ぷららモバイルLTEの無制限プラン(3Mbps)は遅いの?速いの?

   

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

無制限プランを取り扱う格安SIM、格安スマホサービスはさほど多くなく、ぷららモバイルLTEも無制限プランを出しているけどどうなの?とお考えの方も多いようです。

巷ではぷららモバイルLTEは遅い!ですとか、いやそこまで遅くない!ですとかいろんな意見が錯綜していますが実際にどうなのか?ぷららモバイルLTEに未来はあるのか?などまとめたいと思います。

ぷららモバイルLTEとは


ぷららモバイルLTEは株式会社NTTぷららの提供する格安SIMサービスです。

NTTぷららは老舗インターネットプロバイダとしておなじみで、格安SIMサービスの他に光インターネットやADSLのプロバイダサービスを主に手掛けております。

格安SIMサービスの基となるサービスは2008年から行っており通信回線はドコモのものではなくイーモバイル(現Yモバイル)の回線を利用したサービスの提供を行っておりました。

その他au回線や、ウィルコム(こちらも現Yモバイル)回線のサービスなど多岐に渡り格安SIM的なサービスの展開を行っていました。

ぷららモバイルLTEはNTTコミュニケーションズ経由でドコモ回線を使用


格安SIM、格安スマホはドコモ回線を利用したドコモ系のサービス、au回線を利用したau系のサービスに分かれますがぷららモバイルLTEはドコモ回線を利用したドコモ系のサービスを提供しています。

ドコモ回線でもNTTコミュニケーションズ(OCN)の回線を利用

ぷららモバイルはNTT関連のサービスになりますが・・・

ドコモに直接回線を借りているわけではなく、NTTぷららの親会社、NTTコミュニケーションズの回線を借りている形でサービスを提供しています。

ドコモ(MNO)→NTTコミュニケーションズ(MVNE)→NTTぷらら(MVNO)

以上の形になります。

NTTコミュニケーションズはNTTコミュニケ―ションズで、一般のお客さん向けにOCNモバイルONEという格安SIMサービスを展開しております。かつMVNE事業を行っており他の格安SIMサービス提供会社とドコモの間に入ることはよくあるんです。

しかしNTTコミュニケーションズとNTTぷららは親会社子会社の関係なのでどっちがどのようなプラン展開をするかなどちょっと複雑かもしれません。

ぷららのプラン展開を見てみても、他のサービスと比較してやる気がないというか、需要があるはずの1GB、3GB、5GB、10GBのプランなどはなく・・・
OCNモバイルONEで展開している1日160/MBの下位互換1日110MBまでのプランや無制限プラン、2段階定額プランなど変化球的なプランばかりです。

一応スタンダードなプランとして7GBプランを展開していますが、1GBや3GBプランがないことで7GBも使わないからプランを下げたいというニーズや逆に10GBや12GBプランもないので7GBから増やしたいというニーズにマッチしなかったりと融通が利かないなぁという印象を持ちます。

格安SIMサービスが乱立する中であんまり他社に勝つ気がないのかOCNモバイルONEとバッティングするのを避けるためなのか、とにかく謎が多いサービスだなという印象を持ちます。

ぷららモバイルLTEの無制限プランは遅い?なぜ?

ぷららモバイルLTEのユーザーの声を集めると多くののユーザーさんから遅い!使いたい時間使えない!という声があがっています。

なぜ、ぷららモバイルLTEの無制限プランが遅いかというと2つの理由があります・・・

それは・・・

ベストエフォート形式だから
回線がしょぼいから

です。

ベストエフォート

規格上の速度は下り最大3Mbpsですが、ベストエフォート形式での下り最大速度が3Mbpsであるもののあくまでも規格上の数値であり実際には3Mbpsよりも遅くなります。

3Mbpsという数値自体が最近のLTEの速度と比較すると遅い!という声もあるかと思いますが実際に3Mbpsの速度が出ていればネット検索、ストリーミング再生、SNS、動画再生など大方のことはスムーズにできます。

回線しょぼい

次に回線がしょぼいということが考えられます。

回線がしょぼいというのは、ユーザー数に対して十分な回線を用意できていないということです。
ユーザーさんが多いと、回線は混み合います。

回線が混み合うのを防ぐためには、余裕のある回線を用意しなければなりません。

余裕がある回線を用意するには金がかかります。

一番理想は今の状況(設備に対してお客さんが多すぎる状態)でそれに対して設備を増やせれば良いんですが、他の良いサービスに逃げられたりします。

そうならない為にあらかじめ金をかけて設備に余裕を持たせておけば良いのですが、使うお客さんがすくなければ余裕を持たせてある分損します。

損するか得するかわからないことに金をかけたくない!
だからお客さんが増えるまで待つ!

というのがぷららモバイルLTE無制限プランの現状かもしれません。

ライバルのサービスがなくてぷららが市場を独占していれば待ってくれるお客さんも多いかもしれませんが、そうでないと他のサービスに移行するユーザーさんも多いので待てば待つだけ有利にはならない気がするんですが・・・

ぷららモバイルLTE無制限プランが速い場合もある

ぷららモバイルLTEの無制限プランは遅い!使えない!という方も多いですが、「いやいや、ぷららモバイルLTE 無制限速いよ。」という方もいらっしゃいます。

これはなぜかというと、

地域差がある
使う時間

です。

地域によって違う

人それぞれ価値観が違うという理由もなきにしもあらずですが、電波物なので地域によって回線速度が違うということが1番の理由かと思います。

要するに1つの基地局に対して使うユーザーさんが多ければ回線速度は遅くなりやすいですが、逆に1つの基地局に対してぷららモバイルLTEを利用するお客さんが少なければ回線速度が速いということになります。

そのため、仕様する地域によっては何不自由なく利用できるわけです。

使う時間帯

ぷららモバイルLTEの無制限は一般のユーザーさんが使う時間帯、多くの方が遅い!使えない!という感想を持たれていますが、夜中(使用ユーザーが少ない時間帯)なんかはそこそこの速度が出ます。
そのため、生活のパターンが他のユーザーさんと違う場合は意外と良いという声もあります。

と言いましても、もしかしたら快適に使えないかもしれないサービスをあえて申し込むのはある種のギャンブルみたいなものですよね。

まとめ

ぷららモバイルLTEの無制限プランが遅いのは、NTTコミュニケーションズ(OCNモバイルONE)との親会社、子会社のしがらみがあり自由にサービスを提供できないからかもしれません。

無制限プランが遅いという方は多いですが、地域によっては速かったり、時間帯によっては速いこともあるようです。

物好きな方は申し込んでみても良いかもしれませんが。。。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO)