楽天モバイル、OCNモバイルONE どっちが良いのか比較しました

   

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

楽天モバイルは楽天市場で有名な楽天が手掛けるサービスですし、OCNモバイルONEは大手通信会社でNTT関連のNTTコミュニケーションズの手がけるサービスであり共に知名度、人気共に高いサービスですからどっちが良いのか迷っている、サービス内容を比較したいという方も多いのではないでしょうか。

というわけで両社のサービス内容をまとめたいと思います。

楽天モバイル


楽天モバイルは、大手通販サイト楽天市場や楽天カードでおなじみの楽天が提供するサービスです。

元々は楽天の関連会社フュージョンコミュニケーションズ提供のサービスでしたが現在は楽天大元の提供するサービスに変わりました。

サービス開始当初は、回線速度が遅いといった弱点がありましたが、使用回線を変更したことによりそこそこ品質の安定したサービスに変わりました。

サービスの特長は

・大手の提供サービスなので安心
・通信速度がまぁまぁ速い
・プランがわかりやすい
・端末代が安い

ということですね。特に端末代は他社サービスと比較してかなり安くなっているので格安スマホデビューしたい方にオススメです。

 

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEはNTT(電電公社)の関連会社であるNTTコミュニケーションズの提供する格安SIMサービスです。

OCNは大手インターネットプロバイダとして有名で、光インターネットやADSLのプロバイダを手掛けるほかドコモのモバイルインターネットのオプションサービスなども提供しています。

NTTの関連会社のサービスであることからMVNO(格安SIM)サービスのスタートは他の格安SIMサービスよりも早くそのことからもユーザー数がかなり多いサービスです。

OCNモバイルONEの特長は・・・

・老舗で大手なので安心
・プランがわかりやすい

です。

OCNモバイルONEはMVNEでもある

OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)はMVNO(仮想移動体通信事業者)ですが、MVNE事業も行っております。

MVNEとは仮想移動体通信事業者を支援する事業者のことです。

要するにドコモの回線を利用し一般のお客さんに格安SIMサービスを提供していますが、一般のお客さんに提供する以外にも格安SIMのサービス提供会社にも回線を貸しています。

なぜMVNE事業を行っているかというと、格安SIM提供会社の中にはネットワーク関連の技術をあまり持っていないがサービスを提供したいという会社もおり、OCNモバイルONEは回線を調整する技術を持っている為ドコモと、他の格安SIMサービスを提供する会社の間に入っているんです。

格安SIMのMVNEとしてはOCNモバイルONEの他にIIJことインターネットイニシアチブが有名であり、OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)に回線を借りているサービスをOCN系と呼び、IIJに回線を借りているサービスをIIJ系と呼びます。

いわゆるOCN系のサービスはぷらら、Nifmo(ニフモ)、LINEモバイルなどが有名です。

一昔前はIIJやOCNは優秀なサービスであり、IIJやOCNに回線を借りているサービスなどは下請けになるので品質が劣るという噂がありましたが最近ではあんまり関係ないとされています。

というのもOCNよりもLINEモバイルの回線の方が速いといった逆転現象?的なことも普通にあるからです。

おそらく、法人に通信網を貸す部門と、個人ユーザーに提供する部門が分かれているものと考えられます。

楽天モバイル、OCNモバイルONE共にドコモ回線を利用したサービス


格安SIMのサービスは大きく分けてドコモの回線を利用したドコモ系のサービス、auの回線を利用したau系のサービスがございます。

楽天モバイル、OCNモバイルONEともにドコモのLTE回線を利用したドコモ系のサービスです。

ドコモ系のサービスの特長は、ドコモの回線をそのまま利用しているので今まで使っていたドコモのスマホ、タブレット、モバイルルーターなどドコモの端末をそのまま利用することができます。

auの端末をそのまま利用したい場合はau回線を利用したau系のサービスを利用すればそのまま利用することが出来ます。

ソフトバンクの回線を利用したサービスは今のところございませんが今後出るという噂はされています。

ただしソフトバンクがあまり格安SIMサービスに前向きでなく回線の卸値が高いようで、登場したとしても割高になったり、ドコモ、auと同等の値段であっても回線の品質が劣るかもしれないという問題はあるようですね。

SIMロック解除を行っていればキャリア関係なく利用できる

2015年5月以降(iPhone6s以降)に販売された端末はSIMロック解除対象の機種になります。

各キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のショップでSIMロック解除を行えばキャリア関係なしに好きな格安SIMを利用することができます。

ドコモユーザーは利用できる格安SIMサービスが多いのであまり問題ないかもれませんがau回線のサービスは少ないですし、ソフトバンク回線のサービスはないので、auユーザーで選択肢を増やしたい方、ソフトバンクユーザーで格安SIMをそのままの端末で利用したい方はSIMロック解除を行うと良いでしょう。

楽天モバイルとOCNモバイルONEの回線速度


楽天モバイルは一昔前は回線品質があまり良くない!という声がよく聞かれましたが、途中から回線の種類を変えたため回線の速度が速くなりました。

管理人も使っていますが、あまり遅いと感じることはありません。

mineo(マイネオ)も使っており、個人的には管理人の使用するエリアでは楽天モバイルの方が高速な場合が多いです。

対してOCNモバイルONEですが、NTTの関連会社のサービスであること、MVNE事業を行っていることから昔はすこぶる評判が良かったですが最近ではそこそこの速度と言われることが多いです。

楽天モバイルとOCNモバイルONEのプラン

楽天モバイル

キャリア 回線 プラン ベーシック 3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
楽天モバイル ドコモ回線 SMSなし 525円 900円 1,450円 2,260円 4,050円 5,450円
SMSあり 645円 1,020円 1,570円 2,380円 4,170円 5,520円
音声 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円

楽天モバイルのプランはベーシック、3.1GB、10GB、20GB、30GBプランの6種類です。

以前は20GBプラン、30GBプランは存在しませんでしたが、ビッグローブSIMへの対抗?なのかドコモ、ソフトバンク、auなどの大手キャリアへの対抗なのか?最近新たに追加されました。

 

楽天モバイルにはわかりやすいシンプルなサービスという特徴もあるので、格安SIMって何かよくわからないという人にもとにかくわかりやすいようなプランが提供されております。

3GB、5GB、10GBプランの順で人気ですね。

ちなみにベーシックプランというのは通常のプランの262.5Mbpsの規格ではなく0.2Mbps(200Kbps)の低速プランです。

スマホのパケット通信をあまり使わないですとか、LINEやちょっと下調べものなど必要最低限できれば良いというユーザーさん向けですね。

 

OCNモバイルONEにも500Kbpsのプランがあるので後程紹介いたします。

OCNモバイルONEのプラン

キャリア 回線 プラン 160MB 220MB 4GB 7GB 11GB 21GB 31GB 16GB(500Kbps)
OCNモバイルONE ドコモ回線 SMSなし 900円 1,380円円 1,100円 1,450円 2,300円 4,150円 6,050円 1,800円
SMSあり 1,020円 1,500円円 1,220円 1,570円 2,420円 4,270円 6,170円 1,920円
音声 1,600円 2,080円円 1,800円 2,150円 3,000円 4,850円 6,750円 2,500円

OCNモバイルONEには8種類のプランがありますが、それらをカテゴライズすると3種類に分類することができます。

まず、1日〇MBまで使えるプランです。

110MBプラン、170MBプランがそれにあたります。1月〇GBというプランが一般的ですがあえて1日づつで区切ることによって使いすぎを防ぐことができます。

※110MBプラン→160MBプランに。170MBプラン→220MBプランに増量

逆に日によって使うパケット通信量が違うという方は不自由に感じることもあるかもしれません。

ちなみに1ヶ月を30日とした場合・・・
110MB×30日=3.3GB(3,300MB)
170MB×30日=5.1GB(5,100MB)
という計算になります。
3GBのプランで1,100円/月額ですので、900円で3.3MB使える110MBの方がお得という計算になります。

次に月に〇GB使えるプランがございます。他社の格安SIMや、ドコモ、ソフトバンク、auといったキャリアスマホと同じような一般的なプランですね。

3GB、6GB、10GB、20GB、30GBと展開されます。

※4GB、7GB、11GB、21GBに変更されました。

3GBプランで比較すると楽天モバイルのが安いですね。

OCNの6GBプランと楽天モバイルの5GBプランが同じ金額ですので5GBくらいを申し込みたい方はOCNモバイルONEの方がお得ですね。

その他30GBプランは楽天モバイルが500円ほど安いですね。

最後に月額1,800円の15GBプランですね。

※16GBに増量

こちらのプランはLTEの高速通信規格ではなく低速の500Kbps(0.5Mbps)の通信速度で利用できるプランです。

10GBプランが2,300円で20GBプランが4,150円ですので割安感がありますが、通信速度が遅い点がネックです。

UQコミュニケーションズの提供するUQモバイルが同じく500Kbpsプランの提供をしているのでそちらを意識してOCNモバイルONEでも提供をはじめたのかと思われます。

楽天モバイル、OCNモバイルONEの低速プランで何ができるか

楽天モバイル、OCNモバイルONEともに低速プランの提供をおこなっています。

楽天モバイルの場合は200Kbps(0.2Mbps)、OCNモバイルONEの場合は500Kbps(0.5Mbps)です。

LTEの規格は262.5Mbpsなどかなり高速の規格になるのですが200Mbps、500Kbpsだと遅すぎて話にならないんじゃと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、意外とできることは多く・・・
楽天モバイルの200Kbpsでしたら、Webサイトの閲覧、LINEのメッセージ(テレビ電話)、ツイッター、FacebookなどのSNS、音楽のストリーミング再生などが可能です。

・Webサイト、SNSの場合は画像の表示が遅い。
・LINEのテレビ電話は画質が乱れる。
・音楽の再生にタイムラグが発生。

といった難点はありますが、基本Wi-Fi環境にいることが多い。

とにかく安く抑えたいという方には良い選択肢かもしれません。

対して、500Kbpsですと、Youtubeの動画再生も可能になります。

ただし、高画質にすると詰まりやすいのでスムーズに見ようと思うと標準画質(360p)以下の画質に設定する必要は出てくるかもしれません。

ただし両プラン共に高速規格のプランと比較するとタイムラグは多少はあるので、利用してみてストレスを感じるようでしたら他のプランに変更することをオススメします。

OCNモバイルONE、楽天モバイルともにバースト機能搭載

格安SIMのサービスは提供会社によってバースト機能という機能が搭載されています。

こちらは低速通信を行っても、インターネットにつながる瞬間のみ早くなるという機能です。

OCNの場合は、バースト機能搭載であると明記されており、楽天モバイルの場合はバースト機能搭載とうたっていないものの、バースト機能搭載SIMと同じ挙動をします。

そのため楽天モバイルの200Kbps(ベーシックプラン)の規格でも通信速度が普通の200Kbps規格よりも高速です。

バースト機能は基本的に200Kbpsの低速通信時(クーポンオフ時)に発動すると言われていますが、OCNの500Kbpsプランであっても関連してくると言われています。

 

両社の通話オプション


格安SIMを申し込む方の中には通話をよく利用するので通話オプションの内容が優れているサービスを申し込みたいという方も多いです。

楽天モバイル、OCNモバイルONEともに通話オプションは存在します。

楽天でんわとOCNでんわ

楽天でんわ、OCNでんわともにアプリを経由して電話すると20円/30秒の通話料が10円/30秒の半額になるアプリです。

ちなみにOCNでんわはOCNモバイルONEユーザー用のアプリですが楽天でんわは楽天モバイルユーザー以外もご利用可能です。

さらに通話オプションとして楽天モバイルの場合オプションで5分かけ放題(月額850円)がご利用できます。

対してOCNは同額の850円で10分かけ放題にすることができます。

その他OCNは050Plusといった050番号を利用したIP電話アプリも月額300円でご利用可能です。

050Plus同士ですと通話料無料ですし、固定電話、ケータイへの通話料も070、080、090番の電話よりも安くなるのですが、無料通話はLINEがありますし、固定電話、ケータイへの通話は070、080、090番の発信を行いたい場合があるので一応あって損はないものの利用する場面が限られるかな?というのが個人的な感想です。

スマホセットの場合は楽天モバイルがお得?

楽天モバイルは端末セットでの購入が他社サービスと比較して安いということがメリットでしたがOCNモバイルONEも最近では比較的端末代が安く取扱い端末が多いですね。

ただし機種によってはやっぱり楽天モバイルが安い場合が多い印象です。

まとめ

OCNモバイルONE、楽天モバイル共にシェアが多く人気の高いサービスです。

OCNモバイルONEはネームバリュー以外他のサービスに追随され気味でしたが通話オプションや端末セットのお得感など以前よりもだいぶ良くなったと感じます。

通信速度の評判は楽天モバイルの方がOCNモバイルONEより良いと感じますね。
個人的にも楽天モバイルを使っていて使いづらいと感じることがないですし。

ただ利用する地域によって変わってくるので一概には言えませんが。

というわけでわかりやすいサービスを選ぶなら楽天モバイルがオススメです。

OCNモバイルONEはプランが少しわかりづらいと思うものの、通話オプションは優れているので通話オプションも検討されるかたは良いかもしれません。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,