楽天モバイル Yモバイル どっちが良いか比較しました

   

ymobilerakuこんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

楽天モバイル、Yモバイル共に知名度の高いサービスですよね。

またどちらも、スマホが安くなるとか安いスマホとして認識している方が多いかと思います。
というわけで・・・
・それぞれどのようなサービスなのか
・両サービスの違い
・どっちが良いか
などまとめたいと思います。

楽天モバイル、Yモバイルどっちが良いか?という記事はありましたが要点がまとまっておらずほとんど意味不明な記事も多々あったので、できるだけまとめた内容で書ければと思います。

格安スマホについて

344048

まず、楽天モバイルは格安スマホと定義されますが、Yモバイルは格安スマホではございません。

安くなるスマホという意味では格安スマホなんですが・・・
一般的に格安スマホと言われるサービスはドコモやauの回線を借りて提供しているサービス(MVNO)のことを言います。

楽天モバイルの場合はドコモ回線を借りて提供しているサービスですから、格安スマホと定義されます。

しかしYモバイルはソフトバンクの子会社であり、ソフトバンク、イーモバイルの回線を利用しているサービスです。

ドコモと楽天モバイルは関連会社ではなく、取引先。
ソフトバンク、Yモバイルの関係は親会社、子会社です。

今までの端末が使えるか使えないか

これも定義があいまいですが、ドコモの回線を借りている格安SIM、格安スマホサービス、auの回線を借りている格安SIM、格安スマホサービスというのは・・・
前者は今まで利用していたドコモの端末が使え、後者は今まで利用していたauの端末が使えます。

Yモバイルはどうかというと、ソフトバンクの子会社のサービスでありながら、ソフトバンクのスマホが使えないんです。

そういう意味でも、格安スマホ組とはちょっと違うサービスであると感じます。

これは以下に解説しますが、技術的にではなく、ソフトバンクは2年縛り賛成、格安SIM、格安スマホ反対というスタンスと思われ、あえて端末が使いまわしできないようにしているものと思われます。

2年縛りの有無

基本的に、格安スマホサービスというのは2年縛りを行っていません。

楽天モバイルはどうかというと、基本的なプランは2年縛りなしです。ただ最近2年縛りありのプランも開始したので、両刀使いのような感じです。

Yモバイルはというと、2年縛りが普通にあります。

2年縛りのないメリットは、好きなタイミングで好きな、サービスを選べるということです。
逆に2年縛りにメリットはというと2年間で考えると安くなることですね。

今は露骨に端末0円!キャッシュバック〇万円!というキャンペーンはなくなりましたが・・・
通信会社としては2年以上ぶっ続けで使ってくれるorできれば2年ごとに買い換えるユーザーさんが欲しい、端末メーカーもいっぱい売ってくれる通信会社にはお得な条件で卸したいというwin-winがあるのでしょう。

そういった大人の事情から国や、国民が求めている「端末は端末、通信契約は通信契約」という流れにシフトするのが難しいようです。

といいつつも2年縛りもデメリットばかりではありません。

以下でも解説しましたが、通信会社はなんだかんだ端末を売っているので、メーカーからも端末を安く仕入れることが出来、お客さんにも還元できるというわけです。

ドコモ系は腹を括ってソフトバンクはだだをこねている

公共性の高い通信回線を独占するな!ということで、一番やり玉にあがったのは公共性の強いドコモであり、本当はドコモも格安SIMはやりたくなかったかもしれませんが、au、ソフトバンクよりも積極的に格安SIMに参入する流れ、せざる負えない流れになりました。

そのため格安SIMのほとんどのサービスはドコモ回線を利用したサービスです。

対してソフトバンクはというと、ソフトバンク、Yモバイルがあるので自社のメリットを考えると他社に回線を貸して安値競争に巻き込まれたくないという思惑があるのか格安SIMに対してすごく消極的な態度を取っています。

格安SIM好きの人は、自由に回線が選べる。自由に端末が選べることを良しとしていますが、ソフトバンク路線の良い所もあって、なんだかんだ2年縛りありの方が機種代などお得はお得なんですよね。(ずっと使うのではなく2年や3年で乗り換える前提であるなら特に)

そのため?楽天モバイルでも、縛りがない格安SIM+格安スマホのプランと、2年縛りがありつつも端末代が安くなるプランの提供を行っているのではないでしょうか。

格安スマホ、非格安スマホの解説が長くなりました・・・

楽天モバイル

rakutenmobile1

楽天モバイルは、楽天市場や楽天イーグルス、楽天カードなどでおなじみの楽天が手掛ける格安スマホサービスです。
他社の格安スマホと大きく違う点は、会社が他のサービスでも順調であり・・・

・端末代が他社と比較して安いこと。
・楽天市場、楽天カードなどと連携したサービスが利用できること。
・通話料が安くなるオプションが存在することなどですね。

格安スマホ業界は戦争です。大きな会社から小さな会社まで様々な会社が参入しているので、価格競争、通信品質、知名度、オプションなどいろんな分野での戦いが起こっています。

それで、楽天モバイルの場合はサービス開始当初はそれなりの展開でしたが、今現在は端末の取り扱い、プロモーションなど業界内で1,2を争う気合いの入れ方です。

今現在PRにお金をたくさん使っても、一度ユーザーを増やせてしまえば知名度が広まり今後の契約者数に大きく影響が出るので今が力の入れ時!といった感じなのではないでしょうか。

また、他のサービスにも力を入れている為、楽天モバイルだけの利益が少なくても他のサービスも含めてトータルで楽天自体がプラスであれば良い!ような考えもあると思います。

楽天モバイルはドコモの回線を利用しているのでドコモのエリアで利用可能です。

Yモバイル

ymobile

Yモバイルはソフトバンクの子会社ワイモバイルの提供するサービスです。

ソフトバンクの提供するヤフーのモバイルという意味でY。

モバイルは、良く使われるフレーズなので、ホントかどうかわかりませんが、ワイモバイルの前身会社がイーモバイルであったためその名残でモバイルとしたとも言われています。
(ソフトバンクが、イーモバイルを吸収するような形でYモバイルは誕生しました。)

ちなみにイーモバイルは、ポケットWi-Fiや100円パソコンなどで一世を風靡したサービスですね。

今もモバイルルーターポケットWi-Fiのサービスは健在です。

エリアはソフトバンクのエリアで利用可能です。

先ほども書きましたが、格安SIM、格安スマホのサービスというよりは、au、ドコモ、ソフトバンクなどに似たサービスの提供の仕方をしております。
(ネックとなる部分は、au、ドコモ、、ソフトバンクなどと比べて取扱いしている端末のランクが全体的に下がることなどです。)

通信速度

楽天モバイル、Yモバイルで比較すると通信速度はYモバイルのが速いです。

特に楽天モバイルが弱いと言われているのがお昼の時間帯ですね。

管理人の場合は楽天モバイル昼遅い!と感じることはありませんでしたが、楽天モバイル昼遅い!と感じられているかたもけっこういらっしゃるようです。

対して、Yモバイルは昼も快適です。

なぜこのようなことが起こるかというと、ドコモと楽天モバイルの契約の仕方に関連すると思います。

ただし、昼遅いのは楽天モバイルだけでなく、格安スマホ全般に言えることです。

逆に今現在昼でも快適に使えていると報告されているのは、auの子会社のUQコミュニケーションズの提供するUQモバイルくらいであり他の格安SIM、格安スマホ全般お昼は遅いと言われています。

ちなみにUQモバイルも、楽天モバイルのように格安SIM的なプランと、キャリアスマホ的なプラン両方を展開しています。

平日のお昼は格安SIMは遅くなりがち

モバイル回線の混み合う時間帯は、平日のランチタイムです。

確かにYモバイルや、格安SIM、格安スマホでは唯一昼でも速いUQモバイルも昼の混み合う時間帯に使用者が増える影響は受けないこともありませんが、1Mbpsよりも遅くならなければストレスを感じることはあまりありなく、Yモバ、UQはそれ以下になることがないんです。

しかし、多くある格安スマホ、格安SIMサービスは残念ながら、0.4Mbps、0.5Mbpsといった1Mbpsよりも遅い速度になることも普通にあるので・・・

格安スマホ=昼遅いと感じられる人が多いようです。

ただし、サービス業の方でしたら平日の12時~1時が休憩ではない場合もありますし、12時~1時が休憩でも社内のWi-Fi使えるしという方はあんまり関係ないかもしれませんね。

昼は必ずスマホいじるし、ネットがないと無理!という人はYモバイルの方が楽天モバイルよりも有利です。

楽天モバイル、Yモバイルのプラン

・楽天モバイル

回線 プラン ベーシック 3.1GB 5GB 10GB
ドコモ SMSなし 525円 900円 1,450円 2,260円
SMSあり 645円 1,020円 1,570円 2,380円
音声 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円

・Yモバイル

回線 プラン 1GB 3GB 7GB
Yモバイル スマホプラン(2年) 2,980円 3,980円 5,980円
ベーシック(2年しばりなし) 5,480円 6,480円 8,480円

キャンペーンでパケット2倍

回線 プラン 3GB 6GB 14GB
Yモバイル スマホプラン(2年) 2,980円 3,980円 5,980円

基本的なプランは上記のようになります。楽天モバイル安い!Yモバイル高い!ように思えますが、Yモバイルは10分間の通話300回無料がついてきます。

また、Yモバイルの端末セットは新規、auやドコモからのMNPですと、条件が良くなりますね。
※ソフトバンクからの場合は条件が悪くなります。

楽天モバイルの場合、今までドコモを使っていればそのまま利用することが可能で、Yモバイルの場合、新たに機種の購入が必要になります。

SIMフリー機種やSIMフリーのiPhone7をYモバイルで使いたい場合は、SIMだけ契約することができます。

YモバイルのスマホはSIMだけ契約するよりも端末セットの方がお得ですが、世の中には怪しい抱き合わせ販売なんかもあるので、このお父さんとお母さんは怪しい!と思ってしまったのかもしれませんね。

販売員も販売員だと思うんですけど、こーいう抜けてる販売員の方が何も考えてないので契約を取るのが意外とうまかったり、変なクレームが来ても心が折れないのでけっこう販売員に向いてたりします。個人的な感想です。

しかし、アホな販売員と話のは嫌だという方は、ネット経由で相談した方がスムーズかもしれませんね。

2016年10月現在はワンキュッパ割でさらにお得です。

楽天モバイル、Yモバイルの端末セットプラン

楽天モバイル、Yモバイルともに端末セットプランを展開しています。

ユーザーに2年以上同サービスを利用してもらえると利益が見込めること?端末メーカーの協賛があること?から・・・
端末と通信契約別々よりも、端末とセットの2年契約の方がお得な条件で申し込めるようになっています。

楽天モバイル

コミコミプランS

2GB+5分間のかけ放題+スマホ本体

1年目・・・1,880円/月額
2年目・・・2,980円/月額

機種代を差っ引いて、月額約2,000円/2年

コミコミプランM

2GB+5分間のかけ放題+スマホ本体

1年目・・・2,480円/月額
2年目・・・3,480円/月額

機種代を差っ引いて、月額約1,700円/2年

コミコミプランL

4GB+5分間のかけ放題+スマホ本体

1年目・・・2,980円/月額
2年目・・・3,980円/月額

機種代を差っ引いて、月額約2,200円/2年

※コミコミプラン各種で選択できる機種が異なります。

Yモバイル:iPhone5sの場合(MNP)

スマホプランS

2GB+10分の無料通話+機種

1年目・・・2,894円/月額
2年目・・・3,974円/月額

スマホプランM

6GB+10分の無料通話+機種

1年目・・・3,434円/月額
2年目・・・4,514円/月額

スマホプランL

14GB+10分の無料通話+機種

1年目・・・5,594円/月額
2年目・・・6,674円/月額

新規は、また少し条件が異なります。

公式サイト

ソフトバンクからYモバイルのMNPは微妙

ソフトバンクからMNPの場合は、1,400円ほど月額がupし、かつパケット倍も適応されず、例えば6GB→3GBとなります。正直言って微妙ですね。

断然楽天モバイルを選んだ方がお得になります。

取扱い端末など

楽天モバイルは10数種類の端末の販売を行っています。

対してYモバイルはスマホはだいたい7種類くらいです。

楽天モバイルの場合は、コミコミプランの場合は機種が限定されます。

無料通話など

Yモバイルは10分間の無料通話がプランに含まれています。さらに+1,000円で長時間の無料通話にも対応します。

対して楽天モバイルはコミコミプランの場合は5分間の無料通話がついています。
コミコミプランでなくても+850円で5分かけ放題を付けることが可能です。

通話が多いのであれば、楽天モバイルよりもYモバイルの方がコスパは良いということになりますね。

まとめ

スマホはあまり使わない。通信量がもったいないという方は・・・楽天モバイルのコミコミプランがオススメです。※2年縛りはあると思います。

スマホは割と使う。通話もパケットも今までのスマホと同じ感覚で利用したいという方には・・・Yモバイルがオススメです。
2年縛りがすごく嫌いという方も楽天モバイルが良いでしょう。

しかし、Yモバイルは2年縛りの恩恵を受けているのでなんだかんだ安くできるというメリットもありますね。
Yモバイルの注意点は3年目~はパケット2倍は終了してしまいます。
(2015年5月より、SIMフリーの義務化がはじまっておりますし、ソフトバンクのSIMフリー参加も予想されますから2年も経つとスマホ業界は大きく変わる気もしますね。)

月月の最低料金は、楽天モバイルのセットプラン>Yモバイル>楽天モバイル+端末を新しく購入こんな感じですね。

YモバイルはソフトバンクからのMNPですと条件が悪いのであまりオススメできません。

両社とも、公式サイトにて申し込みの相談をすることも可能となっております。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,