YモバイルとUQモバイルの違いは?どっちが良い

      2016/10/10

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

YモバイルとUQモバイルって名前が似てますよね。

たまにネットの書き込みを見ているとUQモバイルはUモバイルのパクリじゃない?とか逆にUQモバイルもYモバイルのパクリじゃないとか名前が似ていることから良くわからないことになっています。

はたまたUQモバイルを運営している会社はUQコミュニケーションズという会社で、ワイマックスというモバイルインターネットを提供していることでも有名です。
対してYモバイルもモバイルインターネットサービスにも力を入れているのでますますややこしいという話なんです。

両社とも知名度の高いサービスですが、違い、どちらが良いかまとめたいと思います。

似てる疑惑についてざっくりまとめる

両社の被っている点・・・

・モバイルインターネット、格安SIM(Yモバイルは厳密には格安SIMではない)のサービスをしている通信会社。
・ワイというフレーズ(ワイモバイルの場合Yモバイル。ワイマックスはWiMAX)
・モバイルという言葉(Yモバイルは会社の名前にモバイル、UQモバイルはUQコミュニケーションズのサービス名)
点です。

他にも似ている点、はたまた違う点があるので後程書いていきます。

UQモバイルについて

uqmobilelogo

UQモバイルは、2007年に設立されたUQワイマックス(後程ざっくり解説)でおなじみのUQコミュニケーションズの提供する格安SIM、格安スマホサービスです。

そして、このUQコミュニケーションズという会社はauの子会社であり、とてもauとのつながりが深いんです。

格安SIMにはドコモ回線を利用したドコモ系のSIM、au回線を利用したau系のSIMがございますが、UQモバイルはもちろんau系の回線を利用したサービスです。

ドコモ系のサービスが多い中au系の通信網を利用したサービスは3社しかございません。

UQモバイルの意味

UQコミュニケーションズの提供するモバイルサービスという意味でUQモバイルです。

モバイルというのは、持ち運びできるという意味があり、持ち運びできる小型の物全般をモバイルと呼んだりしますが、モバイル=ケータイ、スマホを表す場合もあります。

おそらくモバイル・フォン(ケータイ電話)のフォンが省略されてモバイルになったのでしょう。

UQコミュニケーションズはモバイルワイマックスのサービスも行っているので、ちょっとややこしいいので、もっと他に良いネーミングはなかったのかと思いますが・・・

例えばUQ SIMとしても字面が悪いのか、ワイマックスサービスもSIMが利用されるのでこっちもこっちで混同されやすいですし、UQブランドのUQは冠とつけたいところですし、UQに繋げられるしっくりくるダサくない名前となると他社とごっちゃになりそうだけど、モバイルが無難ということになったのではないでしょうか。

UQワイマックスって何?

uqwimax

UQワイマックスはUQコミュニケーションズが、格安SIMであるUQモバイルを開始するよりも前から行っているモバイルインターネットサービスです。

UQはユニバーサルクオリティ(世界品質)の略です。

格安SIMはドコモやauなどの回線を借りて提供されるサービスが多いですが、UQワイマックスは、LTE、3Gといったケータイの電波ではなく、ワイマックス専用の通信網を利用して提供されるサービスなんです。

通信方式がスマホと違い、利用者がある程度多くても速度低下しにくく高速でインターネットを利用できる性質を持っていることからモバイルインターネットと言っても固定回線の代わりに利用しているユーザーさんも多いです。

管理人は以前、家電量販店にて通信サービス(インターネット)を勧める仕事をしていましたが、駅前の店舗ではなく郊外店であったこともあり、固定回線の代わりに申し込まれる方が多かったですね。

また、ドコモ、ソフトバンクなどで提供されるモバイルインターネットサービスよりも有利な条件で購入できることからモバイルインターネットのできるモバイルルーターでは一番人気があると考えられます。

昔はイーモバイルとシェアを争っていましたが、イーモバイルが戦いに敗れて、それをソフトバンクが拾ってきてYモバイルができた。

このような経緯があり、UQワイマックスがモバイルインターネット最強のサービスですね。
auと提携しており、auショップでも申し込めます。

ちなみにDMMモバイル、イオンモバイルの大容量プランを固定回線代わりに使おうとしている方もいらっしゃるかもしれませんが個人的には止めておいた方が良いと思います。

また、家に回線がなくスマホだけでやりくりしていいる方も正直言ってとっととワイマックスなり、固定回線を引いてしまった方が得策な気がしますね。

UQモバイルはおまけ?

そもそも本来はワイマックスサービスを提供されるためにUQコミュニケーションズが設立され、結局時代の変化やニーズに合わせて格安SIM、格安スマホのサービスUQモバイルがはじまりました。

ですのでぶっちゃけ悪い言い方をすると、UQモバイルはオマケみたいなものです。
だからこその良さ、あなどれない点はありますのでそれは後程。

ちなみにauとUQコミュニケーションズは提携しており、auショップではUQワイマックスの申し込みが可能ですが、さすがにauのスマホがあるのでUQモバイルの取り扱いは行っておりません。

将来的にもよっぽどないと思いますが、格安SIMとキャリアスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)のシェアが逆転したら取り扱われることもあるかもしれませんね。

UQモバイルとUQ WiMAX(ワイマックス)の違い

Yモバイルって何?

ymobile

UQモバイルは会社名でなくサービス名ですが、Yモバイルは会社名でありサービス名です。

提供を行っているサービスは、ポケットWi-Fi、スマホ、またガラケーの販売、サービス提供です。

簡単に言うとポジション的にソフトバンクの2軍のサービスです。

Yモバイルの意味

Yモバイルは、YahooのモバイルということでYモバイルです。正式にはY!mobileです。
会社名もヤフーモバイルではなく、ワイモバイルとなっております。

元々ワイモバイルはイーアクセスという会社にソフトバンクの息がかかり社名変更したものでしたが、結局ソフトバンクの子会社となりました。

UQモバイルの項目でも記載しましたが、モバイルは持ち運びできる電話が語源ですが、Yモバイルの場合はイーアクセスの時代にポケットワイファイでおなじみのイーモバイルのサービスを提供していたのでその名残もあるのではないでしょうか。

Yモバイル、UQモバイルどっちがパクりか

名称の部分でYモバイルがパクリ、UQモバイルがパクりという話題が出ますが、UQコミュニケーションズのワイマックスはYモバイルができる前からあったため・・・

順番的にはワイマックス→ワイモバイルとなります。

そのことから最初はワイモバイルがパクってるという話題が出ましたが、その後・・・

ワイモバイルより後でUQモバイルというサービスが始まったので、パクってパクり返してということが続いているような形になっていますね。

それ以前にイーモバイルがポケットWi-Fiという名前でモバイルルーターを販売しているのに被せて、UQコミュニケ―ションズがワイマックスのことをスピードWi-Fiとうたっていたこともあるのでパクリの歴史はUQ側からはじまっているような気もします。

天然か、計算かわかりませんが通信サービスって一般の人に違いを説明するのが難しかったりします。

それゆえこういうパクリ合戦みたいなのも話題になる→見てくれる人が増えるので、両社とも結果的においしいのかもしれませんね。

また、店頭なんかでも?ワイマックスと違うんですか?Yモバイルと違うんですか?といった質問をお客さんからしてくれそうな気もします。

というわけでライバル企業でありながらサービス名に関しては暗黙の了解で被せあってるのでしょう。

Yモバイルは格安スマホではない

Yモバイルは格安スマホなの?格安スマホじゃないの?という議論がたまに起こります。

格安スマホを従来のスマホよりも格安のスマホと定義すれば、Yモバイルは格安スマホと言っても間違えではありませんが、今現在一般的に格安スマホと呼ばれているサービスは、格安SIMを提供している会社のサービスです。

SIMはSIM、スマホはスマホという考え方ですね。

また、他社格安スマホとYモバイルが大きく違う点がいくつかあり・・・

・2年縛り
・今まで使っていたスマホが使えない
・通話料
・基本使用料

大きく分けてこの4つです

・2年縛り

格安スマホと今までのスマホの違う点は、縛りがない点です。通話プランに関しては緩めの縛りを設けている格安SIM提供会社もありますが、2年契約、2年更新もたいなものが基本的にはないのです。対してワイモバイルには2年縛りがございます。

・今まで使っていいたスマホが使えない
格安スマホの特徴として、今まで使っていたスマホがそのまま利用できるという特徴があります。(ドコモ系のSIMならドコモの端末が、au系のSIMならauの端末が)

しかし、ワイモバはソフトバンクの関連会社なのに、ソフトバンクの端末がそのまま使えないのです。

さらに、ワイモバイルがあるという理由からか?法人向けの回線利用料を高めに設定して、格安SIMのサービス提供会社に回線を実質貸せないようにしています。(理屈としてはau、ドコモと同じように、法人が借りることは可能)

auから格安スマホ組、ドコモから格安スマホ組はすんなり今までのスマホを格安スマホ化できるのに、今までソフトバンクだった組はそれができないんです。

それに対してソフトバンクせこい!と思われる方もいますが、企業の方針なんでいたしかたないでしょうね。

しかし2015年5月以降に販売された機種はSIMロック解除が義務化されました。
(要するに新しい機種の場合ソフトバンクでしか使えなかったスマホを他社でも使えるようにできるという物)

そのため、ソフトバンクも今後はこの流れに合わせてワイモバイルではソフトバンクの電話が使えるようにする。

先々にはau、ドコモと同じような回線の料金(格安SIMの提供会社向け)にしワイモバイルではなく、ソフトバンクの回線を使った格安スマホが登場するかもしれませんね。

・通話料
格安スマホのメリットはパケット通信量、基本料金が安いことです。そのためパケット通信をあまり行っていない人は基本料金が安くなるのでお得ですし、通信を大量に行う方もパケット代が安いので格安SIM、格安スマホを導入するメリットはあると思います。
デメリットとしては、通話料が割高であることですね。

対してワイモバイルの場合は他社ケータイ、固定電話への10分間の通話が無料(300回)で利用可能です。

その他、ワイモバイルは、スマホプランの場合、月額1,000円で誰とでも定額という通話料が無料になるオプションに入ることも可能です。

ちなみに格安スマホ、ワイモバイルの通常の通話料は20円/30秒です。
キャリアスマホはプランによりますが基本的似10円/30秒なので少し高いです。

ただし格安スマホも、ワイモバイルも通話アプリの利用で節約することが可能です。

また、格安スマホでもUQモバイル、楽天モバイルなどは無料通話のオプションを設けています。

格安スマホは通話料が高い?通話料を安くする方法もあるヨ!

・基本使用料
Yモバイルでスマホを使う場合、モバイルルーターを使う場合なんかもそうですが、基本使用料が格安SIMよりも割高になります。

・スマホプラン2,980円~
・ルータープラン2480円~
・SIMのプラン1,980円~

ですので、格安SIMより高いんです。キャリアスマホと、格安スマホのちょうど中間くらいですね。

ただ、MNPの場合など端末セットなどで、意外と安くなることもございます。

追記:Yモバイル速い

Yモバイルは2年縛り、端末がSIMフリーでないといったデメリットはありますが、格安スマホ勢よりも通信速度が高速です。

無理やり順位をつけると・・・
1番キャリアスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)
2番ワイモバイル
3番UQモバイル
4番格安スマホその他

こんな感じです。格安スマホよりやや高くなり、2年縛りはあれど、速度面での快適さ、通話料が安いことなどを加味すると、ワイモバイルの方が格安スマホよりも使いやすく、さらに安くなることもあります。

YモバイルとUQモバイルはけっこう似ている

Yモバイルは先ほど格安スマホではないと書きましたが、UQモバイルは格安スマホでありながら他社格安SIM、格安スマホとは少し違う部分も多く割とYモバイルっぽさを感じさせます。

UQモバイルがYモバイルっぽい点

・大手通信会社の子会社
・通信速度がいつも速い
・パッケージングされたプラン
・2年縛りがあるプランも

・大手通信会社の子会社
先ほども触れましたが・・・
UQモバイル=auの子会社
Yモバイル=ソフトバンクの子会社
です。

OCNモバイルONE、ぷらら、IIJなどもNTT絡みではありますがUQとau、Yモバとソフバンの関係よりも関係性が薄いようですね。

・通信速度がいつも速い
先ほどYモバイルは通話料金が安いということを書きましたが、通信速度が速いというメリットがあります。
厳密にいうとau、ドコモ、ソフトバンクよりは劣りますが格安スマホ勢よりは速いんです。

また、UQモバイルも他社格安スマホより通信速度が速いことで有名です。

特に通常仕様で速度の違いが体感できるのが、平日お昼の時間帯で、Yモバイル、UQモバイルなんかはほとんどの地域でダメダメな速度になりにくいですが、その他格安スマホの場合はお昼の時間帯でガクンと速度が遅くなることが割と頻繁にあります。

これはYモバイル、UQモバイル共に親会社の恩恵が正直言ってあると思います。

対して、NTT絡みのOCN、IIJ、ぷららなんかは格安SIM、格安スマホの中ではイケてると言われつつも、Yモバイル、UQモバイルほどは快適に使えず、他の格安SIMよりは良いぐらいでしょう。(あまり良い噂のない?ぷららは除く)

・パッケージングされたプラン
ほとんどの格安SIM、格安スマホのプラン構成は音声通話可能、音声通話不可かを選び、パケットの容量を1GB、3GB、5GB、6GB、8GB、10GBといった豊富なプランの中から選ぶ形になります。

対して、UQモバイルは通話+パケット通信+無料通話がコミコミで1,980円(ぴったりプラン)といったプランを提供していますし、Yモバイルもスマホプラン、S,M,Lと通話+パケット通信+無料通話がセットのプランを提供しています。
※UQモバイルは、無料通話が込み込みでないプランもございます。

・2年縛りがあるプランも
基本的に格安スマホのプランは、2年縛り、2年更新がございませんがUQモバイルの場合はプランによっては2年縛りやっちゃってます。上記のぴったりプランなんかがそうですね。

※格安スマホは、MNPジプシー?MNP乞食?(CB目当てでコロコロ契約を代える人)と呼ばれる人対策のために通話SIMは1年以内の解約で違約金がかかることはあります。

その分パケット通信量、通話料がお得になるのですが他社の場合ですと、キャリアスマホのような縛りなしを売りにしていますが、この点もYモバイルUQモバイルとで似ていますね。

立ち位置的に・・・・
格安スマホ、UQモバイル、Yモバイル、キャリアスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)といったところでしょうか。

Yモバイルを格安スマホと定義するサイトもありますが性質的にYモバイルは格安スマホではないと思います。(縛りがある、通話、プランがパケット通信コミコミである、今まで他社で使っていたスマホが使えない)

またUQモバイルは格安スマホですが、他社格安スマホよりもYモバイルに似ていますね。
※UQモバイルはプランによって違う。

UQモバイルとYモバイルのプラン

UQモバイルの、格安SIMっぽいプランは比較的シンプルですが、2年縛りのあるキャリアスマホに似たプランは少し複雑です。

また、Yモバイルのプランも少し複雑です。
というのも、新規なのか、関連会社からの乗り換えなのか、関連のない会社からのMNPなのかなどで、条件が異なってくるからですね。

Yモバイルは、ソフトバンクからの乗り換えの場合は条件が悪いです。新規の場合は普通の条件。auやドコモ、もしくはドコモやauの回線を使ったキャリアからのMNPの場合は条件がかなり良くなります。

UQモバイルの場合は、新規、ドコモ、ソフトバンク、ドコモ系の格安SIMからのMNPの場合は良い条件。auからのMNP、au系格安SIM(マイネオ、フィーモ)からのMNPは条件が悪くなります。

Yモバイル
ドコモ、au、もしくはドコモ、au系の格安SIMからの乗り換えの場合は、パケット2倍のキャンペーンを行っています。

1GBプラン→2GB
3GBプラン→6GBプラン
7GBプラン→14GBプランです。

新規(条件による)、ソフトバンクからのMNPの場合は、パケット2倍にはなりません。

UQモバイル
対してUQモバイルですが・・・
au、もしくはau系SIMからMNPの場合は、月額が若干高くなりあまり条件が良いと言えません。

新規、ソフトバンクの場合はUQモバイルへのMNPがオススメ。
ドコモ、au(もしくはそれらの回線を利用した格安SIM)はYモバイルへのMNPがオススメです。

iPhone5sを申し込む場合を例にして、Yモバイル、UQモバイルの料金の違いをこちらの記事にまとめましたので、参考にしてください。

iPhone5sを申し込むならUQモバイル?Yモバイル?どっちが良いの?

まとめ

Yモバイル、UQモバイル共に、格安SIM勢よりもひとつ上の品質で利用可能です。

どちらが速いかと言うとYモバイルに軍配があがりますが、体感的にはそこまで変わりません。

エリアに関しては、UQモバイルはauのエリア、YモバイルはソフトバンクのエリアなのでUQモバイルの方が有利ではあります。

UQモバイルの縛りなしプランは変わっているので利用者を選ぶ内容なので、管理人的には一般ユーザーの方には2年縛りプランの方がオススメです。

UQモバイルの、わかりやすいプランは、比較的誰でも使いやすいプランであり、Yモバイルに似ていますね。

※ただし、auからのMNPだと条件が悪いです。

対してYモバイルは、2年縛りプランが基本で、一応縛りのないプランもありますが、割高でありYモバイルも気難しいお客さんや、海外に行くなど、ニッチな需要の為に一応提供しているといった印象。

格安SIM全体と比較すると、Yモバイルは若干高いですが、キャリアスマホよりはダンゼンに安いです。さらに無料通話もついてきますので、それを考えるとお得になる人も多いのではないでしょうか。

UQモバイルのように端末セットではなく、SIM単体の申し込みもできるのでSIMフリー機を安定した回線で利用したい人にもお勧めです。

※UQモバイルのように、Yモバイルの場合はソフトバンクからのMNPは条件が悪いです。

ということなので、ソフトバンクを今使っている人はUQモバイルがオススメです。auの方はYモバイルがオススメです。

ドコモの方は、Yモバイルのスピードを取るか、UQモバイルのエリアを取るか、後は取扱い機種、無料通話の付き方などで検討してみて良いのではないでしょうか。

公式サイトにて両サービスとも相談可能です。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 格安スマホ(MVNO) ,