ワイモバイルと格安スマホの違いは?どっちが良いの?

      2016/07/20

yomobakakuyasu

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

最近格安スマホが話題ですが、ワイモバイルも人気がありますよね。

管理人の周りでも、「キャリアスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)から、ワイモバイルにして安くなったよ。」という声も聞きます。

また、当サイトで紹介している、mineo(マイネオ)、楽天モバイル、ビッグローブスマホと言ったいわゆる格安スマホのサービスよりもテレビでCMをじゃんじゃん流していることや、ショップがたくさんあることなどから知名度も高いですね。

格安スマホとワイモバイルは違う?

ワイモバイルも普通のスマホよりも安くなるスマホという意味では、格安スマホの一種であると分類される方もいますが、他社の格安スマホサービスと性質が違うことから、管理人的にはワイモバイルは格安スマホもどきという位置づけですね。

格安スマホのようで格安スマホではなく、キャリアスマホ(au、ドコモ、ソフトバンク)の様で、キャリアスマホでもない立ち位置なんです。

格安スマホもどきと書きましたが、ポジティブな言い回しをすると、格安スマホとキャリアスマホの良いとこどりとも言われています。

ワイモバイル、格安スマホの違いをわかりやすく

大まかに格安スマホとワイモバイルの違いを書くと・・・

項目 格安スマホ ワイモバイル
月額 かなり安い 安い
通話料 高い 安い
縛り なし 2年、3年
ショップ ない ある
プラン シンプル 複雑


・最低の月額は格安スマホの方が安い

・通話料はワイモバイルの方が安い
・ワイモバイルには2年契約、3年契約の縛りがある
・ワイモバイルはショップがいたる所にある
・プラン体系がややこしい

これらがあげられます。

後程詳しく解説します。

ワイモバイルってどんな会社?

ymobile

ワイモバイルは、元々100円パソコンで人気を博したイーモバイルという会社でした。

モバイルパソコン用のUSBスティックからはじまり、モバイルルーターであるポケットWi-Fiで人気を博しましたね。

pocketwifiem

モバイルインターネットを使いたいというニーズは実はあまりなかったのですが、モバイルパソコンと抱合せて契約を取るという営業色の強い会社でぐんぐん契約者数は伸ばしていきました。

競合サービス、UQコミュニケーションズのワイマックスの登場でイーモバイルの、モバイルインターネット部門は下火になりました。(ワイマックスの方が自宅で使うモバイルインターネットとしてはニーズがあるので)

またメインはポケットWi-Fiと呼ばれるモバイルルーターでしたが、当時からスマホの発売にもある程度力を入れていましたね。

そしてその後ソフトバンクの子会社となりました。

PHSで人気を博したウィルコムもワイモバイルに吸収されています。

willcom

要するにソフトバンクの子会社であり、元イーモバイル+ウィルコムと考えて良いでしょう。

ソフトバンクとワイモバイルの違い

softbank

ワイモバイルは、ソフトバンクの子会社です。ソフトバンク、ワイモバイル共にスマホの販売やサービスの提供を行っています。

ここで出てくる疑問が、親会社と子会社同士でお客さんの取りあいにならないのか、別々でサービスを提供する意味はあるのかということですね。
ソフトバンクはソフトバンクで営業活動に力を入れていますし、ワイモバイルもPR活動を頑張っていますからね。

ワイモバイルはソフトバンクの2軍説

ワイモバイルは立ち位置としてソフトバンクの2軍的ポジションと呼ばれています。

特徴としては・・・
・ソフトバンクよりも最低月額が安いため、ガラケーユーザーが手軽に申し込みやすい。
・ワイモバイルはパケット通信の容量が少ないプランがあり、あまり通信しない人がお得。
・最新機種はソフトバンクで発売され、ワイモバイルは遅れてリリースされる。
※最近ワイモバイルからiPhoneが発売されましたが、iPhone6sやSEではなく、5sでしたね。
・ソフトバンクと使えるエリアは一緒。
・ワイモバイルには10分話放題プランがあり、ソフトバンクには24時間通話し放題プランがある。
・ソフトバンクよりプランが簡単で分かりやすい。

こんな感じです。

とにかく最新機種が良い。ソフトバンクとひもづいたソフトバンク光などのサービスを使っている。家族や恋人などと通話を長時間行う。のであればソフトバンクの方が良いですが、それ以外の方はワイモバイルのサービスの方がソフトバンクよりもオススメです。

格安スマホとワイモバイルの違いを詳しく

格安スマホのサービスは提供業者がかなり多いです。
全部の会社を例に出して比較していたらとてつもないヴォリュームになってわかりにくくなってしまうと考え、当サイトでオススメかつ、今一番勢いがある?楽天モバイルとの比較をしたいと思います。

楽天モバイルとの比較

rakutenmobile1

格安スマホには、通話できないものの割安なデータSIMプランを契約して、ガラケーと2台持ちするという方法もあります。
ワイモバイルとガラケーを2台持ちするパターンもあるかとは思いますが、今回は2台持ちしない。
ワイモバイルのスマホ1台か、楽天モバイルのスマホ1台持った場合で比較を行います。

基本使用料

楽天モバイル、mineo(マイネオ)、ビッグローブスマホなどはキャリアのスマホと違いSIMカードだけの契約をして、今までのスマホでそのまま使うというパターンも多いです。
(au、ドコモの機種であればそのまま使えるため)

ワイモバイルはと言うと、SIMカードの契約だけでなく、スマホもセットで契約される方が多いですね。また、SIMカードのみで契約する場合と、スマホ本体もセットの場合だと月々割が適応されるのでSIMカード単体とスマホ本体セットで料金が大幅に変わってきます。

月額

容量 ワイモバイル 楽天モバイル
1GBプラン 2,980円 なし
3GBプラン 3,980円 1,600円
5GBプラン なし 2,150円
7GBプラン 5,980円 なし
10GBプラン なし 2,960円

ワイモバイルのプランは3GB、5GB、7GBです。

対して、楽天モバイルは、ベーシックプランというほぼ待受用にスマホを持ちたい方の低速プランもありますが、割愛して、3.1GBプラン、5GBプラン、10GBプランに分かれます。

ワイモバイル、楽天モバイル共に選べる容量が違うのですが、おおまかにだいたいワイモバイルの半額で楽天モバイルは持てる計算になりますね。

通話料

ワイモバイルには10分以内の通話が0円(月300回まで)といったサービスがついてきます。
それ以上通話した場合は30秒20円となります。

また彼氏や彼女がいるので、通話をたくさんしたいのであればスーパーだれとでも定額というオプションがあるのでそちらを利用すれば+1,000円/月額で何時間でも電話し放題にすることが可能です。

対して楽天モバイルは、楽天でんわというサービスがあります。

楽天でんわを利用すれば30秒20円の通話料金を30秒10円にできます。

楽天でんわ自体は無料ですが、短時間の電話を頻繁に行うようであれば、楽天でんわのオプションサービス5分かけ放題オプションに申し込みすることで+850円/月額で、5分の通話を何回でもかけ放題にできます。

ちなみに楽天モバイルでは、ワイモバイルのように通話料がまるっとかけ放題になるオプションは行っていません。

通話オプションがもともとあるワイモバイルと、通話オプションが元々ないものの5分話放題オプションをつけた楽天モバイルの料金を比較するとこんな感じです。

容量 ワイモバイル 楽天モバイル
1GBプラン 2,980円 なし
3GBプラン 3,980円 2,450円
5GBプラン なし 3,000円
7GBプラン 5,980円 なし
10GBプラン なし 3,810円

今長電話しないけど、もしかしたら今後長電話するかもしれないという方はこちらの記事を参考にしてみてください
格安スマホは通話料が高い?通話料を安くする方法もあるヨ!

端末のお値引等

ワイモバイルは端末と通信契約のセットを推しております。対して楽天モバイルは、端末は端末、SIMカードはSIMカードという考え方が強いため、契約とセットでの大幅な割引がございません。

例えばワイモバイルでiPhone5sを購入し契約した場合・・・
1GBプランで1,188円の値引き
3GBプランで1,728円の値引き
5GBプランで2,160円の値引き
がございます。

他の機種を購入した場合でもほぼ同じの割引が適応されます。

それで毎月の金額が、基本使用料+通話料+機種代-お値引こんな感じになります。

対して楽天モバイルは、機種のお値引があんまりありません。

確かに他の格安スマホサービス提供会社と比較すると、楽天モバイルの端末は安くなっていますが、ワイモバイルのように毎月1,000円~2,000円月額が安くなると言うことはございませんね。

割引オプション等

ワイモバイルには家族でワイモバイルを使うと月額500円安くなるオプション、学生(25歳以下)の場合は1GBプランが2GBになる。3GBプランが6GBプランになる、データ容量2倍のキャンペーンを行っています。また1年間月々の料金が安くなります。

ワイモバイルのデメリット

契約の縛りなど

ワイモバイルの場合は、基本2年契約になります。2年間使わなければ違約金がかかるというものです。それゆえに端末セットでのお値引が可能になるんです。

逆に楽天モバイルは、通話SIMで契約した場合1年以内であれば9,800円の違約金がかかりますが2年目以降は違約金なしですので、気に入らなかったら気軽に他のサービスに乗り換えることができるというメリットがありますね。

端末の選択肢が少ない

ワイモバイルは楽天モバイルのように端末の種類が多くないです。また、取扱いしている端末の価格帯が比較的割高になるので、月額料金をとにかく押さえたいという方のニーズとは合致しないのかな?という印象はありますね。

端末はそこそこの品質で、そこまで高くないものが良いのであればファーウェイのLumierなんかがワイモバイルの中では良いかなと思いますが・・・
楽天モバイルであればZenfone2、ARROWS M02、p8liteなど様々選択肢があるんですよね。

また、楽天モバイルはSIMフリー端末の販売を行っているので、サービスが合わなければ他の会社のSIMを利用することができます。
対してワイモバイルは、ワイモバイル用のスマホになりますので、解約して他のキャリアで契約すると言うことが基本的にできないんです。

まとめ

いろいろ書いてたらめちゃくちゃ長かったので、要するに何が言いたいかまとめます。

ワイモバイルがオススメの方

まず格安スマホ比較した場合のワイモバイルのメリットはiPhone5sを申し込めることです。

一応、端末を自分で用意して楽天モバイルのSIMを契約するという方法もあります。

しかし、端末と契約バラバラだとハードルが高いと思う方も多いですよね。

ですからiPhoneは使いたい、月額は安くしたいという方にはワイモバイルがおすすめです。

ちなみに管理人の周りではiPhone6はデカいから嫌だ。iPhone5とおんなじ大きさの今度出る、iPhoneSEが良いという人もいれば・・・iPhone5sの性能で十分じゃない?という人もいますね。

管理人は6ユーザーですが、5sの性能で十分だと思いますよ。

またワイモバイルは学生(25歳以下)ですと、パケットの容量が2倍になりますし、月額も1年間は1,000円安いのでオススメです。

楽天モバイルがオススメの方

楽天モバイルは、端末の選択肢が多いですししかも安価な端末が多いんです。

なのでそれなりに使えればそこまでこだわらない、通信量の節約をしたい方にお勧めです。

また、2年縛りなどないので、今まで2年縛りがあるのが嫌だった。めんどくさくない方が良いという方も楽天モバイルが良いと感じました。



格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 質問疑問 , ,