楽天モバイル、ビッグローブSIMどっちが良い

   

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

楽天の手がける楽天モバイル、ビッグローブのビッグローブSIM(ビッグローブスマホ)ともに知名度、人気共に高いサービスです。

また両サービス共に通話料が安くなるオプションもございますし、知名度の高いサービスであり被る部分もあるためどっちのサービスに申し込むべきか悩まれている方も多いですね。

というわけで両人気サービスを比較してどっちが良いのかまとめたいと思います。

楽天モバイル

楽天モバイルは楽天市場や楽天カードでおなじみの楽天が手掛けるサービスです。

格安SIM、格安スマホサービスはモバイル部門の別会社を立ち上げてサービス提供を行うことが多く楽天モバイルでも関連会社であるフュージョンコミュニケーションズ提供のサービスでしたが、大元の楽天が楽天モバイルをひきつくごとになり楽天モバイルのサービスは楽天より提供されます。

楽天モバイルはサービス開始当初回線品質にちょっと問題があり、あまり評判が悪くなかったですが途中から使用回線を変更しサービス品質が向上。

今では質も良いサービスに変わりました。

楽天モバイルの強みは・・・

・端末の安さ
・提供会社の知名度
・通話オプション
・プランのわかりやすさ

こんな感じですね。

ビッグローブSIM

ビッグローブSIMは大手インターネットプロバイダのビッグローブの手がけるサービスです。

格安SIMサービスの参入もOCNやIIJみおなどと並んで早かったです。

またインターネットプロバイダとしても有名であることから安心感もあるサービスです。

近頃では、サービスの内容は良いものの新規参入のサービスが増えて存在感が薄くなってきた感はありましたが、動画コンテンツのカウントフリーオプション(エンタメフリー)といった独自のサービスなどからしばらくは人気のあるサービスでありつづけると感じます。

ビッグローブSIMの強みは・・・

・提供会社の知名度
・独自のカウントフリープラン
・通話オプション
・プランのわかりやすさ

このようにカウントフリー(エンタメオプション)以外は楽天モバイルとビッグローブSIM(ビッグローブモバイル)の方向性は似ていますね。

楽天モバイル、ビッグローブSIMともにドコモ回線を使用

格安SIMは主にドコモ系のサービス、au系のサービスに分かれますが・・・

楽天モバイル、ビッグローブともにドコモ回線を利用したいわゆるドコモ系のサービスです。

ドコモ系のサービスであれば格安スマホ(SIMフリースマホ)はもちろんのこと、基本的にドコモで契約したスマホ、タブレット、モバイルルーターを利用することが可能です。

auスマホなどau端末をそのまま格安SIMで利用したい場合はmineo(マイネオ)などau回線を利用したサービスを申込めばそのまま利用することができます。

ソフトバンク回線を使ったサービス

ソフトバンク回線を利用したサービスは2017年2月現在ございません。

Yモバイルはソフトバンクの子会社であり、Yモバイル回線を利用したサービスはありますがYモバイル系の回線とソフトバンクの回線は別物になるのでYモバイル回線を利用したサービスを申込んでもソフトバンク端末を格安SIMで利用することはできません。

2015年5月以降に発売の機種であればSIMロック解除ができる

2015年5月以降(iPhoneの場合iPhone6s以降)に発売された機種はSIMロック解除の義務化によりSIMロックを解除すること(SIMフリー化)が可能です。

SIMロックを解除すれば、ドコモ、au、ソフトバンク、Yモバイルどこの回線でも関係なく利用することが可能です。

楽天モバイル、ビッグローブSIM(楽天でんわ、BIGLOBEでんわ)の通話オプションの違い

楽天モバイル、ビッグローブSIMの共通点として通話オプションがあります。

そのため、楽天モバイルが良いのかビッグローブSIMが良いのか迷っているかたが多いのではないでしょうか。
というわけで、両社の通話オプションの違いをまとめたいと思います。

楽天モバイルの通話オプション

楽天モバイルを提供する楽天は、楽天でんわという通話アプリを作っています。

通話アプリ楽天でんわは、070、080、090番発信を行うことが出来、楽天でんわを利用して通話を行うと、通常20円/30秒の通話料を10円/30秒で利用できるようになります。

楽天でんわ自体は楽天の提供するサービスではありますが、楽天以外の格安SIM、はたまたドコモ、ソフトバンク、auといったキャリアスマホで利用することも可能です。

050番号を使ったIP電話ではないので、通話SIM(音声SIM)でないと利用できません。

通話アプリ楽天でんわ自体は他のサービスのユーザーでも利用可能なのですが、楽天モバイルユーザーは、無料通話のオプション楽天でんわ5分かけ放題(月額850円)を利用することが可能です。

楽天モバイルで5分かけ放題オプションを申しこめば、5分間の通話料はカウントされず、それ以降の通話は10円/30秒でご利用可能です。

5分の通話を楽天でんわ経由で行った場合は通話料100円ですので、5分の通話を毎日8回以上する方は楽天でんわ5分かけ放題に申し込んだ方がお得になりますね。

スマホに発信する場合、固定電話に発信する場合共に自身の使っている070、080、090番が相手側に通知されます。

ビッグローブSIMの通話オプション

ビッグローブSIM、ビッグローブスマホでも楽天でんわと同じようにBIGLOBEでんわという通話オプションがございます。

20円/30秒の通話料が10円/30秒になる点では楽天でんわと似たようなアプリです。

またIP電話ではなく、070、080、090番を使った通話になるため音声SIM(通話SIM)である点も同じです。

しかし楽天でんわのように、他の格安SIM、キャリアスマホなどのサービスを利用している方はBiglobeでんわのアプリを利用することができません。

更に通話をよくする方向けに、通話オプションは通話パック60、3分かけ放題の2種類のオプションがございます。

通話パック60、3分かけ放題共に月額650円で、どちらか好きな方を選ぶことが出来ます。

通話パック60は60分/月の無料通話が利用できるオプションです。

対して3分かけ放題は3分以内の無料通話がかけ放題になるオプションです。

単純計算で3分の通話料は60円ですので11回以上3分間の通話を行う方は3分かけ放題に加入するとお得になります。

通話パック60と3分かけ放題どっちが良いか

通話パック60は1,200円分の無料通話です。対して3分かけ放題は60円分(3分)の無料通話がかけ放題ということになります。

3分(60円)の通話を20回行うと1,200円という計算になるので3分の通話を20回以上/月に行う方は3分かけ放題の方が単純計算ではお得ということになります。

スマホに発信する場合、070、080、090番が相手側に通知されますが、固定電話に発信する場合番号の通知がされません。
そのため固定電話が非通知を拒否している場合は着信することができないことになります。

楽天でんわ、BIGLOBEでんわどっちが良いか

楽天でんわ、BIGLOBEでんわの利用者数で比較すると他社サービス利用者にもサービスを開放している楽天でんわの使用者数のほうが多いということになります。

使用者数が多いことで、様々なフィードバックが得られるので品質は向上しやすい傾向にあると言えるでしょう。

サービスの内容は5分かけ放題(850円/月額)か、3分かけ放題もしくは60分かけ放題/月(650円)なのでどのように使うかで変わってきます。

固定電話に電話する際、非通知になる(非通知拒否だと受け取ってもらえない)点はBIGLOBEでんわの弱点ですね。

というわけで通話アプリを基準に選ぶと楽天でんわの方が優れているという印象を受けます。

ただし比較的長めの通話を数回行うというユーザーさんは、60分/月かけ放題のビッグローブのオプションの方が魅力的かもしれませんね。

ビッグローブSIMのエンタメフリーオプション

 

楽天モバイルにはなくて、ビッグローブSIMにあるオプションとしてエンタメフリーオプションと言うオプションがございます。

エンタメとはエンターテイメントの略で、娯楽を楽しむオプションという意味です。

どのような機能かと言うと、なんと・・・Youtubeを筆頭に、Google play music、Apple music、Abema TV、Spotifyといった動画配信サービス、音楽の定額サービスをパケット通信量の消耗なしで利用できるサービスです。

音声SIMの場合、480円/月額、データSIMの場合980円/月額で利用可能です。

Youtubeを毎月よく見るからそのせいで、通信制限がかかる、格安SIMを使うなら大容量プランや無制限プランを選ぼうと思っていた方はエンタメフリーオプション目的でビッグローブSIMを選ぶのもアリだと思います。

無制限プランを検討していた方はむしろビッグローブSIMのエンタメフリーオプションの方が良いかもしれません。

なぜなら、無制限のサービスは通信速度があまり出ない、もしくは時間帯によってかなり遅くなるなどちょっと癖の強いサービスが多いからなんです。

プランの比較

・楽天モバイル

キャリア 回線 プラン ベーシック 3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
楽天モバイル ドコモ回線 SMSなし 525円 900円 1,450円 2,260円 4,050円 5,450円
SMSあり 645円 1,020円 1,570円 2,380円 4,170円 5,520円
音声 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円

・ビッグローブSIM

キャリア 回線 プラン 1GB 3GB 6GB 12GB 20GB 30GB
ビッグローブ ドコモ回線 SMSなし ない 900円 1,450円 2,700円 4,500円 6,750円
SMSあり ない 1,020円 1,570円 2,820円 4,620円 6,870円
音声 1,400円 1,600円 2,150円 3,400円 5,200円 7,450円

楽天モバイル、ビッグローブSIM共に通話サービスがあることが共通していますが、プランの展開も似ていますね。

両社とも以前は20GBプラン、30GBプランはなかったものの最近になって追加されたので、(楽天モバイルが後を追う形)お互いにライバルサービスとして意識しあっているような気がします。

両社ともプランが似ているんですが、楽天の5GBの料金でビッグローブは6GBのプランが申し込めます。

楽天で10GBなのが、ビッグローブは12GB、20GB、30GBプランは後発の楽天モバイルの方が安いといった特徴があります。

最低容量のプランは楽天モバイルはベーシックプランとなり、ビッグローブSIMは1GBプランです。ベーシックプランとはLTEの高速通信が行えないプランです。

対してビッグローブの1GBプランは音声プランのみ選択できます。

ベーシックプランで何ができるのか

ベーシックプランはLTEの高速通信規格が利用できないプランです。

通常ですとLTEは262.5Mbpsの規格となるのですが、ベーシックプランですと下り最大0.2Mbps(200Kbps)の規格となりすごく遅いです。

ここまで規格上のスピードが遅いと何もできなさそうですが、ウェブサーフィンやSNS(画像の表示は遅い)、LINEのメッセージやテレビ電話(画質が乱れる)、音楽のストリーミング再生やネットラジオが利用できます。

表示に若干タイムラグがあったり動画再生はかなり厳しいですが、ちょっとした用途であれば待ち受け用のスマホ以外の用途にも使えるんですね。

また、Wi-Fi環境であればもちろん高速通信を行うことも可能です。

端末セットで申し込みたい場合

以前は楽天モバイルと比較して、ビッグローブスマホは取扱い端末が少なかったですが、最近では楽天モバイルとビッグローブで同じくらいの種類の端末を取扱いしております。

端末の値段で比較すると、もともと楽天市場で有名な楽天のサービス楽天モバイルの方がメーカーとつながりがあるのか利益をかなりかつかつに設定しているのかお客さんにとってはお値打ちな料金設定が行われています。

なので新しく端末を購入したい方には楽天モバイルの方がオススメですね。

ビッグローブスマホではiPhone6、iPhone6 plus、iPhone SEの販売も行われています。新品ではなく整備品にはなりますが中古別で購入するよりもビッグローブから購入した方が安心だという方にはオススメです。

まとめ

楽天モバイル、ビッグローブSIM、スマホ共に大手企業の提供するサービスで人気があります。

通話オプションで比較すると楽天モバイルの方が利用者が多いことでややリードしているかと思いますが、長めの電話をされるのなら60分の無料通話が選択できるビッグローブSIMの方が良いかもしれません。

ビッグローブSIMにあって、楽天モバイルにないオプションとしてエンタメフリーオプションがあります。

Youtube、Abema TV、Spotifyや音楽配信サービスがパケット代の消費なしで利用できる(通話SIM:480円/月額 音声SIM:980円/月額)ので動画コンテンツを楽しみたい!という人にはビッグローブSIMがオススメです。

パケット通信料定額で利用できる無制限SIMというサービスも他社が提供していますが微妙なサービスが多いのでこちらの方がオススメですね。

 

端末セットで申し込みたい場合はビッグローブスマホよりも楽天市場などで物販のサービスを展開してきた楽天モバイルの方がお値打ちに購入できる端末が多いです。

総合的に比較すると楽天モバイルがオススメですが、Youtubeを良く見るなどでエンタメオプションを魅力に感じる方はビッグローブSIMがオススメです。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,