定回線ユーザーと利用回線が分散されるため、格安SIMはそこまで遅くなりません。

しかし、12時台の場合、主婦の方や、会社のインターネットが利用できる方は固定回線を利用する場合もありますがモバイル回線のユーザーが一番多いです。

そのため12時台はモバイル回線自体が混み合いやすいと言えます。

格安SIMはキャリアスマホよりも遅くなりやすい

格安SIM、格安スマホは・・・

・ドコモの回線を利用しています!
・auの回線を利用しています!
・LTEの高速規格で通信が行えます!

とうたっている場合が多く、さもドコモと同じ品質、auと同じ品質で高速なLTE規格による通信が行えそうではありますが、実際問題ドコモと一緒、auと一緒の品質で利用することはできません。

というのも格安SIM、格安スマホがドコモ、ソフトバンク、auなどと比べて安いのはドコモ、ソフトバンク、auのように店舗を持っていないということもありますが、回線にある程度制限のようなものをかけてサービスを提供しているからなんです。

ですので悪い言い方をすると安かれ悪かれです。

逆にポジティブにとらえるならば、従来の一般的な回線がオーバースペックだったと言えます。

(服なんて着れれば良いのに、高級品しか選択肢がなかった。車なんて乗れれば良いのに高級な車しか選択肢がなかった。こんな感じでしょうか??)

そのため利用する方によって・・・

・格安SIM最低!やっぱりドコモ、auの方が良い。

・格安SIM最高!ドコモ、auに高い金払ってて損してた。

と意見がわかれますね。

実際に特に問題があるのが先程書いたようにお昼の回線速度です。

先ほど、格安SIM、格安スマホ自体ドコモ、auに条件付きで回線を借りているため・・・

料金を安くお客さんにサービスを提供できる。
ただし通信品質は悪くなる。

と書きましたが、格安SIM、格安スマホでなくドコモ、au、ソフトバンクでさえ、そこそこお昼は混み合いやすくいっぱいいっぱいでお客さんにサービスを提供しているため、格安スマホの提供会社に貴重な回線をどうぞどうぞと貸してしまったら自社のサービス自体の品質悪化してしまいますね。

UQモバイルはお昼でも快適な速度が出ている

sokudo

引用元:MMD研究所

上記の表のお昼の時間帯(12時~13時)にあるように他社格安スマホがおおむね0.5Mbps~0.7Mbpsしか通信速度が出ていないのに対し、UQモバイルは9.2Mbpsの通信速度が出ています。

ドコモ、au、ソフトバンクは20Mbps~30Mbpsほど出ているのにそれと比較すると遅いのですが、実際に通信を行う分には9Mbpsも20Mbpsも、30Mbpsもあまり変わりがないんです。

逆に他社のように0.5Mbpsや0.7Mbppsですと動画をなかなか読み込まない、画像の多いサイトを開くのが遅いなどと言った問題が起こる場合があります。

というわけで、UQモバイルはドコモ、au、ソフトバンクから変えても速度が変わらない唯一の格安SIMとの呼び声が高いんです。

しかしデメリットがあり、それは先程も書いたように他社が提供しているようなプランとは少し異なるプランを提供しているということですね。

mineo(マイネオ)かUQモバイルどちらを選ぶと良いのか

mineo(マイネオ)、UQモバイルどちらを選ぶと良いかは用途や目的で変わってきます。

ドコモ、ソフトバンク、au並みのパケット容量を利用したい方はmineo(マイネオ)がおすすめですね。

ネックはお昼の時間帯の通信速度ですが、それ以外の時間帯であればUQモバイルのように速度的にドコモ、ソフトバンク、auとあまり変わりなく利用できます。

ドコモ回線を利用したプラン、au回線を利用したプラン両方を提供しているため今までドコモのスマホを利用していた方、auのスマホを利用していた方も申し込みができるのがポイントですね。

どの時間帯であっても、ドコモ、ソフトバンク、au並みの速度で利用したい方はUQモバイルの通常プランがおすすめです。

ただしデメリットがあり、それは大容量プランという選択肢がないことです。

そのため?通信をたくさん行いたい方の為に無制限プラン(500Kbps)を提供していますが、規格が500Kbpsと他社のサービスと比較して遅くなるため注意が必要です。

動画サイトは見ない、ネットサーフィン、SNS、Line、音楽のストリーミング再生を利用するという方は使い放題で利用できるのでおすすめです。(ラインはテレビ電話も可能です。)

UQモバイルの無制限プラン回線で動画コンテンツを利用できないこともないですが、あまり快適とは言えない速度ですので、例えば職場や自宅のWi-Fiが利用できる。

動画コンテンツの利用は職場や自宅が中心という方にはUQモバイルの無制限プランがオススメです。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,