UQモバイルは遅い?速い?

      2017/01/15

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

UQモバイルが最近地味に人気ですね。なぜ人気になってきたかというと、他の格安SIMよりも速いと評判だからではないでしょうか。

ただし考え方によってはそこまで速くなく遅いともとれます。

UQモバイルがなぜ速いと言われるのか
UQモバイルはどのように考えたら遅いのか
実際に速いのか遅いのか

まとめたいと思います。

UQモバイルとは

UQモバイルは、auの関連会社UQコミュニケーションズが提供するau回線を利用したいわゆるau系のSIMです。

ちなみにUQコミュニケーションズは、最近では格安SIMサービスのUQモバイルも有名ですが、モバイルインターネットサービス、ワイマックス(WiMAX)の提供を行っていることでも有名ですね。

そもそも、UQコミュニケーションズは、格安SIMではなくワイマックスサービスを提供するために生まれた会社ですが、時代の流れに合わせて格安SIMサービスであるUQモバイルの提供も開始しました。

・au:スマホ
・UQモバイル:格安スマホ
・UQワイマックス:モバイルインターネット

3本柱といった感じですね。

auとUQコミュニケーションズはauの子会社だけに提携しており、auショップではUQワイマックスの申し込みが可能です。

auとUQコミュニケーションズの関係は複雑

UQワイマックスは子会社なので・・・
auにて、UQワイマックスを販売しているように思いますが、auがワイマックスを提供する際は、auがUQワイマックスに回線を借りて提供するような販売方式を取っています。

auのワイマックス(UQコミュニケーションズに回線を借りている)ような状態なんです。

UQモバイルはauにUQコミュニケションズがau回線を借りてサービスを提供しています。他のMVNO(仮想移動体通信事業者)と同じようにです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、簡単に書くとサービスに応じて回線の貸し合いをしていると言えます。

相互的にMVNOとでも言えば良いかもしれません。

MVNOについてはこちらの記事を参考にしてください。

au系の格安SIMは貴重

auに回線を借りられるのは、UQモバイルだけではございません。

auに回線料を支払えばいろんな会社がau回線を利用した格安SIMを提供できます。
(auのMVNOになれます。)

しかしau系の格安SIMは、ドコモよりも回線利用料が高いようで、取扱いを行っている業者が少なく希少な存在です。

逆に?ドコモ系は回線のレンタル代が、安いためほとんどの格安SIMはドコモの回線を利用した物となっています。

ソフトバンク系の回線はさらに借りる費用高いので、ソフトバンク系の格安SIMサービスは全然出てこないと言われています。
(そもそもソフトバンクが、格安SIMに好意的でなくYモバイルを使ってほしいので高く設定されていると言われています。)

au系のSIMは3社

ちなみにUQモバイル以外には、関西電力の関連会社の会社ケイ・オプティコム社の提供するmineo(マイネオ)、四国電力の関連会社エスティーネット社の提供するFiimo(フィーモ)がありますね。

UQモバイルは遅いのか

インターネット回線で重要になってくるのは、アップロード(上り)ではなく、ダウンロード(下り)です。

ネットを開く、動画を見る、音楽を聴くのが下りで、メールを送る、動画を配信する、コンテンツをアップロードするのが上りです。

それで、UQモバイルは、上記の調査でもあるように、ドコモ、au、ソフトバンクと比較すると遅いです。

au、ドコモ、ソフトバンクが20Mbps、30Mbps出る時間帯でも、平均10Mbpsしか速度が出ていません。

ということで、ドコモ、ソフトバンク、auと比較すると遅いんです。

ただし、ある一定の速度以上の通信速度が出ていれば快適に利用できるんです。
以下UQモバイルが速い理由にまとめます。

UQモバイルが速いと言われる理由

sokudo

引用元:MMD研究所

UQモバイルは、ドコモ、ソフトバンク、auと比較すると遅いです。

しかしUQモバイルは速くて、他の格安SIMは遅いと言われていますね。

UQモバイルが速いと感じる人が多いことには理由があります。

注目していただきたいのが、昼のダウンロード速度です。
OCNモバイルONE、IIJ、Biglobe、楽天モバイル、Nifmo、ぷらら、mineoなどこれらは格安SIMのサービスとして人気のあるサービスですが、昼の時間帯の下りの速度が0.5~0.9です。
※b-mobileは3.3だが、最近は0.台に落ち込んだ。

UQモバイルだけ9.2Mbpsとなっておりダントツに速いんです。
(ドコモ、au、ソフトバンクは20~30Mbpsとより速いですが。)

ドコモ、au、ソフトバンク>UQモバイル>他社格安SIMの順番ですね。

しかしドコモ、au、ソフトバンクからUQモバイルに変えたユーザーさんの多くは、ドコモや、au、ソフトバンクと速度変わらないじゃんという方が多いんです。

それには、ある一定の速度以上出ていれば通常仕様であれば変わらないからなんです。
↑文章がこんがらがったので、噛み砕いて書くと・・・

めちゃくちゃ速いのも、すごく速いのも体感速度はほぼ一緒ということですね。

モバイル回線で必要な速度

ドコモ、au、ソフトバンクは格安SIM全般が0.台とかなり遅い昼の時間も、20~30Mbpsほどの速度が出ています。

対して、UQモバイルは9.2ですから、ドコモ、au、ソフトバンクと比べると遅いと言えますが、ある一定の速度以上出ていれば体感的にはさほど変わらなくなります。

その速度がおおよそ3Mbpsです。

要するにスマホでインターネットをやるのであれば、動画を見るにしても、インターネットを開くにしても、音楽の配信サービス、ラインでのテレビ電話を使うなど・・・もろもろのサービスは常時3Mbps以上出ていれば、回線が遅いと思うことはないのです。
(より高画質の動画コンテンツなどが主流になればより速い速度が好ましくなるが)

それ以下になってくると、遅いとなります。

厳密にいうと、メールや音楽を聴く程度であれば遅くても良い。

ネットを見るなら2Mbpsくらい欲しい。動画は3Mbps以上が好ましいと言った風に使う動作により変わります。

というわけで、ドコモ、ソフトバンク、auと比較するとUQモバイルは遅いですが、使っている人が遅いなと体感できないほどの違いしかございません。

他社の場合は、他の時間帯はほとんど3Mbps以上をクリアできていますが、お昼の時間帯は3Mbpsをクリアできていないので、遅いとなるのです。

そのため、格安SIM=お昼辛いというイメージが強くなったとも言えます。

UQモバイルの無制限プラン(500Kbps)は遅いのか?

UQモバイルには通常のプラン以外に無制限プランというプランが存在します。

無制限=制限がないという意味ですが、UQモバイルの場合通常のプランはLTEの高速通信が使えるものの〇GBというプランの上限が決まっている。

対して無制限プランは制限なしで利用できるものの通信速度が下り最大500Kbp(0.5Mbps)の規格です。

このように通常のプラン、無制限プランの住み分けを行っています。

先ほど・・・ネットを見るなら2Mbpsくらい欲しい。

動画は3Mbps以上が好ましいと言った風に行うことによって求められる速度が変わってくると書きましたし、0.5Kbps(0.5Mbps)だと遅くて使い物にならないんじゃ?と思われる方も多いですが、表示速度にそこまでこだわらなければ割と0.5Kbpsでも快適に使えるという方が多いのも事実です。

ですので・・・

・テキストサイトを中心に見る。
・音楽のストリーミング再生やネットラジオ。
・動画を見るが画質にこだわらない。

このような用途であれば思ったよりも速度的なストレスを感じずに利用できるのがUQモバイルの無制限プランです。
ラインのテレビ電話も画像が乱れることもあるかもしれませんが途切れずに使うことができます。

↑UQモバイルで動画が見れるかどうかを試した実験映像。

500Kbps規格なのに1Mbps出る

UQモバイルの無制限プランの規格は下り最大500Kbpsです。

しかし、速度計測サイトで通信速度を測ると1Mbps以上出ることも多いようです。

これはおそらくサイトを開く時にバースト機能が効いているものと思われます。

バースト機能は、通信接続した瞬間に規格の速度よりも高速でつながりその後通常の規格の速度になるという機能です。

 

3日間6GB制限があるがあまり気にしなくて良い

UQモバイルの無制限プランには月の間での制限はありませんが、3日間の間に6GB使うと速度制限がかかる、3日間6GB制限というものがございます。

しかしUQモバイルで3日間6GB制限がかかるまで使うのも難易度が高いです。

というのも、下り最大0.5Kbpsの規格で動画を見てもあまりパケットを消耗しないからです。

3日間毎日何時間もぶっ続けで動画をみたりダウンロード作業を延々と行わない限り制限がかかることはないと言えるでしょう。

まとめ

格安SIMサービスUQモバイルはドコモ、au、ソフトバンクといった3大キャリアと比較すると、速度的には遅いが体感的にはあまり変わらない。
(3Mbps出ていればスマホのインターネットは十分なため)

対して他の格安SIMがお昼の速度0.台で、体感的にお昼快適にインターネットを使えないが、UQモバイルは9.2も出ておりかなり快適に使えると言える。

というわけで、お昼も快適にネット接続が使えないと困るという人にはUQモバイルがオススメです。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - キャリア, 格安スマホ(MVNO), 質問疑問