UQ mobileのご紹介

      2016/03/09

uqmobile

UQ Mobileも人気のある格安スマホ、格安SIMサービスの1つですね。

家電量販店や、レンタルショップであるGEOなど店頭での露出が多いんですが、インターネット経由の申し込みは意外と少ないのかもしれません。

良いサービスなんですけど、内容的に硬派すぎますからね。

言うなれば、他の格安スマホ、格安SIM運営会社が、パンチ、キック、投げ技、光線が打て、防御ができるのに対し、UQ Mobileは、パンチとガードしかない、でも唯一出せるパンチがめちゃ強いみたいな感じです。上手い人が使ったらめちゃ強いみたいな・・・

UQ mobileとは

UQ mobileはWiMAXサービスでおなじみのUQコミュニケーションズが提供する、格安スマホ、格安SIMのサービスです。

WiMAXサービスはモバイルWiMAXとも呼ばれているので、UQ Mobileという名称はちょっとややこしいですね。

かなりざっくり言うと、スマホ用のサービスがUQ Mobileで、ポケットWi-Fi(モバイルルーター)のサービスを提供しているのがUQ WiMAXです。

UQ mobileの回線はauのみ

格安スマホ、格安SIMのサービスは、大きく分けてドコモ系、au系の2種類あります。

それで、ほとんどのサービス提供会社はドコモ系の回線を使ったサービスを提供しているんですが、UQ Mobileではau系の回線を利用しています。

au系の回線を利用しているのは、mineo、UQ mobileの2社だけですが、UQ mobileはauとの結びつきがmineoよりも強いため、mineoよりも快適にau回線を利用できるのでっは?と言われています。

mineoはauと仲が良い関西電力系の会社ですが、UQは、auの関連会社です。今のauの社長、田中氏は元々UQの社長をしていました。ということはUQコミュニケーションズはほぼauな会社と思っても良いかもしれません。

関係的にはauの息子がUQ。
auの旦那さんの弟がmineoくらいの親密度ではないでしょうか。

UQ mobileのプラン

UQ mobileには大きく分けて2種類というか、大きく分けなくても2種類のプランしかございません。
それが、3GBプランと、無制限プランです。

3GBプランでは下り最大150Mbpsの高速規格での通信を行うことができ、無制限プランでは下り最大500Kbps(0.5Mbps)と低速ながら、使い放題でご利用いただけるプランです。

他社は1GBプラン、3GB、5GBプラン、更に8GBプランや12GBプランもございますが、UQ Mobileは2種類のプランしかないんですね。
auの息子なので通信品質は定評があるんですが、けっこう残念ですね。

500Kbps(無制限)プランは微妙

500Kbpsプランは無制限でインターネットが利用できますが、ちょっと速度が遅すぎますね。500Kbpsはメガに換算すると、0.5Mbpsです。
インターネットを快適に利用しようと思うとせめて1Mbps(1000Kbps)は出ていて欲しいところですから。いくら無制限であってもちょっと速度が遅すぎますから、個人的にはUQ mobileを選ぶのであれば3GBプラン一択になります。

後程なぜ2種類しかないのかについても解説していこうと思います。

UQ mobileのメリット

UQ mobileのメリットは正直言って少ないです。しかし、このメリットが強力なんです。

UQ mobileのメリットは速度が速い

UQ mobileはサービス開始当初から、回線速度が速いことで人気がございます。

他社のサービスですと、基本速いがお昼の時間はめちゃくちゃ遅くなるといったデメリットや、基本速くてお昼も速いけど、1日の通信量が規定より多いと速度制限を食らうといったデメリットがございます。

UQ mobileの場合は3GBの範囲内であれば、とある日、めちゃくちゃ動画を見まくったとしても、3GB/月の範囲内であれば遅くなることがございませんし、格安スマホ、格安SIMにありがちな平日の昼間めちゃくちゃ回線遅い地獄に陥ることもないんです。

ですから、使う人によれば、いわゆる神サービスなんです。

そのため、格安SIMマニアの方から絶大な支持を得ていますし、他の会社で契約したものの、サービス内容が残念すぎたため退会して、もう後悔はしたくないとUQに変えるといった人も多いように見受けられます。
神であり、伝道師であり、駆け込み寺であり本当に良いサービスです。

でもしかしインターネット経由での申し込みはおそらく少ないです。要するにモテないサービスなんです。

UQ mobileが玄人にはモテるのに、一般人からは相手にされない理由をデメリットで紹介します。

唯一MMSが使える!

WS000334

基本的に格安スマホでは、キャリアスマホで使えた@docomo.ne.jp、@softbank.ne.jp、@ezweb.ne.jpのアドレスでMMS(マルチメディアメッセージサービス)を受信、送信するといったようなことができません。

MMSは、SMS(ショートメッセージ)と近い感覚で、長い文章のメールの送受信、動画や画像のやりとりもできますからあれば便利ですよね??

他社ですと、メールサービスを利用するのであれば、SMS(ショートメッセージ)か、イーメールか、ラインやハングアウト、カカオトークなどのコミュニケーションアプリでやりとりすることになるのですが、UQモバイルはMMSが使えるんです。

UQ mobileのデメリット

UQ mobileは格安SIMや格安スマホの特性をわかっている。自分にはこれが良いとちゃんと説明できるようなセミプロ格安SIM、格安スマホユーザーにはすごく良いサービスですが、武骨すぎるため一般受けがあまり良くないという弱点があります。

そのことについて解説したいと思います。

・プラン少なすぎ
・端末少なすぎ
・通話オプションなし

このように、UQ mobileは硬派なサービスなんですよね。
なぜ、他の会社のように柔軟性がないサービスなのかと言うと、おそらくしがらみが多いからなのかと思います。

UQ mobileのしがらみ

あんまり書くと怒られそうですが、これは管理人の妄想ですので適当に流しておいていただけたらと思いますが・・・

UQ mobileには3つのしがらみがあります。

・au
・WiMAXサービス
・他の格安スマホ、格安SIMサービス

光インターネットと競合することはありませんが、UQ Mobileが本気出し過ぎると、親であるau、自社サービスであるWiMAX、auの息子だろ?ズルくないって思っている他の格安SIM、格安スマホサービスとバチバチになってパワーバランスがおかしくなる可能性があります。

auとの関係

UQはauの関連会社です。その為auの顧客を取ってしまうような格安スマホ、格安SIMサービスを提供するのは難しいです。
例えば楽天モバイルや、ビッグローブがやっている通話料が安くなるサービスを提供すると、auを止めてUQ Mobile一本にしてしまう方が現れる可能性があるんです。

WiMAXサービスとの関係

UQは格安スマホ、格安SIMサービスの他に、モバイルルーターで高速インターネットが利用できるWiMAXサービスを提供しています。

格安スマホ、格安SIMは帯域制限といった速度がガクンと遅くなる制限がありますがWiMAXにはないんです。

そのため家用にWiMAXを使う人がUQ mobileの存在によってWiMAXを止めてしまうことはないんですが、5GB、8GB等のサービスをやってしまうと、外で大容量なインターネットをやりたいがためにWiMAXを使っていたユーザーさんが格安スマホ、格安SIMに流れてきてしまう可能性があると考えられますね。

他の格安スマホ、格安SIMサービスとの関係

UQ Mobileはauの子供なので、通話サービス、大容量プランの提供を行うことが難しいと書きました。それで、他社から既にちょっとずるいと思われている節があるんですね。おそらく。

auはmineoと、UQ mobileといった関係性のある事業者にしか回線を提供してません。

いや、もしかしたら他社も申請すれば提供を受けられるのかもしれませんが、ドコモの値段よりも割高で提供している可能性があります。

だから融通の利く関連製のある会社しかau系のサービスをやっていないと考えられると仮定して・・・ただでさえ目をつけられているのにこれ以上のことをやると、やりすぎだと思われる可能性があるんですね。

ですから、販売端末もしぼっているというか、絞らざる負えないんだと思います。

UQ=auと考えたら、富士通やシャープと提携して良質な格安スマホを先行販売したりできないこともないでしょうけど、現状UQ mobileで販売されている機種も、京セラ製のKC-01と、LGのG3 Beatの2種類に限定されています。

だから現状は暗黙の了解の範囲内で、今提供しているプランの中で勝負しないといけないんだと思います。

ですから、家電量販店を間に挟んで端末を値引きするだとかUQ Mobileの特典をつけるとかあるかもしれませんが。

UQ mobileの理想は、UQ mobileのサービスを知ってもらい、WiMAXも使ってもらう。
auには迷惑かけない。時代が変わればauの助けになるような立ち位置なのかなと感じます。

まとめ

UQ mobileは、3GBプランと無制限プランの2種類があるが、実質まともに使えるのは3GBプランだけです。※無制限プランは遅すぎるため。

しかしこの3GBプランは回線に安定性があり、最強のサービスか?と噂されており、すこぶる評判が高いです。
スマホ本体の販売は、京セラ製のもの、LG製のもの2種類だけと選択肢が少ないのが悲しいところです。

なんとARROWS M02が発売されました☆
UQモバイルでARROWS M02が発売!

まとめのまとめ

プラン数が実質3GBプランだけと少ないため・・・
利用環境がまだはっきりとしていない、なんとなく格安スマホ、格安SIMを導入したい方にはUQ Mobileはオススメできません。

また、格安スマホ本体の選択肢も少ないため、格安スマホとセットでUQ Mobileをはじめるのも微妙です。

ただし、3GBプランが丁度いいとわかっていて、au製のスマホを既に持っている、もしくは格安スマホを他社で契約したけれど回線の品質が悪いので乗り換えたいという方にはおすすめです◎

あと、MMSをどうしても使いたい方もですね〇

UQモバイル公式サイトを確認
UQモバイル

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,