Yモバイルのメリットとデメリットを紹介

   

Yモバイル人気ですね。ただしけっこうアンチも多いサービスではあります。

特に格安SIM、格安スマホが好きなオタクからは、Yモバイルは嫌われているイメージです。

ざっくり書くと、格安SIM、格安スマホ、SIMフリースマホは、自由なサービスであり、Yモバイル場合は契約の縛りなど若干ガチガチですので。

そもそもソフトバンクが、ヤフーが、孫正義氏が嫌いという人がけっこうオタクに多いのでその名残もありますね。

オタクに嫌われているサービス=情弱が選ぶサービスというイメージもありますが、まぁ結局は使う人が、使いやすかったらいいんじゃないだろうかと。

かと言ってオタクの言い分も間違いではないし、それがデメリットとなる部分もありますね。

そんな感じでメリットデメリットをまとめたいと思います。

Yモバイルのメリットデメリットについてこんなにだらだら書く時点でお前もオタクだろ?という突込みも入りそうですが、ツッコミナシでお願いします。(笑)

Yモバイルとは

ymobile

YモバイルはYモバイルと名前がつく通りヤフーのモバイルを意味します。

元々は100円パソコンや、ポケットWi-Fiで話題になったイーモバイル、イーアクセスをソフトバンクが吸収する形で誕生した会社ですので、Yモバイルのモバイルはイーモバイルの名残りなのかもしれませんね。

pocketwifiem

ちなみに、イーモバイルをやっつけたのは、auの関連会社UQコミュニケーションズのモバイルインターネットサービスワイマックスですね。

イーモバイルの営業スタイルもイケイケどんどんのオラオラ系だったので、そこもちょっとオタクに嫌われるポイントではありますね。

ソフトバンクもマイルドヤンキースタイル?で、モデムを配ったりブイブイ言わせていたので、ソフトバンク+イーモバイル=Yモバイルの誕生はなかなかの奇跡だと思います。

ちなみにUQワイマックスもサービス開始当初はイーモバイルに対抗して、うちは2年縛りなし!で行きますと息巻いていましたが結局2年縛りはじめちゃってますので真面目な人はおいおいお前もか~とがっかりしたのではないでしょうか。

管理人は昔がっかりしましたね。

慈善事業じゃなくて商売なのでしょうがないと今では思います。

Yモバイルのデメリット

まず、メリットを書く前にYモバイルのデメリットをまとめたいと思います。

ソフトバンクからの乗り換えの条件が悪い

softbank

Yモバイルはソフトバンクの2軍にあたるサービスです。

そのため、せっかくソフトバンクを利用しているユーザーをYモバイルに移行させたくないわけです。

ですから、au、ドコモからのMNP、au、ドコモ系のSIMからのMNPはウェルカムですが、ソフトバンクからのMNPは非常に条件が悪くなっています。

また、新規のお客さんも別にそこまで獲得する気がないのか、ソフトバンクからのMNPほどは条件が悪いわけではないですがあまり条件が良くないですね。

ということから、Yモバイルのサービスの立ち位置は、au、ドコモキラーである要素が強いわけです。

後程詳しく書きますが、ソフトバンクユーザーはワイモバイルでなく、UQモバイルに移行するのが良いです。

ちなみにUQモバイルはau系なので、Yモバイルがソフトバンクユーザーに厳しいように、UQモバイルはauからのユーザーに厳しいですね。

auやドコモのスマホが使えない

格安SIMの場合、auやドコモで使っていたスマホがそのまま利用できますが、Yモバイルはauやドコモで使っていたスマホが使えません。

では、ソフトバンクの関連サービスだからソフトバンクのスマホは使えるのか?と思いきやそれもできません。

ソフトバンクユーザーさんはできれば、ソフトバンクを使っていてほしいという魂胆が見え見えですね。

ソフトバンクからの乗り換えの条件も悪いので、あからさまに自社に有利な条件になるようにサービスを提供しているものですから、このあたりもオタクがソフトバンク系を嫌いな理由でしょう。

SIMフリーのスマホ、ドコモ、auのスマホは、いろんなキャリア(様々な格安スマホサービス)で使えるのにソフトバンクのスマホはソフトバンクでしか使えないですし、YモバイルはYモバイルでしか使えないので、真面目に考えるとエコじゃないし不自由ではありますね。

ソフトバンクの格安SIMはない

今、世の中で提供されているほとんどの格安SIMはドコモ系の回線を利用したサービスです。

au系もありますが、ドコモ系の回線のレンタル料が安いことから、ドコモ系のサービスが多いのです。

対してau系の回線を利用した格安SIMサービスは、mineo(マイネオ)、Fiimo(フィーモ)、UQモバイルの3つだけです。
これはドコモ系の回線よりも回線のレンタル料が高いからと言われています。

そしてソフトバンクの回線を利用した、格安SIMサービスはないです。
というのも、ドコモ、auよりも回線料が高いからです。

そもそもYモバイルがあるからという理由からか、ソフトバンク自体が格安SIM、格安スマホのサービスに前向きじゃないと言われています。

それで、au系の回線はau系の回線で、電力会社関連、au関連の会社が提供しているサービスなので、そこまで格安SIM、格安スマホに前向きじゃないもののドコモ系回線が市場を総取りするのを抑えるためにやっている感はありますね。

となるとドコモが正義、auがチョイ悪、ソフトバンクは激悪な気がしますが、一番力が強いドコモVS大手2社の戦いでもあるのではないでしょうか。

ソフトバンクは一番後発なので、今できる闘いかたをするしかないのかと思います。

(ソフトバンクの端末、Yモバイルで使えない問題他・・・)

その中で一番自分の得するサービスを選ぶというのが、賢い選択かと思います。

2年縛り

格安SIM、格安スマホのサービスは基本的に2年縛りがございません。

例えばA社で契約して、A社が微妙であれば好きな時にB社のサービスに変更できるというものです。

対してYモバイルには2年縛りがあります。2年縛り+今まで使っていたスマホが使えないので、Yモバイルで使うための端末を用意しないといけないんですね。

自由がないと言えます。

格安SIM、格安スマホの良い点は消費者が好きな端末を好きな通信会社で利用できるという点なので、自由という観点からみるとYモバイルは不自由であると言えます。

先ほどもエコじゃない!と書きましたね。

自由のメリットって何?

好きな端末で好きなサービスを選べる点は良いことですが、その自由を手に入れた人の中には、別に意味もなく通信会社をコロコロ変えてみたり、解約しても違約金がかからないからと使いもしないサービスをじゃんじゃん契約してみたり、割と意味がないことをやっている人も多いのではないでしょうか。

いろんな会社が競争して、良いサービスが生まれると言うメリットはありましたが、自由であることにに喜び無駄な時間と無駄な金を使ってかえって不自由になっている人もいらっしゃるかもしれません。

意味ねーと書きましたが、それもそれで、スマホが好き。通信が好きっていう趣味なので悪いことではないと思います。

本体がいっぱいあって、サービスもいっぱいあるのはアベンジャーズとかトランスフォーマーみたいで楽しいですから男心はくすぐりますしね。

Yモバイルという敵がいて・・・ですね。

2年縛りの悪い点

2年縛りのデメリットは不自由であることと書きましたが、不自由であること以外に割引やキャンペーンが絡んでくる点ですね。

2年間は月額が安くなる、パケットが2倍になるといった施策は行われていますが、2年すぎると月額が高くなってしまったり、Yモバイルの場合ですとパケット2倍も2年間のみ適応でそれ以降は通常に戻ってしまいますからね。

スマホの寿命が大体2年だったりする

同じスマホをずーっと使い続けている人もいますが、ある程度使う方でしたら2年くらいで電池がヘタったりするものです。

そうやって考えると、ちゃんと更新月を覚えておいて、ちょうど良いタイミングでMNPするのが得策だと思われます。
(MNPした人が得する施策はNGだよと、各キャリアでキャッシュバック等の取扱いが変わったのにもかかわらず結局MNPした人が得するという・・・)

また、一昔前でしたら、アドレスが変わってしまうことは重要な要素でしたが、今は簡単な連絡はLine、仕事などのメールはパソコンのアドレスを使われる方が多いのでそこまで重要な要素ではないですよね?

ちなみにYモバイルからのMNP先でオススメなのがUQモバイルです。

UQモバイルのスマホセットプランは、Yモバイルと内容が似ていますし、通信品質的にも共に他社格安スマホよりも良いですからね。

Yモバイル→UQモバイル→Yモバイル→UQモバイルを2年ごとにころころ変えて他のサービスが成長するのを待つのが良いでしょう。

そーいうのがめんどくさい、自分のタイミングで自分の使うサービス、スマホを決めたいという方は、mineo(マイネオ)、楽天モバイルあたりがオススメですね。

無料通話が長電話に向かない

Yモバイルのスマホプランには10分の無料通話が300回無料がついてきます。

しかし長電話する場合は、通話料が高くなってしまうんです。

一応そんなユーザーのために、スーパー誰とでも定額(月額1,000円)というプランがあり加入することで、時間、回数無制限でかけ放題にすることもできます。

Yモバイルのメリット

デメリットの部分にちょいちょいメリットも紹介してしまいましたが、Yモバイルのメリットとしてもまとめたいと思います。

通常のスマホよりも安い

Yモバイルのメリットは通常のスマホよりも月額が安い点です。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホは月額8,000円以上かかるということがザラです。
Yモバイルは、au、ドコモ回線からのMNPの場合ですと、3,000円(2GBプラン)、3,500円(6GBプラン)くらいの月額(機種代込)で2年間利用することが可能です。
※iPhone5sの場合

6GBプランで無料通話もついて3,500円で利用できるのでかなりお得だと言えます。

他社と比較すると、ビッグローブスマホで6GBプラン(音声通話あり)2150円+機種代1,000円~1,500円で約3,000円~3,500円くらいになりますし、おまけに無料通話をつけると+650円かかりますので4,000円くらいします。

ですので機種のことも考えると実は格安SIMよりもYモバイルのがお得と言うことになりますね。

2年縛りはネックですが。。。

iPhone5sを申し込むならUQモバイル?Yモバイル?どっちが良いの?

通信速度が速い

Yモバイルは格安SIM、格安スマホ勢よりも通信速度が速い、安定していることで有名です。

ドコモ、ソフトバンク、auと体感的には変わらないでしょう。

格安スマホが遅いと言われる理由として、お昼に混雑してつながりが悪くなるというデメリットがあるのですが、Yモバイルの場合はそれがないんです。

キャリアスマホからYモバイルに変えた友人は、ドコモとかと全然変わらん。サイコ―と言っていましたね。

先ほどデメリットのところの2年縛りのくだりでUQモバイル→Yモバイルを繰り返せばよいと書きましたが、UQモバイルも遅くならない回線を利用しているのでそう書きました。

両社とも2年縛りがあるものの、プランによっては格安スマホよりも安い上に、通信速度も安定しているので良いことづくめですね。

まとめ

Yモバイルはソフトバンク系列であることから、イメージで嫌いと言う人も多いが、うまく利用すれば格安スマホよりも安く、かつ高速で利用できるサービスです。

一番ネックなのは2年縛りですが、スマホの寿命もだいたい2年ですので更新月になったら、丁度良いサービスに移行すれば良いと思います。

長く使う人が損をしてMNPを繰り返す人が得をする問題から、スマホキャリア各社の施策は変化しましたが、結局MNPしたほうがお得問題はつきまといますね。

通信品質が快適かつ、YモバイルからMNPするのにちょうど良いサービスはUQコミュニケーションズのUQモバイルです。

両社の特徴は縛りがあるものの通常のスマホよりも安く(機種代を考えると格安スマホより安く)、回線速度が安定している点です。

自分はあまりスマホを使わないし、あっちこっち契約を変えるのがめんどう。スマホのバッテリーはそんなにへたらないです。

4年間おんなじ機種でもオッケーという方はmineo(マイネオ)、楽天モバイルあたりがオススメです。

また、結局MNPが優遇されるのは腹が立つというユーザーさんもmineo、楽天モバイルあたりの格安SIMが良いかと。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO)