ぷららモバイルLTEのご紹介

   

引用元:ぷらら

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

巷ではあんまり評判良くない?通好み?
NTTコミュニケーションズの子会社ぷららの提供するぷららモバイルLTEを紹介します。

ぷららモバイルLTEとは

NTTの子会社であるOCNモバイルONEの格安SIMでおなじみのNTTコミュニケーションズのさらに子会社のぷららが提供する格安SIM、格安スマホサービスです。

と書くとややこしいですが・・・

NTT(日本電信電話)

NTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONEの格安SIMでおなじみ)

ぷらら(ぷららモバイルLTEの格安SIMサービスを提供)

とこのような流れになります。

というわけでNTTグループのうちの一社かつ、光インターネットのプロバイダサービスでもおなじみです。

格安SIMサービスの前身サービスは2008年7月からイーモバイルの回線を利用して展開しており、ぷららモバイルLTEのサービスが開始したのは2013年11月からになります。

ぷららモバイルLTEは格安SIM、格安スマホのキャリアも非常に長いですね。

ぷららモバイルLTEの回線はドコモ


格安SIMにはドコモ回線を利用したドコモ系のサービスと、au回線を利用したau系のサービスに分かれます。
やっぱりというかもちろんというかぷららモバイルLTEはドコモ回線を利用したサービスです。

ドコモ回線を利用しているので、今まで使っていたドコモのスマホ、タブレット、モバイルルーターなどがぷららモバイルLTEのSIMを使って利用可能です。
auの端末をそのまま使いたい場合はmineo(マイネオ)などau回線を利用したau系のサービスを利用すればそのまま使うことができますね。

ぷららモバイルLTEはOCN系

ぷららモバイルLTEはドコモ系か、au系かの分類ですとドコモ系になりますが、ドコモの回線を直接利用しているわけではなく親会社のNTTコミュニケーションズ経由でドコモ回線を利用しています。

ドコモ→NTTコミュニケーションズ→ぷららモバイルLTE

NTTコミュニケーションズはOCNモバイルONEのサービスを自社でも展開しているので、NTTコミュニケーションズの回線を利用したサービスはOCN系と言われます。

OCN系のサービスはぷららモバイルLTEの他に、ニフモ、LINEモバイルなどが有名です。

OCN系のライバルとされるのがIIJmioの格安SIMサービスを提供するインターネットイニシアチブで、インターネットイニシアチブの回線を利用したサービスはIIJ系と呼ばれます。IIJ系はDMMモバイル、ビックSIMなどが有名ですね。

ちなみにドコモやau(MNP)と格安SIMの提供会社(MVNO)の間に入るIIJやOCNのことをMVNEと呼びます。

OCN系はMNPができない

IIJ系はIIJ系間のMNP(番号そのまま乗り換え)が可能ですが、OCN系はOCN系間のMNPができません。
OCNモバイルONE、LINEモバイル、Nifmo(ニフモ)、Hi-Ho(ハイホー)など

例えば最近、LINEモバイルに注目が集まっていますが、ぷららモバイルを使っている方はLINEモバイルにはMNPできませんので注意しましょう。逆パターンもできません。

これはぷららの責任ではなくNTTコミュニケーションズ(OCN)のシステムの原因のようですね。

※ご契約中の通信事業者によっては、MNP転入ができない場合があります。(エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(OCNモバイルONE)、ニフティ株式会社(Nifmo))あらかじめご契約中の通信事業者へご確認をお願いいたします。

引用元:ぷらら

ぷららモバイルLTEのプラン

プラン SMSなし SMSあり 音声
定額ライト(110MB/日) 900円 1,050円 1,600円
7GB 1,886円 2,036円 2,586円
定額無制限 2,760円 2,910円 3,460円
二段階定額(100MB/日) 362円~2362円 512円~2512円 なし

※定額無制限プランは下り最大3Mbps

ぷららモバイルLTEのプランは個人的にコンセプトが不明です。

一応110MB/日プランは1日の上限が110MBのプランでして、×30日すると3300MB=3.3GBプランと同等となります。
2段階プランにしても100MB/日なので×30日で3000MB=3GBとなりますね。

プランの取り扱いが良くわからないので、ぷららモバイルLTEで一番人気のプランは無制限プランなのではないでしょうか。

ネットの口コミなどでも無制限プランに対する言及が多いです。

ベタに1GBプラン、3GBプラン、5GBプランなどを展開しても良い気がするのですが、なぜかしません。

1GBプラン~5GBプランも取り揃えてあれば使っているプランが合わなければ変えれるという安心感になると思いますし申し込みする方もベタなプランがあると申し込みやすいと思うんですけどね・・・

NTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONE)の子会社だから、大人の事情であんまりOCNモバイルONEと競合するようなプランは打ち出せなかったのかもしれません。

と考えるとなかなかいたたまれない気持ちになってしまいますね。

もしくは変に目立つよりも、ほどほどにやって定年を迎えるんだ!というコンセプトなのかもしれません。

ぷららモバイルの無制限プランは遅い?

ぷららモバイルLTE1番の売れっ子無制限プランはどんなサービスなのかと言うと、他のプランが下り最大150Mbpsなのに対して、無制限プランは下り最大3Mbpsの規格です。

3Mbpsというと、最近の規格にしては遅いプランとなりますが、3Mbpsという速度自体はそこまで遅くないです。

常時3Mbpsもあれば、Youtubeなどの動画閲覧、ネットサーフィン、音楽のストリーミング再生、LINEの無料電話(テレビ電話も)比較的サクサク行えます。

ちなみに競合サービスとしてUQモバイルの500Kbps(0.5Mbps)プランがありますが、500KbpsであってもYoutubeの高画質動画再生は難しくなるものの普通画質(360p)程度であれば比較的スムーズに行えます。

問題は実際に安定して下り3Mbpsくらい出るかどうかですね。

このようにあまり普段使いだと評価は高くないですね。

昼間や9時代などユーザーが多い時間帯に通信する分には回線が混み合い遅くて全然使えないが、他のサービスが行っている3日間で〇GB使うと制限がかかるようなことがないので、夜中にネットラジオ、動画など大きなコンテンツをだらだらダウンロードするのとかにはちょうど良いと言う意見が目立ちますね。

というわけで、サブの回線として持つなら、用途によってはアリですが回線が混み合いやすいゴールデンタイムに利用するのであればUQモバイルの無制限プランなどの方が使いやすいと言えるでしょう。

バースト機能がないのも遅い原因?

格安SIMサービスは高速通信オン、オフを切り替えられるサービスが存在します。

高速通信オフ時(200Kbps)であってもインターネットに繋ぎたての速度が速くなると言う機能です。

通常通信時(高速通信ON)はあまり関係ないかもしれませんが、UQモバイルなんかですと500Kbpsの規格であっても比較的すんなりインターネットが利用できるのはバースト機能が効いているからと言われています。

ぷららモバイルの無制限プランも3Mbpsの規格+バースト機能的なもので繋がりたての速度が速くなればより使いやすいサービスになるかもしれませんね。

端末セット販売はやっていない?

以前ぷららではNECのモバイルルーターMR04LNとの端末SIMセット販売を行っていましたが、2017年1月現在はやっていないのか?公式サイトで確認できません。

勢いがあんまりない印象ですね・・・

格安SIMというか通信回線というのはユーザー数が回線の枠に対して少ないほど快適に使えるので、ぷららが回線の枠を減らさずにユーザーが減っていくと残った利用者は快適に使えます。

勢いがなくなればなくなるほど、我々は快適に使える!と喜んでいるユーザーさんも多いようですが予算も縮小し始めているようで回線の枠も縮小しかねないと思うのですがいかがかな???

まとめ

ぷららモバイルLTEは大手のサービスながら少し地味なサービスです。

無制限回線は速度が時間帯によって安定しなかったりするものの、ダウンロードを大量にしても制限がかからないためダウンロード専用回線的な用途では人気があります。

予算の縮小などもあるようなので今後はどうなんでしょうか???

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO)