楽天モバイル、DMMモバイルどっちが良いか比較しました

   

rakuordmm

こんにちは格安スマホドラゴン管理人のたつのすけ(仮)です。

楽天モバイルは機種が安い!で人気ですし、DMMモバイルは月額がどこの格安SIM会社よりも安いことで有名ですが、一体どちらが良いのでしょうか?

管理人は、DMMモバイルのサービスも検討するには検討したのですが、結局楽天モバイルの方が良いよね。ということで、結論から言うと個人的には、「総合的に見て、楽天モバイルがオススメですよ。」となってしまうんですが、なぜ管理人的には楽天モバイルの方が良いのか、DMMモバイルにはメリットはないのか等詳しく書いていきます。

付け加えて書くと、当サイトは速度を徹底比較する、格安SIMの徹底比較サイトみたいなサイトではありません。

格安スマホ持ったことないけどどうなの?iPhoneずっと使ってるけれど格安スマホでアンドロイドデビューするかもしれないけれど大丈夫かしら?って方に向けて記事を書いていますので、スマホは買わないで、最高の通信品質の格安SIMはどこだ?って方が読んでもしっくりこないかもしれませんのでご注意ください。

取扱いしている端末

サービス元 メーカー 機種名 値段
楽天モバイル            シャープ Aquos RM02 39,800円
富士通  ARROWS RM02(M02) 29,800円
M01 36,720円
acer Liquid Z330 12,000円
huawei honor6 plus 45,800円
asus     zenfone2 laser 8GB 22,800円
zenfone2 laser 16GB 27,800円
zenfone selfie 37,800円
zenfone5 8GB 26,400円
zenfone5 16GB 26,800円
sony xperia j1 compact 54,800円
huawei p8 lite 28,600円
dmm             Huawei  GR5 34,800円
P8Lite 28,600円
UPQ  Phone A01 14,500円
Blade V6 26,800円
acer Liquid Z530 24,800円
富士通 M02 29,800円
シャープ M02 39,800円
Asus  zenfone2 Laser 24,800円
zenfone2 31,800円
Huawei  Ascend G620S 12,800円
Ascend Mate7 39,800円
Apple  iPhone6 新古品 16GB 69,800円
iPhone6 新古品 64GB 79,800円

※一括払いの場合の金額です。

楽天モバイルも、DMMモバイルも共に取扱い端末の種類は豊富です。

UQモバイルや、mineo(マイネオ)なんかは、比較的取扱い端末が少ないため(国内メーカーの物が主流で海外メーカーの製品がないなど)、
目当ての端末がない→契約しようとしてたけど止めた!みたいなことがあるかもしれませんが、楽天モバイル、DMMモバイル共に、業界トップレベルの品数をそろえており、自分が丁度ほしい端末を選べるのがメリットですね。

楽天モバイルでは10種類、DMMモバイルでは12種類の機種を販売しております。

端末セットの場合の両社の注意点

楽天モバイル、DMMモバイル共に端末の分割払いに対応しています。

海外なんかですと、日本のように通信契約と端末がひもずいていないため、スマホはスマホ、通信契約は通信契約と別々で考える文化が主流であるため、スマホを契約するではなく、本体を購入するという文化が当たり前です。

ちなみに海外ですと、ゲーム機や音楽プレイヤーを買う感覚でスマホを買うらしく、アメリカのホワイトデーのプレゼントの人気第1位は「スマホ」本体らしいです。

しかし日本の場合、今まではドコモ、ソフトバンク、auなどの大手通信キャリアが主体で、通信プランと端末がセットで販売されていたため、お金を支払ってスマホを買うという文化があまりありません。

そのため、格安スマホ提供会社でも、端末セットで契約する場合は分割払いもオッケーな会社が多いんです。

楽天モバイルや、DMMモバイルも例外でなく、分割払いでのお申込みが可能です。

それで、端末代の分割払いでサービスを申し込む際、楽天モバイルにはメリットとデメリットが、DMMモバイルにはデメリットがございますのでご紹介します。

楽天モバイルのメリットとデメリット

楽天モバイルはスマホの取り扱い種類が多い&端末代がかなりお値打ちなため、とても人気があるサービスです。
しかし、端末セットで申し込む際はメリットデメリットがありますのでご注意ください。

楽天モバイルは遅い?デメリットが多い?

楽天カードが必要

楽天モバイルのお申し込みはクレジットカード、もしくは指定の会社のデビットカードがあれば可能です。しかし分割で購入する際は楽天カードが必要なんです。

もっと簡単に書きますと、楽天モバイルは楽天カードがないと分割払いが不可です。
どうしても楽天モバイルで分割払いで端末セットでお申込みをしたい場合は、楽天カードを作ってください。そうでなければ分割払いでお申し込みができません。

楽天カードがないと楽天モバイルの申し込みが出来ないの?

楽天モバイルのメリット2つ

楽天モバイルで分割払いで端末セットを申し込む場合は楽天カードが必要になるといったデメリットがございますが素敵なメリットもございます。

それは・・・

・端末代一括も分割も一緒
・解約しても一括請求されない
端末代一括も分割も一緒

楽天モバイルは一括払いの金額も、分割払いの金額も合計の料金が同じです。格安スマホのサービスを提供する会社には、一括だと安いのに分割だと実は手数料分?が上乗せされていて割高になる会社もありますが、楽天モバイルは一括も分割も料金が一緒です。

解約しても一括請求されない

格安スマホにしても、ドコモ、au、ソフトバンクなんかにしてもスマホを契約して、端末代金を払い終わる前に解約してしまうと端末代金が解約した翌月に一括で請求されるパターンがほとんどです。

でも楽天モバイルの場合は違います。楽天モバイルの通信サービスを解約しても、端末の分割払いは継続してくれます。

今までありがとね。いつまでも戻ってきてね!という誠意なのかわかりませんが?このおかげでかなり気軽にサービスに申し込みできますよね。

勿論販売されている端末はSIMフリーですから、楽天モバイルではない会社の格安SIMや、au、ドコモ、ソフトバンクのSIMカードなんかを挿して利用することも可能なんです。

ただし楽天モバイル独自の端末サポートは切れてしまうので注意しましょう。
個人的にはメーカーの1年保証だけで良いかな?とは思いますが。

格安スマホに保証は必要?

ちなみにmineo(マイネオ)もサービスを解約しても端末代の一括請求がありませんから、楽天モバイル同様かなり気軽に申し込めるサービスだと言えます。
勿論楽天とは関係ないケイ・オプティコム社が運営していますので、楽天カードなしでも分割払い可能です。

格安スマホの端末セットはどこで買えばいいの?

DMMモバイルのデメリット

通信プラン自体は最安クラス!のDMMモバイルですが、端末セットの場合はけっこう残念なデメリットが2つあるので、注意してください。というか個人的にはデメリットが大きいのでDMMははじめての格安スマホには向かないかな?と思います。

・分割だと高くなる
・解約すると端末代を一括で支払わないといけない

分割だと高くなる

先ほど楽天モバイルは分割払いも一括払いも変わりません。分割払いにすると割高になる会社もあるのでご注意くださいと書きましたが、DMMモバイルが、そのそれです。

一括で購入されるのであれば問題ないですが、分割だと実は30パーセントほど合計金額が高くなります。

解約すると端末代を一括で支払わないといけない

DMMモバイルは回線の解約を行うと、翌月に未払い分の端末代をまるまる支払わないといけません。

楽天モバイルや、mineo(マイネオ)なんかは、通信サービスを解約しても、端末の分割払いは継続してくれますから、はじめての格安スマホ端末セットでお申込みなら断然、楽天モバイル、mineo(マイネオ)の方が良いですよね。

プランの違い

容量 楽天モバイル DMMモバイル
通話なし 通話なし(SMSあり) 通話あり 通話なし 通話なし(SMSあり) 通話あり
ライトプラン 525円 645円 1,250円 440円 590円 1,140円
1GB × × × 590円 740円 1,260円
2GB × × × 770円 920円 1,470円
3GB 900円 1,020 1,600 850円 1,000円 1,500円
5GB 1,450円 1,570 2,150 1,210円 1,360円 1,970円
7GB × × × 1,860円 2,010円 2,560円
8GB × × × 2,140円 2,290円 2,840円
10GB 2,260円 2,380円 2,960円 2,190円 2,340円 2,950円
15GB × × × 4,570円 4,720円 5,270円
20GB × × × 6,090円 6,240円 6,790円

楽天モバイルのプランは、4種類だけなのに対し、DMMモバイルは10種類とかなりプランが多いのが特徴です。

DMMモバイルは、ほぼどのプランも最安値級になっております。

ただし、月額100円ほど安いだけですので、分割だと割高になる、また下記で紹介する回線の品質など考慮すると、それぐらいしか変わらないのであればすごくメリットがあるか?と言われるとなんとも言えませんね・・・

回線品質の違い

格安スマホ、格安SIMサービスは運営会社によって回線の品質が異なります。

回線の種類は大きく分けて2種類で、ドコモ回線を利用したサービスをドコモ系と呼び、au回線を使用したサービスをau系と呼びます。

楽天モバイル、DMMモバイル共に、ドコモ回線を利用したいわゆるドコモ系のサービスではありますが、両社とも違った回線を利用しています。

楽天モバイル
ドコモ→楽天モバイル

DMMモバイル
ドコモ→IIJみお→DMMモバイル

楽天モバイルは、ドコモの子供的なMVNOと呼ばれる回線、DMMモバイルはドコモ→IIJみお→DMMモバイルときているのでドコモの孫的な回線になります。

孫だから遅い!というわけではありませんが、共にちょっと性質が違うので書いていきます。実際現在は楽天モバイルよりも基本的に遅いですが・・・

楽天モバイルは昼速く、DMMモバイルは昼遅いが全体的に速い

楽天モバイルは昼速く、DMMモバイルは昼遅いが全体的に速いだったんですよ。少し前までは、楽天モバイルは、格安スマホ、格安SIMにありがちなお昼遅いがない回線です。

そして、夕方や夜も遅くなることはありません。

対してDMMモバイルは格安SIM、格安スマホサービスにありがちな昼遅いサービスです。

他の時間はというと、以前はかなり安定して速度が出ているだったんですが、最近はそうでもないようで、悪くもなく良くもないサービスただ月額は最安値といった感じです。

ただし楽天モバイルが最高かというと、他社にはないデメリットもありまして、それが3日間〇GB制限なんですが。(3日間のうちに〇GB以上通信すると速度制限がかかる場合がある)
こちらの記事でも書いたように・・・

ほとんどのスマホユーザーは気にするべき点ではないデメリットなのかもしれません。

まとめ

格安スマホの端末セットなら、解約しても分割が継続する。分割払いでも端末代が高くならない楽天モバイルがオススメです。

ただし楽天カードユーザー以外は分割払いは不可となっていますので、楽天カードない。解約して一括払いの請求がくるのは嫌だ。

安心して格安スマホはじめたいなんて方には、楽天カードなしでも楽天モバイルのように、分割で高くならず、解約しても一括請求がこないmineo(マイネオ)がおすすめですね。

回線の品質においても、お昼はスマホ触りたい時間という方が多いと思いますので、〇GB速度制限がかかる場合があるものの楽天モバイルがおすすめです。

DMMモバイルははじめての格安スマホでなく、既に何社かと格安SIMの契約をしているですとか、モバイルルーター用に格安SIMを使いたい、テザリングをスマホでよく行うなどといった玄人or格安スマホ以外の使い方をする方には良いかもしれません。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) , ,