ソフトバンクからYモバイルのMNP(乗り換え)はお得じゃないの?良い方法は

      2016/10/10

こんにちは。管理人のたつのすけ(仮)です。

友達がYモバイルにしてスマホ代が安くなったらしいぞ!
いっちょ自分もYモバイルにしようかな?

んーどれどれ、ソフトバンクからMNP(番号そのまま乗り換え)すると、あまりお得ではないことに気づいて膝から崩れ落ちた人もいらっしゃるかもしれませんね。

そうなんです。ソフトバンク→Yモバイルはドコモ、au(それらの回線を使った格安SIM)からの乗り換えよりもだいぶ条件が悪くなるんです。

ということで・・・
・なぜソフトバンクからのMNP(番号そのまま乗り換え)だと、条件が悪くなるのか。
・他にオススメの方法はないのか

ということについてまとめたいと思います。

Yモバイルとは

ymobile

Yモバイルは、ソフトバンクの子会社の名前であり、サービスの名前でもあります。

元々は、ポケットWi-Fiや、100円パソコンでおなじみであったイーアクセス(イーモバイル)という会社をソフトバンクが吸収したものです。

pocketwifiem

またPHSのサービスで人気だったウィルコムも絡んでいます。

ソフトバンクの中にイーアクセスとウィルコムが吸い込まれて、イーアクセス、ウィルコムがソフトバンクの子会社としてYモバイルとして登場したようなイメージでしょうか。

イーモバイルとウィルコムが弱体化してソフトバンクに食べられたり理由

イーモバ、ウィルコムが弱体化し結局ソフトバンクに食べられた理由はいくつかあると思いますが・・・

イーモバイルの場合
一時期100円パソコンや、ポケットWi-Fiのサービスで一世を風靡したイーモバイルですが、auの子会社、UQコミュニケーションズのモバイルインターネットサービス、UQワイマックスとの戦いに敗れたという印象が強いですね。

イーモバイルの場合は営業スタイルがけっこーごりごりで、ニーズがある人もない人も雰囲気で申し込んでいた印象が強いですが、しっかりニーズに合致したお客さんはUQワイマックスに流れてしまいどーしようもできなくなったのではないでしょうか。

ポケットWi-Fiにしても、UQワイマックスにしてもどこでもインターネットができる!が売りでしたが、実態は光インターネットやADSLといった自宅の回線としてモバイルインターネットを使いたい人がほとんどでしたし、今は外でインターネットというとスマホで良いじゃん!となりますからね。(タブレットやパソコンを外でもインターネット接続したいという人はいますが。)

速度制限などの兼ね合いで、ああイーモバイルより、UQワイマックスの方が良いよねとメインのお客さんがUQワイマックスを選びました。

ウィルコムの場合
ウィルコムは通話料が安いことで人気を博しました。客層は電話をたくさんするビジネスマンやカップルだったような気がします。
スマホが主流になり、パケット通信量にウエイトが傾き、通話料は大手キャリアでも安くなりましたし、またカップル同士の電話もラインの無料通話でええやんけという話になり需要がなくなってしまったのではないでしょうか。

実態はもっと複雑かと思いますが、消費者目線だとこのような印象ですね。

時代の流れ+ライバルとの戦いに負けたのではないでしょうか。

ソフトバンク的にはイーモバイル+ウィルコムを組み合わせてソフトバンクの関連サービスにしたら、ドコモ、auなんかと戦いやすくなると思い吸収したのだと思います。

ソフトバンク→YモバイルのMNP(番号そのまま乗り換え)の条件が悪い理由

例えばiPhone5s 32GBの場合

キャリア 条件 プラン名 月額 プラン内容
Yモバイル 新規 スマホプランS 3,758円 10分間の無料通話(300回)+1GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 4,298円 10分間の無料通話(300回)3GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 6,458円 10分間の無料通話(300回)+7GBのデータ通信(2年)
MNPの場合(au、ドコモ回線) スマホプランS 2,894円 10分間の無料通話(300回)+2GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 3,434円 10分間の無料通話(300回)6GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 5,594円 10分間の無料通話(300回)+14GBのデータ通信(2年)
ソフトバンクからMNP スマホプランS 4,298円 10分間の無料通話(300回)+1GBのデータ通信(2年)
スマホプランM 4,838円 10分間の無料通話(300回)3GBのデータ通信(2年)
スマホプランL 6,998円 10分間の無料通話(300回)+7GBのデータ通信(2年)

月額は機種代込です。これは1年目の料金で2年目は1,080円月額があがります。

だいたい月6GB、7GBが良いとします。

au、ドコモからMNP(パケット2倍)・・・プランM(6GB)、3,434円(月額)
ソフトバンクからMNP(パケット2倍なし)・・・プランL(7GB)、6,998円(月額)

YモバイルはソフトバンクからのMNPもウェルカムですからと書いてあるサイトがありましたが・・・
1GBしか違いないのにこの値段差はなかなか露骨だなぁと思うのは私だけでしょうか? 

2年間で考えると約7.2万円MNPの方が得します。
6GBVS7GBなので、追加+1GB(1,000円)として6+1GBでパケットを合わせたとしても・・・
2年間で考えて約4.8万円MNPの方が得します。

Yモバイルはソフトバンクの子会社であると書きましたが、単刀直入に書くと・・・
Yモバイルは、ソフトバンクのお客さんを取っても全体で考えると利益にならないと思われます。

Yモバイルではなくて、ソフトバンクそのまま使ってくださいということですね。

もしかしたら、店舗レベル、代理店レベルですと・・・

ソフトバンクVSワイモバイルでお客さんの取り合いはあるのかもしれませんが、会社レベルですとソフトバンクのお客さんはYモバイルにウェルカムではないんですよね。

それゆえ、auから乗り換え、ドコモから乗り換え、ドコモ回線、au回線を使ったお客さんに関してはパケット通信量が2倍になる、割引が豊富などかなりの大盤振る舞いですが、ソフトバンクからの移行組に対しては、かなり冷たいんですね。

今は、MNPじゃんじゃんする人は得をして、MNPしない人は損をするのはおかしい。

継続利用者も得するようにしましょう。高額キャッシュバック禁止!という流れになってきてますが、、、

・自社で競合しない。
・他社のユーザーは取り込みたい。

と考えると、こーいう風(ソフバン→Yモバは条件悪い)になるのはある程度仕方ないでしょう。

Yモバイルと同じクラスと評されるUQモバイル(auの関連会社サービス)を選んだ方がお得だと思います。

大手3社の方針

切り口や考え方、様々あるかと思いますが、最近では格安SIMも人気ですし、Yモバイルのような厳密には格安SIMとは言えないものの従来のスマホよりも安いサービスが主流になっています。

それで、大手3社がどのような展開で勧めたいかと言うと・・・

・ドコモ:賛成
・au:条件付きで賛成
・ソフトバンク:反対

このようになっているかと思います。

ドコモ

格安SIM、格安スマホが話題になったきっかけは、NTT関連のIIJの回線を利用したイオンスマホです。

また、ドコモは法人への回線レンタル料をau、ソフトバンクよりも安く設定し、いろんな事業者にMVNOになってもらっており、
今現在ドコモの回線を利用した格安SIM、格安スマホサービスがほとんどなんですね。

絶対こうだとは言い切れませんが、ドコモは自社回線を利用しいたサービスを増やして、メインは格安SIMサービスに切り替えたいような気もします。

もしそうだとするならばお客さんの選択肢は増えるものの、代理店を挟むのでお客さんとの距離は遠くなりますね。

ドコモ回線を使ったサービスは何十社、下手したら何100社存在するかと思います。
(ドコモは歴史的に公共性のある電波を利用しているので、独占してはいけないという話から少し嫌々格安スマホにシフトしたのかもしれません?)

au

対してauは、格安SIM、格安スマホは運営していますが、UQモバイル、mineo(マイネオ)、Fiimo(フィーモ)の3つのサービスのみです。

ドコモは、じゃんじゃん格安SIMを勧めているのに対して、auはauの子会社&auとつながりのあると考えられる電力系子会社2社だけです。

mineo(マイネオ)、Fiimo(フィーモ)に関しては、ドコモの回線を使った格安SIM、格安スマホサービスに近いサービス形態ですが。
auの子会社UQコミュニケーションズのUQモバイルは、格安SIM的なプランもあれば、Yモバイルとそっくりなプランも提供しています。
悪く言うとどっちつかずですが、良く言うとドコモとソフトバンクの様子をうかがっているような気もします。

ソフトバンク

ソフトバンクはというと、ソフトバンク回線を利用した格安SIM、格安スマホというサービスはございません。

ソフトバンクの格安SIMサービスを行うことも理屈としては可能ですが、ソフトバンクの回線料が高めに設定してあり格安SIM、格安スマホ提供会社がソフトバンクの回線を導入しないと言われていますね。

ソフトバンクもYモバイルあるのに、格安SIMいらないんじゃないの?というスタンスかと思います。

良く言うとお客さんと直接なので、お客さんとの距離が近くて良いですが、YモバイルのスマホはSIMフリーでないですし、不自由さはありますね。

(公共性のある電波はドコモだけじゃない、au、ソフトバンクもだという流れから将来的にはソフトバンクのスマホも出るかも?)

世論と今の流れと着地点

ここ最近・・・
・MNPが得するのはおかしいから高額キャッシュバック禁止!長期ユーザーが得するようにしましょう。
・本当は他のキャリアでも使えるスマホを一社しか使えないロックはおかしいのでSIMロックはフリーにしましょう。
・電波を独占しちゃダメだからいろんな事業者が参加できるようにしましょう。(格安SIM)
という3つの大きな波がありますね。

その結果どうなったかというと、、、
・スマホの月額がちょっと安くなった。他社にMNPするという人にちょっと待った!ポイントを付けるので・・・という引き止めポイントがつくようになった。

・最新機種に関しては、SIMロック解除してもらえるようになった。(2015年5月から)

・ドコモの格安SIMサービスが無数に増えた、auは少し、ソフトバンク系のサービスはまだない。

といった所ですね。

しかし、結局のところ・・・

・MNPした方がお得。
・キャリアスマホは2年契約なのでau、ドコモ、ソフトバンク(UQモバイル、Yモバイルも含む)に2年ごとに変更するなら意味がない。
・ドコモ系のサービスが増えすぎて消費者が混乱。

といった感じですね。。。公平!自由!値下げ!電波はみんなのもの!といった消費者の声はあるものの営利目的の企業なので、他社に負けたくない、従業員がいるから利益を出さないといけないといったこともつきまとってくるのでそんなに単純じゃないのかと思います。
※ケータイキャリア儲けすぎという批判もありますが、ウィルコム、イーモバイルのようにちょっとした変動で大きくバランスを崩す恐れもあるかと。

ソフトバンクからならUQモバイルがお得

uqmobilelogo

ケータイ会社もいろんな事情がある!と言いつつも、消費者は今条件が良い方法を選んだら良いと思うということで書きます。

ソフトバンク→Yモバイルは、他社からのMNPよりも格段に条件が悪くなります。

なぜなら、ソフトバンクの関連会社のサービスなのでソフトバンクからYモバイルに来てほしくないからですね。

では、ドコモ、auにMNPすれば良いのかというと、良い条件で最新機種を選ぶことはできるものの、結局大手キャリアなので割高です。

Yモバイルのように1ランク下げて(最新の高級機種が選べないなど)かつ安く利用したいのであればUQモバイルがオススメです。

UQモバイルは、auの関連会社のサービスですから、ソフトバンク→Yモバイルのように、auからのお客さんには冷たいもののソフトバンクのお客さん、ドコモのお客さんはウェルカムですからね。
例えば・・・
iPhone5s本体+2GB+60分の無料通話のプランで2,680円/月~
iPhone5s本体+6GB+120分の無料通話のプランで3,180円/月~
このような料金で利用可能です。

iPhone5sを申し込むならUQモバイル?Yモバイル?どっちが良いの? 


逆にauのユーザーはUQモバイルにMNPすると条件が悪いのでYモバイルがオススメですね。

ちょっとグレーっぽいことを書いてしまったとは思いますが、YモバイルのソフトバンクからのMNPは冷遇というのも・・・
UQモバイルのauからのMNPは冷遇というのも、自由という観点からいうとちょっとグレーかなとは思います。

あまり使わない2年縛りが嫌なら

mineologo

Yモバイル、UQモバイルの2年縛りプランは大容量パケット+無料通話+通信品質が魅力です。
ただしあんまり使わない、2年縛りがうれしくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その場合は、当サイトでオススメしているmineo(マイネオ)のサービスがおすすめです。
mineo(マイネオ)のメリットはドコモ、au回線両方が利用できる点です。

またYモバイル、UQモバイルのように2年縛りがなく、自社でコミュニティサイト(ヤフー知恵袋のようなもの)を運営しているので信頼できるサービスですね。

難点はソフトバンクのスマホは使えないので新しくスマホを用意する必要があること。
Yモバイル、UQモバイルに比較すると回線品質がワンランク下がる点、無料通話はついてない点ですね。

Yモバイル、UQモバイルなんかはドコモ、ソフトバンク、auと変わらないと評される場合が多いですが、その他の格安SIM全般は、平日のお昼やや遅くなると感じられる方もいらっしゃいます。

mineo(マイネオ)ユーザーの管理人としては、ヘビーユーザーじゃないなら問題ないのかなという印象です。

mineo(ドコモ回線)を選べばUQモバイルにドコモ、ソフトバンクからMNPと同条件でMNPできるので旧来のスマホの不自由さが気に入らないという人はmineo(マイネオ)を使ってみるのも良いかもしれませんね。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - キャリア, 格安スマホ(MVNO)