海外旅行に行きますが格安SIMは使える?

   

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

管理人は、日本国内ではmineo(マイネオ)と楽天モバイルの格安SIMを併用しています。

持っているスマホはauのiPhone6とSIMフリー機である富士通のM02 。

WS000285

持っているルーターはLG社製のL-01G(SIMロックをドコモショップで解除した)、とNECのMR04LN(SIMフリー機)ですね。

海外旅行に行きますが格安SIMは使えるの?

それで、実は管理人は今タイ王国はバンコクに来ています。バンコクなうなんです。

というわけで、海外旅行に行きますが格安SIMは使えるのか?他には良い方法はないのかについて書きたいと思います。

海外でも格安SIMは使えます、しかし他にも良い方法はありますね。

管理人の場合

結果的に管理人の場合は・・・

・現地のサービスを体験したかった。
・言葉が通じないながらもサービスの契約をできるか挑戦したかった。
・比較的長期の滞在であるため安くなること。
・そしてSIMフリールーターも、SIMフリースマホも持っている。

・・・ことなどから、ちょっとハードルが高かったですが、現地SIM(TRUEやDTAC、AISというタイの会社のサービス)を利用することにしました。

管理人は、タイに持って行ったSIMフリールーターにはDTAC社のSIMを挿し、現地で衝動買いしたスマホにはTRUE社のSIMを挿して使っています。

TRUE社のSIMは結局あんまり利用していないのでちょっと無駄遣いした感が半端ないですね。(笑)
※DTAC、TRUEはタイのドコモやauみたいな通信会社のことです。

管理人はいろいろチャレンジしてみたかったので、そんな感じですが・・・

用途や環境は人それぞれ

・海外旅行時に日本で利用しているスマホをそのまま使いたい方もいらっしゃるでしょうし。

・短期滞在なら、面倒な契約や設定を行うよりも格安SIMやルーターのレンタルサービスを使った方が良い場合もあります。

・また、ホテルや商業施設、レストランやカフェの現地ワイファイで十分という方もいらっしゃるかと思います。

というわけで、ちょっと風呂敷を広げて・・・

・海外で格安SIMは利用できるのか
・現地SIMを契約するメリットやデメリット
・SIMフリー機での運用、キャリアスマホでの運用
・ワイファイルーターレンタルサービスは必要か
・そもそもワイファイは公衆無線LANで十分なのか

を書いていきます。

海外で格安SIMは利用できるの?

海外で格安SIMは利用できます。ただし契約しているサービスによっては利用できない場合があります。

これはなぜかというと、国際ローミング、海外でのパケット通信にに対応している、対応していないかが、格安SIMのサービスによってあるからなんです。

ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルといった、三大キャリア+1は国際ローミングや海外のパケットにに対応していますが、格安SIMのサービスを提供している会社はサービスによっては対応していませんね。

国際ローミングに対応している格安SIM

国際ローミングに対応しているのは、楽天モバイル、DMMモバイル、IIJmio、mineo(マイネオ)、biglobe、UQmobile(UQモバイル) 、U-Mobile、b-Mobile、Freetel(フリーテル)、OCNモバイルone等です。

国際ローミングに対応していれば、SMSの受信、電話の着信発信が可能になります。
ただし、メールの送信、電話の発信は割高になります。

例えば、タイでmineo(マイネオ)のau回線を利用している場合ですと、SMSの送信で100円、日本への発信で175円/分かかってしまいます。

お仕事の場合や緊急時に今まで使っている番号で連絡を取れるメリットはありますが、それ以外にメリットはありません。

国際ローミングも緊急時大事ですが、それよりもインターネットに接続できるのか?ラインは使えるのか?SNSは利用できるのかの方が大事ですよね??↓

海外でパケット通信に対応している格安SIM

通話、SMS(ショートメッセージ)はパケット通信を用いて利用します。

インターネットサイトの閲覧、Line(ライン)、IP電話などはパケット通信を用いて行います。

仕事で今の番号で、通話を行う(着信、発信をする)となれば、国際ローミングに対応していることが大事になりますが、「日本に居る友達とコミュニケーションを取る。海外で調べものをする。」のであればパケット通信が海外で行えるかどうかの方が重要ですよね。

それで、海外でのパケット通信に対応している格安SIMはというと・・ございません。

一応、mineo(マイネオ)が海外用プリペイドSIMのサービスを提供してはおりますが、初期費用3,000円です。
通常提供しているプランとは別のサービスとなります。

パケット通信の容量が・・・

30MBで650円、100MBで1,480円、500MBで5,480円、1GBで9,800円と比較的割高なサービスとなってしまいます。

mineo(マイネオ) 海外用プリペイドSIM

楽天モバイルも似たサービスを提供していますが、こちらも割高感がいなめませんね。

楽天モバイル:楽天モバイル 海外SIM

日帰り旅行、もしくは既に訪問したことのある国の知っている場所に行く。
もしくは、Line(ライン)のメールをちょっと使うだけ!

と限定するのであれば、公衆無線LANやホテルのワイファイと併用して~100MBに収まるかもしれませんが、500MBなんて本当にすぐに行ってしまうので注意が必要ですね。

ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンクですと・・・

ドコモ・・・2,980円/日
au・・・2,980円/日
ソフトバンク・・・2,980円/日

使い放題ですが1日の料金が約3,000円とこちらも高額です。

ドコモですと・・・

国際ローミングサービス:WORLD WING(ワールドウィング) | サービス・機能 | NTTドコモ

一応各社、2段階のプランや節約すれば通信量のかからないプランにはなっておりますが、普通に使うとすぐに上限の2,980円/日に達するのであんまり2段階の意味がないような気がします。

現地SIMを契約するメリットデメリット

というわけで、格安SIMは電話とSMSしか使えない。mineo(マイネオ)の1海外用サービス、キャリアスマホはパケットし放題でかなり割高・・・ということで現地でSIMを契約するという選択肢が出てきます。

確かに安いには安いです。しかし誰にとってもその選択肢がベストかというと疑問です。
というのも・・・

・事前に調べておく必要がある
・外国語でのやりとりが必要
・SIMフリー機を持っていないといけない
・APN設定などが必要な場合もある

からなんです。

事前に調べておく必要がある

これは、現地の空港やコンビニ、スーパー、ショッピングモールで、現地にどんなキャリアがあってということがわかると言えばわかりますし、現地のホテルのワイファイでインターネットに接続しても確認することはできるのですが・・・機種の適応や通信速度などは、海外旅行に出る前に調べておいた方が無難です。

外国語でのやり取りが必要

海外で格安SIMを利用するには外国語でのやり取りが必要です。主に英語ですね。

管理人の場合はタイ、バンコクのスーパーで契約しましたが、店員の英語力は乏しく、また管理人の英語力も乏しかったため、意思疎通が上手くいかず、店員がキレ気味になってしまい、少し心が折れました。笑

空港で契約を行うのであれば、英語の得意なスタッフが多いのでやり取りがある程度スムーズに行くかもしれません。

現地SIMを契約する場合は、スタッフが設定を行ってくれますが定説になっていますが、管理人の場合、現地SIMを利用したかったルーターL-01Gが日本語であったことなどから、自分でやってくれという話で設定してもらえませんでした。

SIMフリー機を持っていないといけない

海外でスマホや、モバイルルーターを利用したい場合はSIMフリーのスマホ、SIMフリーのルーターでないと利用できません。

格安SIM契約の時に購入できるスマホ、ルーターなどはSIMフリーの場合が多いですが、ドコモ、au、ソフトバンクで契約したスマホはSIMロックがかかっており海外で利用できません。(キャリアで3,000円ほど払いSIMロックを解除できる機種もある。)

海外旅行に頻繁に行かれる方、現地でのやり取りに自信がある方はSIMフリーのスマホ、もしくはルーターを持っておくと便利ですね。

ちなみに、スマホがSIMフリーでないにせよ、現地のワイファイ環境やSIMフリーのルーターを一緒に持ち運ぶことでLine(ライン)やインターネットの閲覧、地図を見たり、通信の必要なアプリは利用可能です。

APN設定などが必要な場合がある

海外メーカーのSIMフリースマホや、海外でも流通しているSIMフリーのルーターであれば、手動の設定なしですぐに接続できます。(SIMフリーのiPhoneなど)

しかし、海外ではあまり流通していないSIMフリー機のスマホや、ルーターの場合APN設定という設定が必要になります。

ユーザー名、パスワード、APNなどを手動で入力してはじめて現地SIMが利用できるようになるんです。

管理人は勢いで現地のSIMフリーiPhone5sを購入しましたが、iPhone5sは設定なしで、TRUEという会社のSIMが利用できました。

日本から持って行った富士通ARROWS M02に関してはAPN設定が必要で、TRUE APNとネット検索し、ヒットしたサイトの情報を見て入力しました。

ASUS、ファーウェイといったメーカーの商品は、iPhone同様、世界で販売されているのでAPN設定なしで利用できるかもしれません。

というわけで・・・現地SIMを契約するということは、節約につながりますし、自分でミッションをクリアする喜びがあるというメリットもあります。

しかし、もしかしたら使えないかもしれない、言葉がわからないストレスが大きい、使えないサービスをわけもわからず契約しお金が無駄になるかもしれないリスクやデメリットもございます。

ですので・・・
契約にチャレンジしたい人、長期滞在胃などでどうしてもとにかく安いサービスを利用したい人、SIMフリールーターや、SIMフリースマホを所有している人にはオススメです。

SIMフリールーターを買うならば

管理人の場合はドコモ製のルーターL01-Gを、わざわざドコモショップでSIMフリー化(3,000円支払い)してタイのバンコクで利用しましたが・・・

SIMフリールーターを持っていなくて購入したいのであれば、バッテリーも長持ちし、本体重量も軽く、かさばらないNECのMR04LNが一番無難かと思います。

海外でインターネットを利用する無難な方法

というわけで、上記の自分でSIMフリールーター、SIMフリースマホを用意して、現地で契約するという方法は比較的長期に滞在する、海外旅行に頻繁に行く、自分で契約にトライしたいという方にはおすすめですが、ストレスを感じる場合や、機種が使えないなんてリスクもあるので万人にはオススメできません。

かといって、キャリアの海外パケ放題、楽天モバイル、mineo(マイネオ)の提供する海外用SIMも費用的に高額とは言えません。

ではどうするか・・・

2つの方法があると思います。

・ホテルや、商業施設のワイファイのみを利用する
・ワイファイルーターをレンタルする

ホテルや、商業施設のワイファイのみを利用する

せっかくの旅行だし日々のストレスから解放されたいですとか、ツアーで来ていてまわる所は決まっているので安心という方は、日本で利用しているスマホは持っていき、現地のホテルや商業施設などのワイファイのみを利用するのも良いと思います。

ただし、商業施設にワイファイがあるのかは事前に調べる必要があります。

またワイファイを借りる時も、ワイファイはありますか?IDとパスワードを発行してくださいと自分で聞く必要がありますね。

管理人の場合は、現地SIMを契約したので、海外の商業施設のワイファイを利用することはなかったです。

パケット代の節約にはなるので利用しても良かったのですが、その場所その場所でIDとパスワードを発行してログインしてという作業がなんだかめんどくさそうと感じてしまいました。

日本でもマクドナルドやスタバなどのワイファイが利用できますが、個人的に日本でも利用しないですし、ログインしたりがなんだかめんどくさいイメージです。

費用0円ですが、質問しないと利用できない、施設から出ると利用できないといったデメリットはあります。

ワイファイルーターをレンタルする

・キャリアスマホ、格安スマホの海外用サービスは費用が高すぎる。
・現地SIMの契約はハードルが高そうだしめんどくさそう。
・ホテルや商業施設のワイファイだと、もしもの時に困る。

そんな方におすすめというか、1番無難な選択肢が、ワイファイルーターをレンタルするです。

例えばキャリアのパケ放題の場合3日間海外で利用すると、2,980円×3日で約9,000円も通信量がかかってしまいます。

mineo(マイネオ)のプリペイドにしても、初期費用3,000円+5,480円(500MB)ですと8,500円ほどになり高額です。(もっと利用する場合はもっとかかる。)

しかしワイファイルーターのレンタルサービス イモトのワイファイを利用するのであれば・・・


タイであれば
☆1日680円×3日間で約2,100円で利用可能です。

アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリス、フランス、イタリアなどでも・・・
☆1日980円×3日間で約3,000円でインターネットが使い放題です。

ちなみに友人と旅行に行く場合は、1個の契約で複数人同時に利用できますね。

ただし別行動するかもしれない場合は、念の為に2台借りても良いでしょう。

まとめ

海外旅行で格安SIMは快適に使えない。格安SIMサービスを提供している楽天モバイル、mineo(マイネオ)の海外旅行向けプリペイドサービスも少し割高だと感じます。

元々SIMフリールーターを所有している、もしくは頻繁に海外に行くのであればSIMフリールーターを新たに購入し現地SIMを利用するのが良いです。

ちなみに管理人の契約したTRUE社のSIMは300BHT(日本円で約900円)で7日間、1.5GBまで高速で使い放題というプランです。

SIMフリールーターがあれば、旅行中900円の通信量だけで済むというわけです。

ルーターがなく、新たに購入する場合ですと・・・
管理人の場合ルーター代、L01-Gが16,000円(本体)+3,000円(ドコモショップでのSIMロック代)かかってますので、海外でしか使わないとすれば、ざっくり10回くらい海外に行って19,000円÷10回=1,900円+現地SIM 900円(7日)=2,800円/回の旅行です。3日だとすると900円/日ですね。

自分の使いたい機種を使えるというメリットはあれど、金額で考えるとあまり得してないですね。
何回旅行行って元取れるんだという話になります。

そというわけで、やはり一番無難な方法は日本でレンタルのルーターを申し込むことですね。
例えばタイ旅行の場合ですとイモトのワイファイは、初回に500円+680円/日です。

3日間で、約2,600円/日ほどで利用できるという計算になり、お手軽かつかなりリーズナブルだと思います。
また渡航中にトラブルがあった場合の問い合わせ窓口もあるのでもしもの時も安心です☆

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 雑記