iPhone7のSIMフリー機は格安SIMで使えるの?

   

こんにちは管理人です。

9月16日にiPhone7、iPhone7 plusが発売になりましたね。

iphone7pic

ドコモで申し込むのが良いのか、ソフトバンクが良いのか、auが良いのか、はたまた格安SIMで運用するのが良いのか悩まれている方もいらっしゃるかと思います。

というわけで・・・

・iPhone7の特徴
・iPhone7を各キャリアで申し込んだ場合の機種代、月額
・格安SIMで利用できるキャリア
・格安SIMで利用する場合のメリット、デメリット

などまとめたいと思います。

iPhone7の特徴

iPhone7にはiPhone6sと比較して大きく進化、変化した点がございますが、特に注目したいポイントをまず紹介します。

防水機能

今までのiPhoneには防水機能はございませんでした。

日本では防水、防塵機能のあるスマホ、もしくはタブレットって比較的多いですが、海外メーカーでは防水、防塵機能のあるスマホは珍しいですね。

日本にはお風呂の文化があるため、お風呂でスマホを触りたいという需要が高いわけですが、海外はシャワーの文化ですから、あまり防水である意味がなかったのではないでしょうか。

もちろん、ビーチやプールなどで利用する際にはあるに越したことはないですが必須ではなかったという所でしょう。

それで今回iPhone7には、今までの機種についていなかった防水機能ついています。

ネガティブに考えると、他に進化させる部分がなかったからなんですが、風呂でもスマホをいじりたい日本人にとってはうれしいでしょうし、海外でもビーチやプールなどランニングやスポーツをした後、途中に汗の付いた手で触るという場面や、雨でぬれること、飲んでいてお酒や水をかけてしまうシーンも想定されますから、世界基準で考えても今後は積極的に導入すべき機能なのかもしれません。

※ただし、水没は保証の対象にならないとのことなので、やはり日本の市場というよりも世界基準で考えて程よい程度の防水性能IP67(水深1メートルの場所に30分は大丈夫という基準をクリア)に設定されているようです。

またYoutubeの実験動画でもあるように、規格上は推進1メートルに30分でも、実際にはドライアイスに30分つけて無事なようですから、本当はもっと丈夫なのでしょうね。

ip67

引用元:日新産業株式会社

イヤホン端子がなくなる

iPhone7にはイヤホン端子がございません。

じゃあどうやって、イヤホンで音楽聴くの?という話ですが、Bluetooth接続が、もしくは充電端子をイヤホン端子に変換するアダプターをつけてそれに対してイヤホンをつけるという方法になります。

デメリットとしては、Bluetooth接続を行う場合は、Bluetooothイヤホンの購入をしないといけない点ですね。

Bluetoothのメリットはまずイヤホンのコードが邪魔になることがない点です。
管理人も昔、イヤホンのケーブルに手をひっかけてしまい、中で断線して片方から音が聞こえなくなることなどありましたが、そういった心配がないです。また手でケーブルに線をひっかけると耳がひっぱられてイラッとしたりするのが防げますね。

もちろんイヤホンは利用できるので、付属のアダプタ+イヤホンという方法で接続すれば旧来の用に利用できます。

ただし充電用の端子を埋めてしまうので、充電しながら音楽を聴くことができません。

しかし充電しながら音楽を再生するのは家の中だったりする場合が多いと思うので、そんな時は本体のスピーカーで音楽を流せるときが多いのではないでしょうか。

いやいや、充電しながらゲームするよ外で、その時イヤホン使うし~という人もいらっしゃるかもしれませんが、本当は充電しながらiPhoneを利用するのはバッテリーがヘタる原因(消耗してしまう)となるので本来はしないほうが良いんですよね。

それが避けられるということで、今まで充電しながら音を出してゲームをしていた人なんかは、今まで以上にバッテリーのヘタが遅くなってiPhoneが長く利用できるかもしれません。

イヤホン端子にゴミが入って壊れることもあった

管理人はiPhone5sを今利用していますが、イヤホン端子にゴミが詰まって、イヤホンが刺さっていないのに、イヤホンがささっているとiPhoneが認識してしまう時期がありました。
※なぜか途中からなおる。

このようにイヤホン端子があるとあるで、起こるトラブルも、イヤホン端子をなくしてしまうことで軽減するのかと思います。

今までの機種でしたら、イヤホン端子を使わない時はイヤホンジャックにピンのようなものを指すなどで対策すれば起こらないこともないと言えますが、なかなかめんどくさくてできないですよね。

本体の音質が向上

今までのiPhoneはイヤホン端子の兼ね合いから、音声がモノラルであまり良い音質ではなかったとされています。簡易的に音楽を聴く分にはじゅうぶんでしたが。

しかし、今回はイヤホン端子を取っ払ったことによりステレオスピーカーが採用され本体自体の音質が向上したとされています。

その弊害?として、シャッター音がでかくなってしまったというデメリットもあるようですね。

Felica対応

2016年10月から対応予定ですが、appple版おサイフケータイのapple payが利用可能になります。今現在対応、非対応のサービスあるようですが、Suica、イオンカード、オリコカード、セゾンカード等は対応しており、今後は日本のおサイフケータイとほぼ同様に使える機能になるとされています。
※appleとの大人の話し合いで折り合いの付かないサービスは利用できないかもしれませんが。

おサイフケータイ機能もまた、海外というよりも日本で流行った機能ですよね。appleは日本市場に合わせたと同時に、海外に対してはスマホをカードの用に使う支払い方法を定着させたいのかもしれませんね。

サムスンほかの海外メーカーもこれに追随するのかもしれません。

その他の機能

色がかっこいい

新色のジェットブラックという艶ありブラックが登場しました。人気も高いようですね。
難点としては、指紋、傷が付きやすい点と言われています。

カメラ性能が良い

今まで以上にカメラが明くなり、夜間の撮影もしやすくなりました。反面曇りなどでも写真が明るく撮れすぎてしまうというデメリットもございますね。

iPhoneは古いにつれて画質が悪い、綺麗に撮れにくかったりしますが、新しくなるにつれて綺麗な写真が撮れやすくなってきていますね。

256GBの大容量

iPhone7、iPhone7+は、32GB、128GB、256GBの3種類の容量のラインナップになります。

中でも目を見張るのが256GBですね。

個人的にはさすがにオーバースペック(そこまで必要ない!)すぎるのでは?今はクラウドに保存できるし・・・と思うのですが、大は小を兼ねるということで写真を良く撮影するかたは良いかもしれません。

感圧式ボタン

あとはセンターのボタンが、感圧式になりました。今まではカチカチと押すボタン+指紋認証はかざすだけでしたが、カチカチっと物理的に反応するボタンではなくなりました。

これは賛否両論でカチっと押す心地が良かったのに、なんとなくしっくりこない・・・や、押すタイミングが難しく、スクショが上手くできない、Siriが起動してしまう問題があるんです。

ただ、カチッカチッと押すボタンも壊れやすい原因であったりしましたので、そのことを考えると壊れにくくなったと言えるでしょうね。

アップル非公認の修理屋さん涙目

少し余談。

アップルオフィシャルでなく、非公認でiPhoneを修理してくれる業者が存在しますが、新しいiPhone7は・・・

・画面が割れる、バッテリーの消耗→防水対応なので分解すると戻すのが大変
・イヤホンジャックの故障→イヤホン端子が存在しない
・タッチボタンの故障→デジタルになったので壊れない

これらのことから、修理業者が介入する隙が大幅になくなってきたと感じます。
デジタル化が進んだ最近の車みたいな感じで個人の業者さんは苦労するかもしれませんね。

 

iPhone7を各キャリアで申し込んだ場合の機種代、月額

iPhone7をドコモ、ソフトバンク、auなど大手キャリアで申し込んだ場合の月額をまとめたいと思います。

各社の本体料金(総額)

・au、ソフトバンク

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 au、ソフトバンク 新規、MNP 10,800円 22,320円 34,200円
機種変 20,520円 32040円 43,920円
iPhone7Plus 新規、MNP 24,480円 36,360円 48,240円
機種変 34,200円 46,280円 57,960円

・ドコモ

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 ドコモ 新規、MNP 26,568円 38,232円 49,896円
機種変
iPhone7Plus 新規、MNP 40,176円 51,840円 63,504円
機種変

各社の本体料金(月ごと)

・au、ソフトバンク

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 au、ソフトバンク 新規、MNP 450円 930円 1,425円
機種変 855円 1,335円 1,830円
iPhone7Plus 新規、MNP 1,020円 1,515円 2,010円
機種変 1,425円 1,929円 2,415円

・ドコモ

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 ドコモ 新規、MNP 1,107円 1,593円 2,079円
機種変 1,107円 1,593円 2,079円
iPhone7Plus 新規、MNP 1,674円 2,160円 2,646円
機種変 1,674円 2,160円 2,646円

はい、このようにauとソフトバンクは同じお値段で、ドコモは2社に比べてやや割高になります。

詳しい理由はわかりませんが、auとソフトバンクはそこまで格安SIM(MVNO)に積極的ではないものの、ドコモは格安SIM(MVNO)に積極的にならざるおえない状況?(ドコモは公共性が高いので、MVNOに電波を貸さないといけないながれが出来、ドコモ系の格安SIMが広まった背景がある)であるので、au、ソフトバンクの2社よりも安い値付けをしたのかもしれません。

これを見てもらうと、あれ意外とドコモ、ソフトバンク、auも安いんだーと思われる人がいらっしゃるかと思います。
しかし、ドコモの、ソフトバンクの、auのプランに加入するから上記の料金で使えるという条件がついてきます。

機種だけを上記の料金で買うということはできないので、一昔前にあった不要のゲームとプレミアがついてなかなか手に入らないゲームの抱き合わせ販売を彷彿とさせますね。

プラン加入で割引はやめて機種は機種!プランはプラン!とした方が潔いですが・・・・こっちの方が売れるんでしょうしいろいろと大人の事情があるのだと思います。

プラン加入でどうなるか・・・

au、ドコモ、ソフトバンクで実際にはいくつか選択肢がありますが、各社代表的なプラン

au :LTEプラン 7gb 7,488円/月額

ソフトバンク:ホワイトプラン 7GB 7,488円/月額

ドコモ:カケホーダイライト 5GB 7,560円/月額

以上になります。

au、ソフトバンクは7GBで上記7488円/月額に対し、ドコモは5GBで7,560円なので若干高いと言えますね。

この各社の代表的なプラン+本体代金を合計すると以下のような月額になります。

本体代金+月額

・au、ソフトバンク

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 au、ソフトバンク 新規、MNP 7,938円 8,418円 8,913円
機種変 8,343円 8,823円 9,318円
iPhone7Plus 新規、MNP 8,508円 9,003円 9,498円
機種変 8,913円 9,417円 9,903円

・ドコモ

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 ドコモ 新規、MNP 8,667円 9,153円 9,639円
機種変
iPhone7Plus 新規、MNP 9,234円 9,720円 10,206円
機種変

上記が、本体代金+各社のベーシックなプランに加入した場合の月々の料金となります。

要するに各社iPhone7、iPhone7Plus+プランの月額で8,000円~1,0000円ほどかかってしまうというわけです。

au、ソフトバンクの場合は、7GBで、ドコモは5GBのプランです。

対してSIMフリーのiPhone7、iPhone7plusを購入して、格安SIMで契約した場合はどうなるのか書きたいと思います。

SIMフリーのiPhone+格安SIM

・iPhone7 一括購入の金額

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 SIMフリー 新規、MNP 72,800円 83,800円 94,800円
iPhone7Plus 85,800円 96,800円 107,800円

・iPhone7 1カ月あたりの金額(本体÷24ヶ月)

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 SIMフリー 新規、MNP 3,033円 3,492円 3,950円
iPhone7Plus 3,575円 4,033円 4,492円

※アップルは24回払いだと5%利息が付きますが、それは加味せずに計算しました。
2016年9月現在、12回払いの場合、利息は発生しません。

ショッピングローン分割金利0%キャンペーン - Apple(日本)

ドコモ、ソフトバンク、auのように割引がない分本体代が高くなってしまいますね。

SIMフリーiPhone7+格安SIMの月額

・mineo(Dプラン)

プラン名 500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
シングル(データ) 700円 800円 900円 1,580円 2,520円
デュアル(音声あり) 1,400円 1,500円 1,,600円 2,280円 3,220円

・iPhone本体+mineo(Dプラン)5GB、デュアル

端末 キャリア 条件 32GB 128GB 256GB
iPhone7 mineo 新規、MNP 5,313円 5,772円 6,230円
iPhone7Plus mineo 新規、MNP 5,855円 6,313円 6,772円

後程、iPhone7に対応しているキャリアを紹介しますが、mineoはiPhone7に対応しており例と言うことで・・・
iPhone7のSIMフリー機を購入して、例えばmineo(Dプラン)で利用した場合、月額あたりいくらになるかまとめました。

上の表がmineo(マイネオ)Dプランの表ですね。

シングルプランは、音声通話に対応していないデータ通信のみのSIMです。
対してデュアルプランは090、080、070番号の音声通話ができるSIMです。

一番本体が安い32GBのiPhone7でしたら5,313円~利用することが可能です。一番高いiPhonePlus 256GBでも6,771円~利用することが可能ですね。

SIMフリーiPhone+格安SIMは約3,000円安い!

3大キャリアでの運用ですと8,000円~10000円ほど、本体+契約でかかってきますから・・・
iPhone7+格安SIMは約2,700円~3,200円最低の月額は安い!という計算になります。

めでたしめでたし・・・と行きたかったんですが。。。

通話料のことも考えると

ただですね、au、ソフトバンクはキャリア間の通話無料、ドコモは5分以内の通話無料もついてきます。

mineo(マイネオ)には通話無料がついてこないですから、たくさん通話するとなるとau、ソフトバンク、ドコモの方が安くなる場合もあるということなんですね。

無料通話のつかないmineoも通話料が安くなるアプリを活用すれば、お安くすることはできます。

格安スマホは通話料が高い?通話料を安くする方法もあるヨ!

また、楽天モバイルなんかですと通話料無料のオプションに加入できますので、それらを利用や、Lineの無料通話を使うとドコモ、au、ソフトバンクよりも安く使えます。

2年間で考えるとキャリアスマホよりも、格安スマホはめちゃくちゃお得か?と言われるとぶっちゃけそうでもないと言わざるを得ません。

ドコモ、ソフトバンク、auは情弱を騙してる!と息巻いているサイトとかありますが・・・
iPhone7に関しては、通話を考えるとau、ドコモ、ソフトバンクの方が有利ですし通話が少ないなら格安SIMかなといったところですね。

やっぱり大手3社とも、今までiPhone売っているでしょうし、アップルからのノルマもあると思いますし、逆に本体の仕入れ?販売価格に対する利益は優遇されてるのではないでしょうか。

格安SIMとの兼ね合いもあるので、ちょうど良い具合の価格調整をしているのかもしれません。

iPhone7 SIMフリー機を選ぶメリット

普通に使う分には、3大キャリアで素直に買うのも、SIMフリー機を買って格安SIMと組み合わせるのも一長一短だと感じましたが、SIMフリー機+格安SIMのメリットをあげるとすると・・・

・海外SIMで使える
・すぐにキャリアを変えられる
・2年縛りにおびえないで良い

こんなところではないでしょうか。

海外SIMで使える

ドコモ、au、ソフトバンクも国際ローミングに対応していて海外で使えますが、海外での通信量は非常に高いです。
海外の現地SIMを利用した方がお得なんですよね。

なので、海外に頻繁に行くと言う人は、SIMフリー機の方が良いと思います。
※2015年5月からSIMフリー化が義務付けられたので、後でショップに持って行ってSIMフリー化はできますが契約から180日は解除できない等ルールもあります。

すぐにキャリアを変えられる

SIMフリーの義務化、MNP優遇禁止、格安SIMサービスの台頭など、業界の変化が目まぐるしいのも事実です。
そんなわけで、それに合わせて好きなタイミングで(格安SIMでMNPする場合にも1年縛りなどありますが)キャリア変えできるというメリットがありますね。

2年縛りに怯えない

キャリアスマホで一番うっとうしく感じるのは・・・
2年終わったら勝手に更新されて、そろそろ新しい機種欲しいなと思ったら、更新期間をすぎていて、MNPしようとすると違約金を払わないといけない、機種変だと条件が良くないという点ですね。

最初から・・・SIMフリー機+格安SIMを選んでおけばキャリアの違約金にハマらなくて済むというメリットがあります。

キャリアスマホを選ぶデメリット

キャリアスマホの良い点は通話料が安い、回線品質が一流、端末の値引きが適応される点ですが、デメリットもあります。

先ほども書いたように、まず2年縛りがあって、2年以降も更新月以外の解約は違約金がかかることです。

後は割引や、キャンペーンはうれしいことですが、2年間はお得。学生は。家族だと。3年間の使用で。5年間の使用で。MNPは。新規ですと。。。等々こんなにごちゃごちゃさせる必要があるのかというくらいややこしい点です。

2年で考えると、キャリアスマホでiPhone7を買うのも、SIMフリーiPhone7+格安SIMも一長一短ですが、MNPしないでそのままスマホを継続利用すると考えたら、明らかに格安スマホの方がお得ではありますから。

iPhone7の利用できる格安SIM

mineo

mineoは、関西電力の子会社ケイオプティコムの展開する格安SIM、格安スマホサービスです。

au、ドコモ回線が療法利用できる唯一の格安SIMサービスとして有名ですし、コミュニティサイトの運営、パケットシェアなどおもしろいオプションなどを取りそろえている点が魅力ですね。

楽天モバイル

楽天市場などで有名な楽天の提供する格安SIM、格安スマホサービスです。

端末が安いこと(iPhone7の取り扱いはないですが)、楽天市場との提携などで、楽天ユーザーがお得に使えるのもポイントですね。

提供会社が強いので今後も末永く展開していきそうなサービスですね。

UQモバイル

auの子会社でありモバイルインターネットUQワイマックスが主力サービスのUQコミュニケーションズの提供する格安SIMサービスです。

プランに癖があるというデメリットはありますが、auの子会社ゆえか、格安SIMサービスの中でも回線速度が速いことで人気です。

DMMモバイル

月額が業界1安いことで人気の格安SIM。安いといっても微々たる額なので、個人的にそこまで魅力は感じませんが、それが宣伝になって人気です。またDMM.comは動画サービスで有名ですから、楽天同様会社規模が大きく体力があるサービスと言えます。

その他

OCNモバイルONE、IIJmio、BIGLOBE、DTI SIM、U-Mobile等もiPhone7に対応しております。

おまけ

iPhone7にこだわりがないなら

今現在、iPhone7は売り切れの状況が続いているようですね。

今までiPhone使ってなかったからせっかくなら・・・と考えられている方は、旧型のiPhone5sでも通常仕様でしたら快適に使えるので、Yモバイル、UQモバイルのiPhone5プランを検討しても良いかもしれません。

iPhone5sを申し込むならUQモバイル?Yモバイル?どっちが良いの?

格安スマホランキング

Mineo

 Mineoは、関西電力関連のケイ・オプティコム社が提供するサービスです。
関西電力が大元と言うこともあり、サービスの安定度は抜群!!

当サイトオススメ格安スマホ、M02のピンク色が購入できるのは,Mineoだけ◎

au系の回線がご利用可能です。また最近になってdocomo系の回線も利用できるようになりました。
両方の回線を利用できる唯一の会社で、友達が格安スマホや格安SIMを使いたい場合なんかも勧めやすいです。
即日MNP(番号そのまま乗換) オッケー◎公式サイトにて無料相談可能♪

自社でポータルサイト(Mineoの情報交換用のヤフー知恵袋みたいなもの)も運営しているので購入後も安心して利用できること間違いなし!

 

楽天モバイル

 楽天モバイルは、楽天市場でおなじみの楽天が運営するサービスです。

楽天でしか買えないM02の限定版、RM02のゴールドが購入できるのは楽天モバイルだけです。
管理人はRM02ゴールドが欲しかったため、楽天モバイルさんで端末購入を行いました。

楽天ポイントが購入時利用できたり、月々の料金で楽天ポイントが貯まったりと、楽天会員にはうれしい特典が盛りだくさん☆

LINEモバイル

LINEモバイルはLINEアプリやNAVERまとめで有名なLINE株式会社の子会社LINEモバイル株式会社のサービスです。

2016年9月に登場した新しいサービスで伸びしろは未知数ですが、回線速度も安定しており2017年加入者数ナンバーワンサービスの呼び声も高い!?

ポイントはSNSを利用してもパケットが消費しないカウントフリー機能があることです。

 - キャリア, 格安スマホ(端末)