Youtubeを見るなら格安SIM?WiMAX?比較してみました

      2017/04/19

こんにちは管理人のたつのすけ(仮)です。

今はドコモや、au、ソフトバンクのスマホを使っているものの格安SIMに変えたい。

Youtubeは今まで通り見れるの?従来のスマホと比較してメリットやデメリットはあるの?WiMAXというモバイルルーターを導入するという方法もあるみたいだけどどうなの?と考えられている方がいらっしゃるようです。

結論から書くと、格安SIMを利用してもWiMAXを利用してもYoutubeは通常通り見えます。
どのような選択肢が良いかは、ユーザーさんが毎月どのくらいYoutubeを利用したいかによります。

その辺りのことについて詳しく説明していきたいと思います。

そんなこと知っておるわい!という方も多いと思いますが、この記事ではキャリアスマホ(ドコモ、ソフトバンク、au、Yモバイルも含む)が良いのか、格安SIM(格安スマホ)が良いのか、WiMAXというモバイルルーターが良いのか比較するという記事なので大まかに3つのサービスの特長から書いていきます。

キャリアスマホってどんなサービス

ドコモ、au、ソフトバンクは巷では3大キャリアと呼ばれており、これら3社で契約したスマホをキャリアスマホと呼びます。

Yモバイルはソフトバンクの子会社のサービスであり3大キャリアのサービスと言うよりは3大キャリアのうちのソフトバンクの子会社のサービスなのでキャリアスマホにカテゴリーするか微妙ですが2年契約などがあることからキャリアスマホの仲間と定義して良いでしょう。

ドコモ、au、ソフトバンクの特長として・・・
メリットは
・スマホが安く購入できる
・サポートが充実している
・通信品質が良い
ことがあげられます。

逆にデメリットは
・通信量の月額が高い
・2年縛りや3年縛りで拘束される
・プランがわかりづらい
ことがあげられます。

スマホが安いと聞いて、安くないじょーと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、スマホ代は同じ機種を購入するとすれば格安SIM、格安スマホの提供会社よりもキャリアの方が安く変えます。

なぜなら、販売台数の実績があるのでメーカーから安く仕入れることができるからですね。
販売台数が少ないとお客さんに安く販売できないことになります。

そのため例えばiPhoneの端末代だけで考えるとSIMフリーが一番高額であり、その次にiPhoneをさばけていないドコモが高く、ソフトバンク、auは1番安いです。

また、2年契約、3年契約などの縛りがある通信契約と抱合せ状態なので端末代で儲けなくても通信契約で儲けることができますしね。

余談ですがドコモは格安SIMに積極的なため契約者が減り今後端末の本体価格は高くなることが予想されます。

対してソフトバンクはあんまり格安SIMに乗り気でないため最新機種が一番安く購入できるキャリアになりそうです。

世間(特にネット)ではキャリアスマホはぼったくり!とっとと格安SIMにしようぜ!といったムーブメントが起きていますがお金に余裕があってスマホに詳しくないと言う方はショップもあることですしキャリアスマホが一番安心と言えば安心と言えるでしょう。

ただし格安SIM、格安スマホが登場した昨今では従来のキャリアスマホは高級車のようなものなので、普通にスマホが使えればそれで良いという方は格安SIMで十分でしょう。

Yモバイルとは


Yモバイルはソフトバンクの子会社でありサービス名でもあります。

キャリアスマホと同じように2年縛りのプラン前提なので、キャリアスマホの仲間と言っても良いですが月額が安いということで考えればある意味格安スマホと言っても良いかもしれません。

ユニクロの弟分としてGUがあるような感じです。

キャリアスマホのパケット通信量は、格安SIM、WiMAXと比較すると高すぎると感じます。

かなりざっくり書くと2年縛りのある格安スマホ、格安SIMのようなサービスです。

格安スマホ、格安SIM

格安スマホは元々、端末代金が従来よりも安い主に海外メーカースマホ本体のことに対して用いられる言葉でしたが、最近では格安SIMを利用して通信を行うスマホに対して用いられる言葉として使われております。

格安SIMのサービスの仕組みは通信サービス提供業者がドコモ、auなどの回線を利用し提供されるサービスです。

ドコモ、au(MNO)→mineo、楽天モバイル、IIJ、OCNモバイルONE(MVNO)→お客さんといった流れですね。

ドコモ、auの回線を安く利用できるという表現は間違いではありませんが、ドコモ、auの回線と全く同じものではないのも確かです。

格安スマホ、格安SIMの大まかな特徴は・・・

メリットとしては
・スマホが自分自身で選べる
・2年縛りなど長期の縛りがない
・プランがわかりやすい場合が多い
・通信量が安い
です。

スマホが自分自身で選べる

格安SIMのサービス提供会社ではスマホ本体を同時購入できる場合も多いですが、基本的な考え方としてはスマホはスマホ、回線は回線という考え方をします。

そのため自分に合ったスマホを自分で選べるという特徴があります。

逆にドコモ、au、ソフトバンクなどは端末の割引があるというメリットはありますが2年縛り、3年縛りなどになるような販売方式がメインです。

2年縛りなど長期の縛りがない

格安SIM、格安スマホの考え方は端末は端末、スマホはスマホと言った考え方が強いため2年契約があって、更新月に解約しないと違約金が9800円かかるといったキャリアスマホみたいな固い縛りがないことがほとんどです。
自分でサービスを決めて、気に入らなかったら他のサービスに変えるといったことがしやすいということになります。

プランがわかりやすいことが多い

格安SIMはキャリアスマホのように端末が抱き合わせではないため、2年契約で○○割があっていついつに解約すると割引代が適応されないといったキャリアスマホのようなわかりにくさはないと言えます。

サービスによっては通話オプションなどがあるのでその部分で若干わかりにくいということはあるものの、キャリアスマホと比較するとずいぶんわかりやすいと言えます。

デメリットは
通信速度が遅くなる場合がある
サポートがネットメインになる

通信速度が遅くなる場合がある

格安SIMはドコモ、auの回線を利用していると言ってもまるっとそのまま利用しているわけではございません。
ドコモ、auの回線の一部を借りてサービスを提供しているため通信速度が遅くなると言ったことがございます。
ただし、ドコモ、au、ソフトバンクの回線は必要以上に速いため結局のところ格安SIMで十分な速度が出ていると思われる方が多いのが現状です。

Youtubeも基本的には快適に閲覧することができますが時間帯によって読み込みが遅いということがございます。

サポートがネットメインになる

格安SIMサービスの中にはサービス店舗を設けいているサービスもございますが、店舗を持っていないサービスが多く存在します。

そのためサポートは店舗ではなくネットからの問い合わせだったり、はたまた電話での問い合わせがメインになることが多いでしょう。

格安SIMの無制限サービスやカウントフリーサービス

格安SIMには月額定額でパケット通信の容量の制限がない無制限SIMといったサービスがございます。
こちらの記事で詳しく解説しましたが、基本的に速度が安定しないサービスが多く発展途上のサービスである場合が多いためあまりおすすめはできません。

 

WiMAXについて


WiMAXはスマホやケータイの電波ではなくWiMAX専用の回線を使ったモバイルインターネットサービスです。

日本でWiMAXを提供しているのはauの子会社であるUQコミュニケーションズで、
UQコミュニケーションズはモバイルインターネットサービスWiMAXを提供しつつも、格安SIM、格安スマホのサービスも提供していますね。

なぜ両方のサービスを提供しているかと言うと、他の会社に対抗するためという理由もございますが、モバイルインターネットをよく利用する方はUQWiMAXを利用することを推奨し、スマホ料金を安くしたいたまにインターネットを利用するという方には格安SIM、スマホサービスを推奨しており、サービスの住み分けができているからなんです。

スマホサービスと、WiMAXの違い

格安スマホにしてもキャリアスマホにしてもスマホに対してスマホで通信を行えるSIMカードを挿すことでサービスを利用できます。

対してWiMAXサービスの場合はWiMAX専用ルーターにWiMAXの専用SIMを挿すことでサービスが利用できるんです。

WiMAXなら通信制限を気にすることなく利用可能

キャリアスマホの場合パケット通信量がかなり高額になります。
例えばドコモで20GBプランを選択した場合は基本料+パケット通信量で8,000円~
格安スマホでも20GBなどの大容量プランを選択した場合は月額が高額になります。
(データ通信専用SIMでも4,000円/月ほどかかる)

対してWiMAXならギガ放題プランで4,380円/月額ですが高額キャッシュバックがあるので実質3,500円/月額ほど(端末代も無料)でインターネットを利用することが可能です。

厳密に言うと3日間10GB制限(3日間で10GB利用すると速度制限)はございますが、WiMAXの速度制限は緩くYoutube動画も比較的快適に見れる速度での制限となります。

まとめ

キャリアスマホ、格安SIM(格安スマホ)、WiMAXの3つのサービスはすべてYoutube動画を閲覧することが可能です。

しかし格安SIM、WiMAXの選択肢がある中でキャリアスマホという選択肢は高額すぎると感じます。

Youtubeを頻繁に見るユーザーさんの中には月の半ばでも20GB既にいってしまった!ヤバイ!という方もいらっしゃるようなのでそういった方にはWiMAXを一緒に持たれることをオススメします。

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - 質問疑問